社員・部下の仕事へのモチベーションを向上させる方法5選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

あたり魔のことですが、社長・会社の文化・上司によって部下や社員のモチベーションは変わり成長速度も変わる。

そして、それは売り上げにもや顧客サービスなどにも影響を及ぼす。もちろん、あなたもそんなことはわかりきっているだろう。

じゃあ、どのように社員や部下のモチベーションをあげればいいんだ?

これを知りたがっている中間管理職や役員、社長も多いでしょう。では、それを知るためには実際に結果を出していて社員全体のモチベーションが比較的高い会社を見るのが最も手っ取り早い。

そこで、本日は、実際に中間管理職として人材育成をしてきた経験から起業家から会社の文化を作っているだけでなく、モチベーターとして活動していた僕が参考にした企業を何社かの共通点から、なぜその会社が全体的にモチベーションが高いのかという理由を含めて紹介していきます。

あなたが現在、なんのためにどの役職でこの記事を見ているのかはわかりませんが、どのような役割の方も非常に役立つ内容になっているので是非じっくりとご覧ください。


1. モチベーションが上げられない環境の5つの要素

「The relation bad workplace」の画像検索結果

なぜ、社員や部下はやる気がないんだ?

いや、うちの部署(会社)はやる気がない奴ばかり集まってるからさ。

というようにおっしゃる方もいます。

確かに・・・そうかもしれません。

会社はいい人材を集められるかどうかが重要になってくる部分もあるわけで、いい人材がはいるだけで会社が変わることもあったりすることもありますよね。

とは言え、多くの社長や上司は口では自分以上の人材を育ってくれればと言いながらも、部下の可能性を閉ざし自分のほうが凄いんだ的な言動や行動をしてしまったりしているのも事実。

つまり、入ってくる人材の質も大事ではあるのですが、だからと言ってそれが全てではないかと思いますし、だからってあきらめても仕方なくて、そういった人材でも、ある程度モチベートしていく能力や仕組みを作らない理由にはなりません。

もしかしたら、人が育たない環境をあなたが作っているかもしれませんし・・・というか、ほとんどの確率でモチベートできない環境を作ってるのは会社や上司だったりしますから・・・

では、どういう環境が社員や部下をモチベートできないのか?モチベーションをあげられないのか?その主な原因を5つ紹介していきましょう。

 

1—1.上司が部下の心を開いていない。

まず、これがなきゃ何も始まらないというのが・・・コレです。どうしても仕事となると結果を出さなければならないので、心を開くとか以前に仕事をしろ!問題解決をしろ!のほうがどうしてもウエイトが高くなってしまいます。

しかし、モチベートという視点でみれば
“いかに言える場であるのか?”
は非常に重要です。

なぜなら、僕らは自分の感情を言葉にするということだけで、かなり気持ちが軽くなるという習性があるからです。もちろん!何でもかんでも言ってもいいのかって言えば違いますけど・・・。

それに、僕らのストレスなどっていうのは仕事のストレスを家に持っていったり、プライベートのストレスが仕事に現われたりして、それがパフォーマンスを決定してしまうので・・・

何も知らずに・・
やる気がない部下に対して
いきなりキレる。

みたいな的外れなことをしてしまう事にもなりかねません。

ただ、プライベートの話を聞いて上げるだけで仕事に集中できるようになったかもしれないのにそのチャンスをみすみす捨ててしまっている可能性もあるのです。

だから、言える場作りは非常に重要になってきます

1—2.自分自身の利益になっていない

これを言うと・・・給料をもらってるんだから利益があるとか、仕事があるだけでもありがたいと思わないと・・・的な利益ではありません。

確かに仕事と言うのは
自分の労力を会社に捧げる事で収入をえる。
わけですから利はあるのです。

しかし、それって現代では当たり前のはなしですよね。

更に、他にもこれで頑張れば給料も増えるし・・的なのもの事実ではあるんですが・・・本当にそうなるのかわかりもしないし、給料増えたって数千円から数万円・・・

何十万単位になれば何年もかかるような先の見えないものではなく、数週間、数カ月程度で自分の日常生活に実感として感じられる利につながるようなものでないとモチベションはあがりにくいのです。

 

1—3.意義を感じない

我々人間は、意味というものを非常に重要視します・・・ハッキリ言ってどういう意味をつけるのかで人生のありとあらゆる選択肢がかわるくらい意味は重要です。

その中でも
「俺は生きている意味がない。」
と思う人ほど自殺しやすいように・・。

意味がないと僕らはその事柄にたいして無機質的に振舞ってしまうのです。

つまり、

なぜ、自分はこの仕事をしているのだろう・・

どうして、この仕事をしているのだろう?
何のために仕事をしているのだろう?

