イライラ

人が変わった?!イライラする症状が出やすい病気5選

image

 

よく、イライラ感に限らずキレやすかったり・・・・精神的な側面は自分自身のセルフコンセプトが影響をしているという事が心理学やNLPなどでは考えられていてカウンセリングやセラピーなどを受ける方がいたりします。

もちろん、それは素晴らしい判断かもしれません。

しかし、僕らの感情の状態はトラウマなどのセルフコンセプト以外にも身体的な影響によっても左右されることもあります。逆に心理的な影響から身体に影響が及ぶこともありますが(苦笑)

心理的な解決のアプローチをするのではなく
身体的な病気を解決しなければならなかった。

なんてことになりかねません。

そこでここでは、イライラする症状が出やすい病気をいくつか紹介していきたいと思います。

続きを読む

沸点に到達する前に!イライラするのを瞬間的に抑える10の方法

image

 

フツフツと湯を沸かすように湧き出てくるイライラ感…

このイライラ感は正に時限爆弾のような感覚を感じていたりして、もし爆発したらどうなるのかに恐怖し抑えようとすればするほどイライラ感が増してしまったり、瞬間湯沸かし器のように一気に沸点に到達してしまいキレたり暴れたり気が狂いそうになって後悔してしまったり・・・

自分のイライラ感をコントロールすることができない。

抑えようと思えば思うほど抑えられなくなってしまう。

ということはありませんか?

イライラ感は感じている状態だと、どうしても思考能力が低下してしまうし感情的にはあまり感じたくない感情ですから続けば楽しい日々を生きているとは言えなくなってしまい幸福度も下がってしまいます。

仕事の能力そのものも低下してしまいかねないし、

親密な関係や人間関係も構築できない。

人生全てがうまくいきにくくなる。

と言っても過言ではないかもしれません(言い過ぎですね)

そんなイライラ感は感じたらできるだけ速攻で抑えられるようになったほうがいいですが、我慢をしたりするような抑え方をすると余計にイライラ感が最終的に増してしまう結果になってしまいます。

このページでは、そんな事にならないように・・我慢をしすぎず適切に抑えられるようになるためのイライラ感の処理の方法を10つ紹介していきたいと思います。

続きを読む

ストレスを貯めない為のイライラ解消方法5STEPS

image

おそらく一般的いはイライラを解消すると言うと、イライラした感情をいかに抑え消すのかという意味でとらえられがちですが、セラピーなどの世界では“また同じような出来事が起こった際にイライラ感を以前よりも感じなくなる”ことを解消法と言っています。

そして、この記事では・・セラピーの概念での解消です。もし、一般的な解消法を知りたいのであるのならば、●●●●の記事をご覧になってくださいね。

さて、イライラ感を長時間感じるとストレスになったりイライラの対象(人や環境)にキレたりしてしまい感情に振り回された行動をしてしまうため基本的にはイライラ感は感じない方がいいです。

でも、どうしても僕らは感情を持っているため
イライラ感は感じてしまうものです。

それは仕方ない(笑)

しかし、同じような出来事や似たような出来事でイライラを感じていたら・・・自分の精神衛生上も人間関係でも社会的にも問題を解決をするためにもよろしくはありません。

そこで本日はイライラした出来事が再度起こった時にイライラを軽減しストレスを貯めないようになるためのイライラの解消法をご紹介していこうと思います。

これを読めば、ただイライラした感情を抑えたりするのではなく、同じような出来事が起こった際にイライラ感が軽減し以前よりも冷静に解決したり、スル―ができるようになるでしょう。

人生も以前よりも楽しくなるはずです。

それではいってみましょー!

続きを読む