ストレスを感じにくく糧にできるようになる為の5つのスキル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

僕らは生きているだけでありとあらゆる影響を受け、その中でストレスを感じることもあるでしょう。

特に現代社会は、ある程度の生活は保証されている部分があれど、社会的に

「こうでなければならない」
「ああでなければならない」

という窮屈さを感じたり、強くなければならないと無理をしたり弱さを見せることをができない環境でストレス社会とも言われています。

そんな中でどのようにストレスと付き合っていくのか?

が大事になってきます。

一応、自分の話で恐縮ですが、僕はもともと16歳の頃、うつ病で引きこもりでしたが今となってはほとんどストレスを感じにくくなりました。そして、現在ではクライアントの声で公開している通り、ありとあらゆる悩みや問題のストレスを超えて臨む結果を手にしています。

なぜか?

それは、ストレスに対してどのように処置をしていけばいいのかを知っているからです。

自分自身もクライアントに対してもいかにしていけば、ストレスと上手に関わりストレスさえほとんどない状態になることができるのかを知れば、これまでよりもずっとあなたの人生はもっとエンジョイできるはずです。

今日は、意識して自分にもクライアントにも使っているストレスとの関わり方から乗り越え方、糧にするために外してはならない5つのスキルを紹介していきます。

是非、参考にしてみてください。

1.ストレスを発散できるようになる。

今の現代社会はストレス社会と呼ばれていますよね

現代は、社会的なルールがあり、なんらかの結果や他者からの評価が存在しててそこに当てはまらなければいけないという思い込みからうまれる、外部的なものを意識しなければいきていけない社会だから仕方ないと言えば仕方ないかもしれません。

下記のように・・・

・彼女が前の彼氏の話をするのでイライラ・・・・
・みんなリア充に見えてムカつく!!
・上司のパワハラに本当にストレスがたまっています!
・彼女の束縛が激しくてもう嫌だ・・・

このように僕らは誰か?や何か?の刺激に晒されていきています。

そんな中でストレス完全フリーのままで一生涯を生きることは難しいしものです。ストレスというのは“負荷”がおこってその負荷に対する精神的な反応のことなわけですあから・・・

生きていればストレスは感じるのが当然のもの。

なわけです。

例えば、新入社員で働き始めるというような、新たな体験を僕らはしますよね。そういったものを僕らは当然負荷のように感じないわけにはいかないのです。

だからこそ・・いかにストレス感じた際にいち早くストレスを感じないように我慢して無意識にどんどん貯金をするのではなく、いち早くスッキリできるように発散することができるのかというのは非常に重要になってくるのです。
僕らの感情というのは感じなくさせようとするほど、喜びの感情でさえも感じにくくなるという傾向があるので、我慢したり抑え込んだままでいっても周囲には伝わるし・・・いつか爆発をしたり鬱の方向に向かってしまいかねません。

だからこそ、

感じた上でしっかりと発散ができるようになる。

小手先の発散ではなく、自分のエネルギーになるような発散ができるようになるスキルを身につけるのはあなたの心を大切に扱うためにも重要にになってきます。

また、ストレス発散に関しては『』と『』でも詳しく紹介しているので最低でも次の項目を読んでから是非ご覧いただければ活用してもらえると思います。

2.ストレスを解消できるようになる

解消と発散って何がちがうの?と思われるかもしれませんが、カウンセリングの世界の定義で言えば、これらは全く別の意味を持っているのです・・・。

発散は、先ほどいったように、
起こった出来事に対する負荷(ストレス)を即座に対処するスキル
です。

それとは違い解消と言うのは
また同じような出来事が起こった時にストレスを軽減するスキル
と言えるでしょう。

つまりですよ。

上司に叱られたとして、その時にイラッっとした気持ちをその日の帰りにカラオケで歌と一緒に吐き出すのが発散(感情を出す)と言い、その後に読書や旅行などでのんびりと落ち着かせ次に同じようなことが起こった時に以前より感じにくくすることを考えてみたりすることを解消と言うのです。

全く別なのがわかりますよね。

つまり、ランキングから学ぶストレスを助長させるストレス発散方法7選で紹介している発散法は全てが発散で使えるわけではないんです(笑)

この解消と言うプロセスは非常に重要で、同じようなストレスに晒される現代で、そのストレスを感じにくくしないと、問題も解決するために脳みそを使うこともできにくくなってしまいます。

ストレスを強く感じている状態では思考能力そのものが低下しますから。

だから、同じ出来事が例え起こったとしてもストレスを感じにくくできるようになる事ができないとトライアンドエラーでさえもできなくなってしまいます・・・

つまり発散はその瞬間に使うもので、それ以上に大事になってくるのが問題を解決したり結果を出すためにも「解消」は必須なのです。解消に関しては『』でステップバイステップで原理的な部分に触れているのでご覧くださいませ。