というように、仕事に対して意味や意義をもてていない状態ではモチベーションは当たり前のように低く無気力的に振舞ってしまうのです。そういう人材が社内の100人中1人しかいない・・という会社がどうなるのか?は言うまでもありません。

 

1—4.フィードバックがない

フィードバックで代表的なのは、頑張れば評価するとか、結果をだせば給料あがるんだから・・というのが代表例ですね。つまり、フィードバックというのは部下や社員のアクションに対してどういう取り組みをするのか?です。

確かに、会社というのは結果をださないと売り上げがあがらない。

=結果を出せば評価をされる

のは普通のことなのでいいし、ほとんどの会社が給料でのフィードバックはしているはずですが、ここで言いたいのはもっと小さな小さなフィードバックです。

そして、フィードバックは「良い」も「悪い」もありますが、特にチーム力が弱く育たない組織の場合は、良いよりも悪いのほうにウエイトがいっている場合はがほとんどです。

 

1—5.成長意欲のある仲間がいない

チーム力や組織力が弱く、個々の実力も伸びにくいのは、そういう環境にないということです。どうしても仕事で結果を出す事にフォーカスをするばかりに、成長をしていけば自ずと結果はついてくるという場になっていない。

成長が楽しいとなっていない・・そうなると僕達人間はどんどん楽をしたいという方向にすすみやすくなります。そういう場にいれば自ずとその文化があたりまえの状態になる。

僕達人間はどれだけ自分をもとうとしても誰かの影響をうけています。

その影響が成長意欲のない楽をしようとする環境であれば、脳科学に精通している茂木先生が言うように、怠け者細胞をもっていると言われる僕達人間はどうしてもそちらのほうこうに流されてしまうのです。

 

2. 「やり方」よりさきにまずは「動機付け」

「Motive」の画像検索結果

・・これらのモチベーションが低下してしまう要因は、見て貰えば勘の良い人はわかるかもしれませんが仕事独自の結果を何よりも優先しているからです。

資本主義としてそれは当然の事ですが、それは「モチベーションはあって当たり前でどうすれば結果を出せるのかのほうが重要だ。」という考え方が根底にあるからです。

例えばですよ。

仕事関係の講習をうけにいって「楽しかったです!」と上司に言うと、たぶん怒られるのはまさにそうでしょう・・・「楽しんでどうするんだ!?そんなことより報告書かけよ!」みたいな。

モチベートの考え方からすれば楽しいというのは、凄いいいことなのにも関わらず、それよりも「何をするのか?」のほうにフォーカスが当たってしまっているのです。

別にこれは悪いことではありません。

たしかにビジネスにおいて結果は大事ですから・・

しかし、だからといって動機付けを否定をする必要まではないのではないでしょうか。そもそも、人間の行動原理から考えれば、動機付けがあって初めてやる気が生まれ行動のパフォーマンスが決定されるわけですから。

そう考えると

「楽しかったことに」対してはよかったねと伝え何がたのしかったのかをシェアしてもらってモチベーションが高い状態にしてから・・・
「どうするのか?」を考えてもらったほうがずっといいアイディアが出てきやすくなるし行動に移しやすくなるのです。

この基本原理を理解しておいてください。

 

3. 社員全体(上司・部下)モチベを高める影響力を与える5つの方法

「Influence」の画像検索結果

その上で実際にどのようにこの原理を活用して部下との関わりや会社組織の文化を作っていけばいいのか・・・という具体的な行動に移していけばいいのか・・・について、モチベーションの高い組織やチームを運営している企業やマネージャーなどがやっているものばかりを厳選していくつか紹介していきます。

特にこれだけはやっておいてほしい事です。

中には、自分にはできないというものもあるかもしれませんが、工夫をすればさとりいれることができるので是非とも最後までご覧になってください。

 

1—1.目的を提示する

何の為に自分はこの会社で仕事をしているのか?

という意識を強く持ってもらうために、

「我々の会社はこのために存在しているんだ。」
「我々のチームは会社に◯◯という影響を与えるために存在しているんだ。」

まずはあなたの会社やチームに対してあなたから目的をていじしていきましょう。この目的は“いかに周囲に役立つのか?”というような我々は外部のためにどんな影響を与えるのか?というものであり、それが面白そうで必要性を感じるものであるほうがいいです。

・・・ただし、この目的意識を提示した人は自分よりも目的を重要視しなければ逆効果になりかねないので提示するならあなた自身がその目的に誰よりもコミットメントしてしておかなければなりません。

 

1—2.仕事の正しさをシェアするのではなく楽しさをシェアする

仕事というのは結果主義のため、「どちらが正しいのか?」という事を決定する事が多いため、コミュニケーションそのものが、「仕事とはこうするべきだ!」みたいな正しさの会話がウエイトが高くなってしまいます。

