離婚を回避したいなら混乱せずにやるべき話し合い7つのポイント

「離婚をしたいと言ってくるけどなんとか回避したい!」

「話し合いをするんだけどなんとか離婚を回避できないですか?」

離婚をなんとか避けたいけど離婚するしかない流れになっていてもうどうしたらいいのかわからない…と混乱していませんか?

夫婦のレシピのクライアントさんには、「会話すれば離婚」「浮気されて離婚」を宣言された方がいますが、見事離婚を回避されました。

その彼らの共通点は・・・

これまでの関係を変えながら離婚でさえも受け入れる覚悟を持ったこと

です。

ハッキリ言いますが離婚を拒否すればするほど、心理学のカリギュラ効果により離婚をしたくて仕方ない状態になります。

そのため、離婚を回避したいと思っているのならば離婚を回避しようとしてはいけないのです。

その上で話し合うことがまずは重要となり、その離婚を回避する際の話し合いの最大のポイントが

  1. 離婚をしたいと思った理由を深く知る
  2. 理由から解決策を導き出す

この2つです。

これができないと離婚は回避することはできないので頭に叩き込んでおいてください。

しかし、具体的にはどうすればいいの?何に注意をすればいいの?と思いますよね。

そこでここでは、離婚を回避する際の話し合いの仕方についてポイントだけをピックアップして解説をしていきます。

離婚を回避したい時の話し合いの仕方7つのポイント

離婚,回避

離婚を回避したのなら、下記の7つのポイントをおさえて話し合いをしましょう。

  1. 喧嘩をしない・喧嘩から逃げる
  2. 感情に振り回されるのをやめる
  3. 恨み・トラウマを解放する
  4. お金についてオープンにする
  5. 4つのコミュニケーションをやめる
  6. まとめて確認をする
  7. 変わるためのタスクを決めて実行する

では一つずつ解説していきますね。

喧嘩をしない・喧嘩から逃げる

離婚,回避

夫婦喧嘩のほとんどは「意見の対立」からうまれます。

そのため、離婚の話し合いをする際には、離婚をしたい・離婚したくないという意見の対立によって喧嘩になりがちです。

しかし、この対立に不快感を感じると対立を避けようとしたり、自分の主張を無理やり通そうとしたりしてしまいます。

臨床医のConnieOmari PhDは、「対立を避ける事は互いを理解する機会を妨げる」と言っているように、対立は相手を理解するためのキッカケです。

そのため対立は、喧嘩をしようとしたりせず、逃げもしようとせず、相手を理解するようにするだけでも離婚を回避するキッカケを見つけ出せるようになります。

感情に振り回されるのをやめる

離婚,回避

自分の気持ちをオープンにする事は夫婦関係のコミュニケーションを良好にするためにとても大切な事です。

しかし、「感情のままに動け」ということを言っているのではありません。

特に離婚となると感情を動かされてしまいます。

恐怖や不安や孤独感を感じるため、攻撃的な発言をしてしまったり受動的攻撃をしてしまう可能性があるのです。

だから「自分は離婚をしたくないけれど、離婚するかどうかは相手が決める事」という事を前提にして離婚を回避しようとしましょう。

そうでないと、離婚したくないと強く思っている時点で「相手の意見を否定的な見方をしている」となるため、離婚を加速させることになってしまいます。

 

