ストレスを貯めない為のイライラ解消方法5STEPS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

image

おそらく一般的いはイライラを解消すると言うと、イライラした感情をいかに抑え消すのかという意味でとらえられがちですが、セラピーなどの世界では“また同じような出来事が起こった際にイライラ感を以前よりも感じなくなる”ことを解消法と言っています。

そして、この記事では・・セラピーの概念での解消です。もし、一般的な解消法を知りたいのであるのならば、●●●●の記事をご覧になってくださいね。

さて、イライラ感を長時間感じるとストレスになったりイライラの対象(人や環境)にキレたりしてしまい感情に振り回された行動をしてしまうため基本的にはイライラ感は感じない方がいいです。

でも、どうしても僕らは感情を持っているため
イライラ感は感じてしまうものです。

それは仕方ない(笑)

しかし、同じような出来事や似たような出来事でイライラを感じていたら・・・自分の精神衛生上も人間関係でも社会的にも問題を解決をするためにもよろしくはありません。

そこで本日はイライラした出来事が再度起こった時にイライラを軽減しストレスを貯めないようになるためのイライラの解消法をご紹介していこうと思います。

これを読めば、ただイライラした感情を抑えたりするのではなく、同じような出来事が起こった際にイライラ感が軽減し以前よりも冷静に解決したり、スル―ができるようになるでしょう。

人生も以前よりも楽しくなるはずです。

それではいってみましょー!



[adsense]

1.感じたイライラを抑える事ができる。

image

先ほども言いましたが、◯◯でもお話しているように、イライラ感を解消するというのは同じような出来事が起こった時、思い出した時に、同じようにイライラ感を感じなくなることを言いますよね。

つまり・・今、、このイライラをなんとかしたい!

というのはイライラを解消するのではなく、イライラを
抑えるというような表現になります。

とは言え決して
「イライラを抑えるよりも解消することのほうが大事だ。」
というわけではありません。

解消ができるようになるまでにはイライラを抑える習慣をもっておかないと、ストレスを溜めてしまい人間関係を壊してしまったり、下手すれば我慢しすぎてうつ病になってしまったりしてしまう事になりかねません。

解消どころではなく余計に重症になってしまいます。

だからこそ、今抱えているイライラ感を軽減する。

つまり抑えるという段階は必ず必要になってきます。

これから、イライラ感を解消する方法をお話していきますが、まずは“今あるイライラ感を抑えるための記事”をご覧になっておいてください。これができなきゃ結局解消に至ることはできないので・・・。

 

2. イライラを5w1hで書きなぐる

image

まずは、イライラ感をある程度感じている段階でやってほしいのが、そのイライラ感を重一気ありアウトプットするのです。よく僕らは誰かのこともわからないけど自分のこともわkっていない部分があるということを言いますよね。

イライラ感というのは人にもよりますけど
“満たされないなんらかの思い”
を持っている時ほど感じる傾向があると言われています。

つまり・・・イライラする理由というか原因、自分が何に満たされていないのかというのが実はよくわかっていなかったりするんです。

だからこそ
イライラ感をアウトプットする。
という行為は必須になってきます。

ただ、イライラ感が収まってからだと思いの丈をアウトプットできないので、まずはイライラを思い出してその時のように吐き出すつもりで具体的にするために5w2hで書き出してみてください。

いつ(When)
どこで(Where)
だれが(Who)
なにを(What)
なぜ(Why)
どのように(How)

もっと効果を出したいのならば、出来事とそこから感じた感情と思考を時系列で書いていくといいでしょう。自分の思いや感情というのは実は出してみないと意外とわかっていないことが多いんです。

イライラしたと言っても決して“全てに対してイライラ”しているわけではありませんよね。
苦しかったり悲しかったり・・・ちょっと楽になったり思いやりがあるように感じたりしながらイライラ感に至ったはずです。

全体を通じて“イライラしている”と表現をしている場合がほとんどです。

だからこそ、どのように自分の出来事や感情や思考が変化をしていったのかを記録してみてください。そうすれば後々イライラの要因というものがわかってくるかもしれません。

 

3.イライラの対象をボコボコに殴る(妄想で)

image

よく、イライラした時に多くの人はそのイライラ感を抑えようとしますが、社会的に考えれば考えるイライラ感は場の空気を悪くする傾向があるので瞬時に感じたイライラはできる限り抑えたほうがいいです。