しかし、そういう会話をすると
「もっとも力のある人物」
「もっとも正しい論理を語れる人物」

だけが優越感に浸り他の人はモチべが低下するだけです。

そうではなく、仕事の楽しいと感じた事をシェアをしシェアをしあえる場を作ればモチベーションがあがってる状態が比較的多くなるはずです。しかし、仕事の楽しいをシェアするのはイキナリは難しいかもしれません・・・。

その場合は、仕事でなくても楽しい嬉しいとかんじた事をシェアしてもらいあなたから仕事の楽しいをシェアしていくとどんどん部下も楽しさをシェアしてくれるようになるはずです。

 

1—3.成長に対してフィードバックする環境を作る

やはり結果主義のビジネスの現場では、仕事ができるかできないか?結果を出しているか出していないかでひょうか評価をする環境になってしまいます・・・もちろん、これは非常に重要です。

しかし、これだけしか評価をしない組織は

「仕事ができる人と仕事ができない人」

の広がりをうんでしまう可能性が高くなってしまってできない人をどんどできないと思い込ませてしまいモチベが低下し更に仕事をしなくなってしまう可能性が高くなってしまい“会社そのものが成長しなくなる”可能性もあがってしまいます。

そこで、もう一つ別の評価基準として
“仕事の成長の幅と成長速度”
に対してもフォーカスすることをオススメします。

評価といっても別に給料である必要はありません・・というか給料でしか評価をしないというのは、刹那的なやる気しか生み出しませんし仕事そのものに対するモチベートはできません。そういった評価だけではなく欲求を満たす評価をしていきましょう。

 

1—4.仕事と相手の求める結果を結びつける癖をつける。

これまでの一連の流れで、仕事の評価や仕事から得られる利益は給料だけではないというのはなんとなくおわかりですか?そもそも給料というのは“その上がった瞬間”はよろこんではくれるでしょう。

しかし、給料があがると
→使えるお金が増えるから使う
→当たり前になっていく
→もっと欲しいと思う

はたまた、
→貯金をする
→当たり前になる
→もっと貯金をしたいと思う

というだけで、刹那的には嬉しくてもまた欲しくなって満たされなくなるわけです。だから、いかに“仕事そのものに対して充実感を感じてもらうのか?”が大事なのですが、もっともシンプルで簡単なのが

「この仕事が相手の求めているものといかに関係しているのか?」

を伝えることです。例えば接客業で、部下がモテたいと思っている男の子ならば“接客をマスターすることと初対面の女性となかよくなることとがいかにかんけいしているのか?”を伝えてあげればいいのです。

すると自ずとその仕事を“会社のためにやってやっている”という状態ではなく“自分のためにやる”意識にかわってきます。最初は不純な動機だったとしても・・・その仕事を自分がやっているという意識をもってもらうことはまず何よりも重要です。

1—5.全員ではなくまずは2割から

こういう事をするときに、僕らはついつい全体に対して一気にやろうとします・・しかし、最初は少しずつ様子を伺いながらやっていってください。

いくらこれらの事をやってもですよ・・。
たぶん会社組織やチーム全体が仕事ができるようになる。
なんてことはありえません。

大体の場合は・・
できる人材2割・普通6割・できない人材2割
に分類されるはずです。

これは大体の場合絶対に変わらないと思います・・・だからこそ、大事なのは、全体を一律にしようとするのではなく、全体をいかにあげていくのか?ということです
つまり・・・全体の基準をあげるのです。

できない人材をどうこういうのではなく、出来ない人材がいるから出来る人材がうまれてくるとい考え方をもっておいてください。とは言え、出来ない人が「出来る奴は俺のおかげで」といか言っても何にもなりませんけどね。

あくまでこれはリーダー側が全体にたいしてもっておいてほしい視点です。
だから、まずはこのやり方で影響がされた2割から残りの8割に影響を与えていくという意識。

そして、ある程度文化として出来上がってきたら、仕事の業務効率を高め無駄を省いたり、ハードルをあげてより質を追い求めたりしていきましょう・・・モチベーションが高い組織ならより楽しく楽に乗り越えていけるようになるはずです。

 

最後に…そうしてモチベーションは必要なくなった。

一般的に、仕事や頑張るものだとか一生懸命するものだとか・・・そういった価値観が未だに常識とされています。別にそれが悪いわけではないし、時に仕事では会社一丸となってより良くなるために、苦難を乗り越えるために頑張ったり一生懸命やったりしなければならない時もあるでしょう。

でも、それを楽しんでやるのか?苦痛を感じてやるのか?

は別の話です。

そもそも楽しいと思える職場で意義を感じていて、仕事そのものが楽しいと感じられるのならば、モチベーションなんて概念なん必要がないのです。この記事あなたが学んでいることはモチベーションをあげる方法ではなくモチベーションなんて概念が必要なくなる方法なのです。

だからこそ、小手先のモチベーションアップ方法と一緒に試すことで、長期的に見てより良い組織やチームが作れるようになるのでぜひともやってみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*