恨み・トラウマを解放する

離婚,回避

もし、あなたのパートナーが離婚の決断をする際になんらかの恨みを抱えているのなら、離婚の話し合いはなかなかうまくいきません。

なぜなら相手はあなたに対して完全ガードをしている状態なので、何をしてもプラスに働かないのです。

心理療法士であるChristineScott-Hudsonも「人間関係における癒されない恨みは、ヒドイ離婚になる可能性が高くなる」と言っています。

もしかしたらあなたはパートナーから恨まれているかもしれません。

もし、そうならば「全て受け止める」「全て最後まで聴く」つもりで挑んでください。

お金についてオープンにする

離婚,回避

離婚弁護士として活動しているラッセルDナイトは、離婚に至るキッカケとして経済的な問題によって引き起こされることがあると言っています。

それぐらいお金の話はすごい重要です。

そして、離婚となるとお金の話はどうしても出てきますが、お金の話はオープンに話しましょう。

ここで争うと他の話ができなくなってしまいます。

そのため互いにとってマイナスになりすぎないように現実的に話してください。

この話をしっかりできる事は信頼関係の構築につながりますし、弁護士を探すことを避けることにも繋がります。

4つのコミュニケーションをやめる

離婚,回避

夫婦関係の研究をしているジョンゴッドマン研究所では「否定・軽蔑・逃避・妨害」のコミュニケーションは夫婦関係を破滅させると言っています。

会話や議論の最中に、その主題の内容に歯止めをかけるようなコミュニケーションは互いの亀裂や溝を広げてしまうからです。

このようなコミュニケーションは問題について丁寧に話し合う事ができないですし、感情的に気持ちが離れていくのでやらないようにしましょう。

「まとめ」て確認をする

離婚,回避

これらの事を意識した上でパートナーの話を聴いているだけでありとあらゆる離婚をしたい理由というのが見えてきたと思います。

ちょっと話して「あぁ、浮気ね!じゃあもう浮気しないといえばいいんだ!」みたいな離婚回避の仕方はしないはずです。

ただ、それでも私たち人間は勘違いをします。

そのため、

「〇〇がおこって〇〇と感じた・・だから離婚を考え始めたんだね。そして決定的だったのが〇〇だったってこと?」

というようにまとめて確認をしましょう。

これをせずに離婚したくなる問題の特定はできません。

ちなみにこのまとめて確認をするというのはちょくちょくやっておいて「聴いていますよ!」アピールすることはおすすめです。

変わるためのタスクを決めて実行する

離婚,回避

話し合いがうまくいき「離婚したい本当の理由」が見えてきたら、実際に今すぐできるタスクを決めて実行して行動で示しましょう。

愛は言葉ではなく行動で示すものです。

だからあらゆる角度で、あなたの変化を見てパートナーがよりよい未来がイメージできれば離婚を回避することは可能になります。

もちろんダメな場合もあるでしょう、ですが少なからずあなたは良好な関係を築く方法を学んだはずです。

ただ、たとえ目先では離婚を回避できたなと思っても安心しないでください。

首の皮一枚で繋がっているという危険な状態と思っておいた方がいいでしょう。

だって信頼関係は回復しているわけではないので、これまでの話し合いは常にしていく必要があります。

そして変化をしていってください。

ただ、注意が必要なのは離婚を回避するために自分を無理に犠牲にしてしまうと結局それは離婚につながる可能性があるということです。

なので、

自分にとっても相手にとってもプラスの道

これが見つけられるとベストでしょう。

最後に

この記事では離婚を回避したいと思っている方に向けて回避をするための話し合いのポイント7つについて解説しました。

  1. 喧嘩をしない・喧嘩から逃げる
  2. 感情に振り回されるのをやめる
  3. 恨み・トラウマを解放する
  4. お金についてオープンにする
  5. 4つのコミュニケーションをやめる
  6. まとめて確認をする
  7. 変わるためのタスクを決めて実行する

やってはダメな事をやらなくなるだけでかなり話し合いはスムーズに進める事ができるはずです。

夫婦のレシピ
レピ子
いや、でも相手が悪いんだから!!

という人いますが、少なからず相手は相手なりに離婚をする理由が存在しているということはお忘れなく。

なので、まずはその理由を深く探らないといけません。

そこを知らずして離婚を回避することなんてできないし、回避しようとするがあまり上の項目や法律問題にしてしまうと余計にひどい関係になりますのでご注意くださいね。

一度呼吸を整えて・・・落ち着いて関わってみてください。

よーく観察をして理解しようとしてみてください。

それだけでもずいぶんこれまでと違う会話ができるようになると思いますので、頑張ってくださいね!応援していますよ!