共依存を克服し真の絆を構築する7ステップ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

一般的にも道徳的にも「誰かのために何かをすることは大事だ」と誰もが言う。

確かに誰かのために何かをすることは素晴らしいことです。しかし、○○の記事でも言っていますが、「誰かのため」というのは一歩間違えれば「誰かのせい」にもなり、その誰かのためどころか逆にその相手の成長を止めてしまうことになりかねません。

おそらく、あなたも

「どうしてこれほど相手のためにやってるのにうまくいかないし

結局自分は孤独を感じているのだろう・・・」と思ったり

どうすればいいのかわからず悩んでいるかもしれません。

結論から言えば誰かのためになることをすることは素晴らしい。

そして、それが行えれば人生は好転するしありとあらゆるものを手に入れられる。

しかし、多くの方が、そもそも他者貢献や誰かのためにという思いの使い方がわからずに、結局認められないし尊重もされないし、感謝もされない、疲弊し疲れ裏切られる事になってしまいかねません。

そこで、このページでは真の人と人との絆の定義から、共依存を克服し、他者との本当のつながりを得られ必要とされるようになるクライアントも実証済みのステップをご紹介していきます。

どのステップもおろそかにしてはできないほど重要な要素です。

ぜひ、一つずつじっくりと読んで実践していってください。


[adsense]

1.共依存になりやすい人の8つの心理的特徴

共依存になりやすい人にはいろいろな特徴があります。

ただし、これがダメって話ではありません。そうではなくて、このような特徴があるため、ある特定の問題が起こりやすいかもしれません。

一度、良く起こる問題について、これらの特徴がどう影響しているのかのヒントにしてみてください。

1.自分に自信がなく、他者から認められることに執着する

2.人に嫌われることを恐れ、常に嫌われないための行動を意識する

3.自分よりも他者を優先させるため、犠牲を伴う

4.人にどう思われるかを気にしすぎて、自分の話ができない

5.相手の行動や考え方をコントロールしたがる

6.自身の考え方を正しいと思い込み、相手の思いを汲み取れない

7.自分の思い込みで、他者の考え方や信念を決めつける

8.感情的な起伏が激しく、自信をコントロールできない

それでは、細かくいってみましょう。

1.自分に自信がなく、他者から認められることに執着する

他者から認められることで、自分が存在する理由を感じようとする。そのため、他者の反応次第で、仕事の効率やストレスの度合いも大きく変わる。

2.人に嫌われることを恐れ、常に嫌われないための行動を意識する

人に嫌われないように、意識する。そのため、言いたいことも言えず、やりたいこともやらなくなっていく。

また、自分が想定していない言葉をかけられたり、行動されたときに、どういう意図があるのか?を深く考えすぎる。その結果、眠れない、不安などのストレスを感じやすい。

3.自分よりも他者を優先させるため、犠牲を伴う

他者を優先させるあまり、自分がやりたくないこともやってしまう。本当は辞めたいのに、周りの人のことを考えて、辞められない。

何かやりたいことがあっても、他者のことを考えて、誰かにネガティブに思われるかもしれないと感じたときに、やりたいことをやれなくなってしまう。

4.人にどう思われるかを気にしすぎて、自分の話ができない

自分の考えや本心を話せない。相手の反応を気にしすぎて自分の話ができないため、深い関係を築きにくい。深い関係を作りたいのに、深い話ができないため、関係構築がうまくいきにくい。

5.相手の行動や考え方をコントロールしたがる

相手の行動や考え方に対して、自分の思った通りでなければ、そうなるようコントロールしようとする。これは近い関係になればなるほど、コントロールの仕方は直接的になる。

6.自身の考え方を正しいと思い込み、相手の思いを汲み取れない

自分の考え方が正しいと思い込んでいるため、相手の思いに気が付けない。相手にも思いがあることを忘れてしまい、自分の考え方がいかに正しいかの証明しかしようとしない。

7.自分の思い込みで、他者の考え方や信念を決めつける

他者にも考え方や信念があるにもかかわらず、相手の言動や行動で、「あの人はきっとこういう人だ」と、決めつけてしまう。

決めつけた状態で相手と関わるので、その人と深く関われない。(関わりを拒否する)