3.負荷を感じず「余裕」を持てるようになる。

とは言え・・・中にはイキナリ完全に解消できて余裕がありますよというような状態を作れないこともあったりします。

そういう時には少しずつでいいので余裕を持てるようになりましょう。

余裕というのは強がったり動じないように無理にしているような自分の殻に閉じこもるような感覚ではなく、家でリラックスしているような感じの余裕感やコンビニに行こうと思った時に「いけて当たり前だろ」に近いような余裕感を持っている状態に近づけることにです。

負荷に対して鈍くなってる状態ですね。

そのためには、解消を続けトライアンドエラーをしていく必要があります。
これができるようになると・・・どんどん精神的な強さを持ちやすくなります。

例えるならば・・・

簡単に言うと筋トレと一緒ですね。

鍛えて筋肉を破壊し(ストレスを発散)しっかりと筋肉を休ませて筋肉にとって必要な栄養を吸収し(ストレスを解消)する・・・そうやって僕らの筋肉は強くなっていくのです。

破壊と創造の繰り返しが筋肉を強くする。

のと一緒で破壊と創造で精神的にも強くなりやすくなるのです。

4.問題や障害を解決・結果を形にする

さて、とは言え中にはストレスを発散し解消をし精神的な余裕を手にしてそれでいいものもあるのですが、中には何らかの結果を得なければいけないこともあります。

問題を解決しなければならないと思うならば解決を。
問題をほったらかしにしてもいいと思うならばほったらかしに。

2で解消をしたり3で精神的な強さを手に入れても、それは所詮精神的な部分だけでしかありません・・・そうではなく、現実的な部分として問題や障害を解決したり結果を出すというところに力を同時にいれてほしいのです。

もち、解決しなくてもいいこともあるかもしれません。

今の自分ではどうしようもなく抜け出しようがない場合は、問題や障害を解決をすることすら諦めることも一つの選択ですよね。

会社で無茶な成果を求めら人間関係もボロボロを解決しようとしても自分ではどうしようもない事がありますよね・・・

このように「仕事の問題や障害を解決」するのではなく、素直に自分に今何もできることはないと認め、諦める辞めることが「あなたの人生にとっての解決」になるかもしれないのですから・・・

ここまでのステップをしっかりと踏めば、ストレス状態に晒されているわけではないのでもっと自分の人生にとって、誰かの人生にとって最もベストな選択肢をすることができるようになるはずです。

しかし、ストレスに晒されている状態になれば、ベストな選択肢なんてできにくくなるのでもし、この段階でストレスを強く感じ余裕感がないのであるのならば、1〜3をやってください。

 

5.自分のなりたい自分に近づいていく

これまでの一連のステップを繰り返し行っていくことによって、ストレスに対する対応がどんどんうまくなり、ストレスという負荷が逆に喜びに変えられるようになります。

オープンに負荷を受け入れられる。

筋トレと一緒で負荷があるほどより強い筋肉を作っていくことができるということを実感し、その筋肉の進化によって・・・より重いものを持てるようになったり機敏に動けたりできる事が増えるように・・

精神的な面で負荷に強くなると
そもそも負荷を感じなくなる。

=ありとあらゆることにチャレンジしたり脳自体が進化をする

ことになるのです。

つまり、これを繰り返していくと「自分がどうなりたいのか?」「どうありたいのか?」がどんどん見えてくるし、それを実現できるようになるマインドと脳を手に入れることができるようになっていきます。

ある意味でストレスを求め始めてしまうドM状態になっていくかもしれません(笑)

ストレスが負荷=進化ということが体感として強く感じるようになる程それは、自分はどうしたいのか?をいうことがどんどん見えてくるしようになるはずですし、強くもとめる力になってくるので是非ここに到達してみてください。

最後に・・・無理な筋トレややめよう。

このサイトではストレスを筋トレに例えてお話ししましたが、破壊と創造を行わずにぶっつけ本番でイキナリプロの世界に出るようなことをしても負け癖がついてしまうだけになってしまうかもしれません。

時には人によっては強い負荷は劇的な進化をもたらすこともありますが、基本的には、軽い筋トレからはじめ長期的に鍛えて始めてプロに出るほうがずっと堅実かなと思います。

負荷に耐えられる自分になっていくこと。
負荷を楽しめるようになる自分になっていくこと。

そのために今自分は何をマスターしていけばいいのか?がストレスと上手に付き合うための秘訣になります。現代社会にストレスはつきもの・・そんな中であなたなりに幸せな人生を生きるために一歩一歩でもいいので進んでいってくれれば嬉しく思います。

それでは!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*