ストレス

ストレスを貯めない為のイライラ解消方法5STEPS

image

おそらく一般的いはイライラを解消すると言うと、イライラした感情をいかに抑え消すのかという意味でとらえられがちですが、セラピーなどの世界では“また同じような出来事が起こった際にイライラ感を以前よりも感じなくなる”ことを解消法と言っています。

そして、この記事では・・セラピーの概念での解消です。もし、一般的な解消法を知りたいのであるのならば、●●●●の記事をご覧になってくださいね。

さて、イライラ感を長時間感じるとストレスになったりイライラの対象(人や環境)にキレたりしてしまい感情に振り回された行動をしてしまうため基本的にはイライラ感は感じない方がいいです。

でも、どうしても僕らは感情を持っているため
イライラ感は感じてしまうものです。

それは仕方ない(笑)

しかし、同じような出来事や似たような出来事でイライラを感じていたら・・・自分の精神衛生上も人間関係でも社会的にも問題を解決をするためにもよろしくはありません。

そこで本日はイライラした出来事が再度起こった時にイライラを軽減しストレスを貯めないようになるためのイライラの解消法をご紹介していこうと思います。

これを読めば、ただイライラした感情を抑えたりするのではなく、同じような出来事が起こった際にイライラ感が軽減し以前よりも冷静に解決したり、スル―ができるようになるでしょう。

人生も以前よりも楽しくなるはずです。

それではいってみましょー!

続きを読む

ストレスが原因で及ぼす病気と症状14選

ストレス度合いは、人生の充実度や洗脳のされやすさ・・自分のパフォーマンスを決定したり、やるかやらないかでさえも決定するだけでなく・・ありとあらゆる病気の源にもなっている。

病は気から・・・という言葉があるように。

心理的な状態は免疫力や僕らの姿勢は行動にも影響を及ぼすことになるので病気とストレスは切っても切れない関係でもあるのです。

とは言え僕らは自分の感情を自分で大切にでききれていません。
自分で自分のご機嫌さえとろうとしないのです。

それは、他の記事でも言っているように自分の心を大切にすることよりも他のものを優先してしまっていたり、目先の問題や目標ばかりに目がいってしってしまっているからに他なりません。

でも、それでも自分の心を大切にするということができないのです。

そこで、あなたのストレスがいかにあなたの身体に影響を及ぼしてしまうほど重要なことなのか?を知ってもらうためにストレスからおこる病気の紹介と・・・更に身体反応があなたの心に訴えかけているストレスの種類や解決法を紹介していきたいと思います。

 

続きを読む

ストレスにより吐き気を感じなくなるための9つの習慣

職場や学校・人間関係に関わらず、僕らは社会的に何らかの負荷を感じる世界で生きているのですが、今までにやったことがない事をやったり過去の恐怖と同じようなものに出会ったり・・・少しずつ積み重ねた負荷であったり・・・。

そういう際に極度のストレスで身体的反応をおこす事があります。

吐き気や呼吸障害や胃の痛み・・・
筋肉の硬直で寒気がするなど・・・

その身体反応が更にストレスを感じることになりかねません。

そのためには、ストレスを感じにくく糧にできるようになる為の5つのスキルで日常からストレスに対応する癖をつけることも必要ですが、どうしようもなくストレスに晒される吐き気などを催してしまうほど身体的にストレスが現れてしまった場合・・・

その状況下では、まず身体反応を軽減することが先になります。

身体反応がさらなるストレスを生み、その状況に対応することさえもできません。そこで、本日はそういった吐き気や震えや呼吸障害などの身体反応が現れた時に備えて軽減するための7つの習慣を紹介していきます。

続きを読む

スッキリ!目的別でわかりやすいストレス発散方法26選!

今までにない出来事や避けられないストレスを感じてしまった時にいかにそのストレスを効果的にいち早く確実に発散させるのかは結構重要になってきます。

なぜなら、僕らは仕事のストレスを家庭や彼女に持ち込んでしまったり・・・

イライラなどが次から次へと関係ないところに伝染させてしまうことになり、1つのストレスが他に影響を及ぼしてしまいうまくいかなくなるキッカケを作ってしまっていることになりかねません。

しかし、ストレスを適切に発散できなく溜め込んでしまう人が意外なほど多い。

そこで、今日は僕を含めクライアントも効果を実感している計26つのストレス発散方法をご紹介していきます。

一応わかりやすくするために目的別に分けてはいますが、人によっては別目的でも活用できるものもありますのであなたなりに活用してもらえればと思いますけど。

これらのストレス発散方法を駆使しいち早く次にストレスを感じにくくなる対策や問題解決に取り組んでもらえればいいと思います。

続きを読む