しかし、逆に我慢をすることで
“イライラ感が爆発をしてしまう恐れ”
もあるのです。

特にその対象が人であった場合ならば、爆発した時の恐ろしさたるや、、、クワバラクワバラ。

そして、何よりもイライラ感を抱えたまま残存しているままではイライラの要因というものが見えてこないのです。だからこそ、、、感じたイライラ感を徹底的に発散させてしまいましょう。

別にイライラの対象を妄想でボコボコに殴らなくてもいいです。

これはこれで効果があっていいですけど、とにかく大事なのは思いっきりスッキリするまで出すということです。先ほどの5w1hでアウトプットし書き出した紙をみながらまさにその時の感じていた感情を全て吐き出してください。

ものを壊すと物損になるので壊してもいいもの。
壊れないものを使うといいでしょう。
もちろん!妄想でもオッケーです。

これができないと、思考能力が低下した状態で対策を練ったりするのでいい考えが出てこなかったり本当の原因にたどり着くことができなかったりします。ただ、これまで長年貯金してきたイライラがある場合、習慣化してしまった場合はやっても効果が薄い可能性があるかもしれません。

 

4.「なぜ?」と問いかけ自分の内側に潜る

image

実は3の段階を超えてしまえば、自分自身で原因と対策を考える能力がかなり高まっているので以前よりもイライラ感を感じなくなるための方法というのが見えてくるようになるはずです。

ただ、、、自分に意識を向けられない人は
次同じようなことがおこってもよりよくは
できんくい傾向があります。

なぜなら、他人は基本的に変えられませんから・・。
影響は与えられても変えようと思って変えることはできません。

コントロールできるのは自分自身のみです。
それができて初めて外部に影響を及ぼせる。

そのために多くの人は「何をすればいいのか?」をかんがえるのですが、それ以前に考えて欲しいのは「なぜ自分はイライラしたのか?」なのです。

これがないと
「何があれば自分はイライラしないのか?」
がわかってこないのです。

もっというと
「同じ出来事がおこってもイライラしない自分」
がわからなくなる。

だからこそ、「なぜ?」を自分に問いかけてみて自分の内側を知って欲しいのです。すでにあなたはステップ2でイライラ感を吐き出したはず。その書いたものを見直して「それはなぜか?」「じゃあそれはなぜか?」と問いかけ深堀をしてみてください。

掘れば掘るほど・・・じぶんが本当に求めているものに近づいてく感覚を感じるはずです。

 

5.同じ出来事が起こってもイライラしないシュミレーション

image

さて、、、ここである程度イライラの元となるものが見えてきたのならばあとは簡単です。はたまた逆に出してスッキリして楽になって「もういいやぁ」って気にならなくなる人もいるかもしれません。

さらに効果を出したいのならば、同じシュチュエーションでもイライラしないというシュミレーションをして欲しいのです。

イライラしない自分になるまで「シュミレーション」をし
イライラしないイメージになるまでやり続けるのです。

これは一発で成功するわけではありません。
シュミレーションではうまくいってもまたイライラ。

なんてこともあります。

だから、繰り返し繰り返しこの5つのステップを繰り返してみて欲しいのです。

大事なのは

あなた自身のイライラを突き詰めることです。

そして、

「イライラしなくなる自分」
「もっと楽しめる自分」

を作っていくことです。

そして、数回別のことでもイライラを解消ができるようになれば、習慣化するので人生自体がもっと楽しくなっていくはずです。しっかりと感じきって考えるというのが最大のポイントになってきますので是非とも実践してくださいね。

 

さいごに・・・イライラしても仕方がない。

イライラは先ほども言いましたが、自分では気づいていない満たされない何かや思いがあると感じると心理学の世界ではよく言われています。つまり、それはあなたが本当に求めているものは何か?を知る最高のツールになるということです。

イライラは誰だって感じたくないことかもしれません。

しかし、そのイライラ感はあなたが何を求めどんな自分んいなりたいのかを発見するつーるであることを忘れなければ・・あなたはイライラとしっかりと向き合いよりよい人生を作るツールとして活用することだってできるはずです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*