8.主観だけでものごとを判断しやすい

自分がこれが良い、これは悪いというものを相手に押し付けやすい。また何か問題が起きたり、嫌なことが起きたときに、自分の主観のみで判断しやすい。

逆に良いコトが起きても、素直に喜べない。

2.共依存を克服するまでの7ステップ

それでは、共依存を克服するにはどうすればいいのでしょうか?

ただし、何度も言いますが、克服しなければならないものではありません。

そうではなく、自分がどうありたいのか?を中心に考えて、克服したいのであれば克服すればいいと思います。

ということで、早速ですが、克服する7STEPはこちらになります。

STEP1.共依存である事に気づく

STEP2.共依存になっている心理的特徴を把握する

STEP3.共依存が習慣化した関係を改善する

STEP4.1つ1つ小さな選択に一呼吸おく習慣をつける

STEP5.自分の満足感・充実感を得られるようにする

STEP6.明確化する

STEP7.可能性を常に見る癖をつける

それでは、1つずつ丁寧に解説していきましょう。

STEP1.共依存である事に気づく

最初で話した、特徴に当てはまるかどうかをまずは考えてみてください。

ただし、あの特徴を見て「あの特徴に当てはまるから共依存だ!」と決めつける必要はありません。あくまで、その可能性があるということだけを覚えておいてください。

STEP2.共依存になっている心理的特徴を把握する

自分自身の心の状態、よく思ったり、感じたりすることを思い出してみてください。そのときの心理的特徴が当てはまれば、どんな特徴なのかを把握しておいてください。

そして、もし日常生活でこれらの特徴を感じることが起きたら、今回の共依存の記事を思い出してみてください。

STEP3.共依存が習慣化した関係を改善する

もし、自分が共依存かもしれないと思った場合、自分と相手の関係が共依存になっていないでしょうか?共依存とは、簡単に言えば、自分よりも他者を優先させ、犠牲になるか、自分の思った通りに相手をコントロールしようとする関係です。

これが、習慣化していないか、いつも繰り返していないかどうかを思い出してみてください。

STEP4.1つ1つ小さな選択に一呼吸おく習慣をつける

何かを思って行動しようとするとき、特に感情が動いたあとに一呼吸置く習慣を身に着けてみてください。

ようは、感じて→動く、ではなく、感じて→一呼吸入れて→動く、ということをしてみてください。これをすると、一呼吸入れたときに思考が働きやすくなります。そうなると習慣が変わりやすくなるというわけです。

STEP5.自分の満足感・充実感を得られるようにする

他者を優先させたり、自分の正しさを優先させるのではなく、自分の満足度や充実感を得られるようにしてみてください。たとえば、先ほどの一呼吸入れたときに、自分の満足度を上げるにはどうしたらいいのか?充実感を上げるには?ということを考えると、行動が変わる可能性が高いです。

STEP6.明確化する

出来事に対して、どちらが責任を取るべきなのかを明確化する必要があります。アルコール依存や、ギャンブル依存の相手に対して、誰がその責任を負うべきなのでしょうか?ここを明確化することで、自分と相手を切り離して考えやすくなります。

STEP7.可能性を常に見る癖をつける

相手に依存するということは、すなわち相手の可能性を信じられていない側面を持ちます。相手のことを信じられていないので、言動や行動に対してコントロールをしようとする。

その結果、自分で決断ができなくなります。そして、相手に決断をゆだね、問題が起これば、その相手に責任を取るように仕向けるわけです。

だからこそ、まずは相手にはその壁を乗り越える可能性があることを常に意識してみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*