離婚を後悔をする4つの瞬間と乗り越え方…

「離婚を考えているんだけど…後悔するような離婚はしたくない・・」
「離婚をしたんだけどフッとしたときに後悔をしてしまいます。どうすれば乗り越えられるでしょうか?」

離婚は一大事です。

生活スタイルは大きく変わるしこれまであったものがなくなる・・いた人もいない。

その辛さがあったり変化に対応できず色々思う事はあるはずです。

特に人間は過去を美化する習性がある生き物なので過去を思い出して「あの頃はよかったな」と思いにふけてしまい離婚を後悔することはあるでしょう。

しかしながらその反面、世の中にはそれとは逆に新たな道をワクワクしながら歩む人もいます。

離婚して後悔する人・ワクワクしながら新たな道を進む人・・この違いは一体なんなのでしょうか?

この記事ではまさにその違いについて焦点をあてていきます。

そこで、

  • 一体どれくらいの人が離婚に後悔をしたか
  • どういった瞬間に離婚を後悔したか

のデータを参考にしながら、どのように乗り越えていけばいいのかを解説していきます。

離婚を後悔する人のデータ

離婚,後悔

法律事務所Seddansが実施した2016年の調査によると、800人を超える参加者の22%が離婚を後悔し、そして54%が離婚後に再婚を考えて、42%がもう一度やりなおしてみることにしたという結果がでています。

離婚を後悔する夫婦は、たいてい離婚の話し合いが感情的になってしまった、つまり勢いに任せて離婚をしてしまい後悔しているパターンが非常に多いのです。

だから、もしあなたが離婚を検討している場合は「感情的に離婚を決める」のではなく「合理的に離婚を決める」ようにしてください。

そうでないと離婚の精神的負担も大きくなるので、「やり直したくてもやり戻せない状態」になって関係も崩壊したままに離婚をすることになります。

離婚をして後悔する瞬間4選

離婚,後悔

では、離婚を後悔する人達は一体どんな瞬間に後悔を感じるのでしょうか?

ここでは実際に離婚をして後悔をする瞬間はどのような時に訪れるのか?その4つの状況をここで紹介していきます。

経済的な変化

あなたのパートナーの収入が多い場合やそれほど経済的に豊かでない場合、離婚を最も実感するのは経済的な変化です。

離婚の際に弁護士を雇うだけでどれだけの費用がかかるのか・・調べるだけでもショックを受ける金額ですよね。

そして、これまで当たり前のようにあった収入もなくなり、子供の養育費などのこともありお金の不安を感じるかもしれません。

子供に対する影響

私たち大人と違って子供は変化に強くはありますが、思春期の子供にとっては離婚の仕方により大きな影響を与える可能性があります。

実際、研究によると両親が喧嘩ばかりで破滅的な関係の場合は、子供もイジメる側・イジメられる側になる可能性が高いと言われています。

離婚した状況によっては、離婚で家を失い、仲のいい友人から離れ、転校する事もあります。

そして何よりも両親のどちらかを失う事になります。

そして・・・あきらかに生活も変わるでしょう。

これまで二人で育ててきた子供を一人で育てないといけなくなるのです。

それは子供に対してもあなたに対しても犠牲を払う事になるかもしれません。

未来への不安

離婚によって感じるなんともいえない未来への不安を感じることがあるでしょう。

つぎ自分はまた結婚できるのかという不安

孤独感にさいなまれる不安

こういった不安を感じた時に強い後悔を感じます。

離婚から精神的に回復するには数年かかると言う人もいれば、すぐに結婚をする人もいます。その結果幸せな結婚ができる人もいれば同じことを繰り返す人もいます。

しかし、これだけは言えるのは過去から学び次に活かせる人は長期的な関係を作ることができます。ただ、長期的な関係を構築できる人は「離婚の精神的な負担を癒す」必要があります。

なぜなら、孤独と経済的負担を抱えながら・・
次のパートナーを探そうとするのはあまりよくありません。

多くの海外の夫婦セラピストは離婚後に交際を開始するために少なくとも1年待つようにクライアントにアドバイスしているそうです。それは争ったまま離婚をすると自己評価をさげてしまうのです。

だから未来の不安を抱えているのならばまずはその不安を解消したほうがいいです。

思い出補正

私達人間は、どれだけ悲惨な別れ方をしたとしても時間がたてばたつほど・・過去の思い出のいい部分を探し当てます。

離婚した瞬間は「二度とこんな奴と!」と思っていても時間の経過と共に「なんであんなことで離婚をしてしまたんだ・・いつも助けられていたのに。」というようにいい思い出が溢れだしてくるのです。

なかには、他の異性とデートをしたり再婚をしたときに思うかもしれません・・・過去と比較をして過去のほうがよかったと感じる可能性があります。

関係療法士のミケーレ・ワイナー・デイビスは「どれだけ離婚を望んだとしても長い結婚生活を共に過ごした夫婦は離婚について後悔の念が残ります」と言っています。

つまり、離婚を公開する瞬間はこの4つの瞬間に感じると思いますが・・・少なからずその後悔は誰もが感じることです。

「もうちょっと〇〇しておけばよかった・・」
「あのときこういえばよかった・・」

などなど。後悔は感じるのです。

しかし、その後悔となるものを離婚前にしっかりと処理できるのならばいいですが、それができないのならばこれらの瞬間に後悔を感じる事にんるでしょう。

でも、それでも大丈夫です。

後でも乗り越えることはできますから・・・

離婚したことを後悔する気持ちを乗り越える3つの行動

離婚,後悔

では、その公開の気持ちを既に感じている・・・これから感じそうなあなたに向けて離婚後の後悔を乗り越えるための方法を3つ紹介していきます。

後悔していることを書き出しましょう。

まず、あなたがすべきことは後悔した事について書き出す事です。

後悔の気持ちを振り返るのは辛いかもしれませんが、やればよかった後悔は後々引きずるるのでまずは何を後悔しているのかを書いていってください。

「これをやっておけば離婚なんかしなかったのに・・」

「あのときこうやって伝えておけばいい関係作れたかな・・」

と思い当たるものを書いていきましょう。

改善点を書いて日常から取り組みましょう。

そしたら書いた後悔に関して今度は「今の自分ならばどうするのか?」「そのための壁となるもの」を書いていきましょう。

そしたら、日常からちょっとずつ普段の人間関係で取り組んでください。

後悔していることはこの取り組みでかなり軽減するはずです。

何もしないと後悔の渦の中にはいってしまいます。

そうならないためにも行動を続けていきましょう。

やりたくてもできなかった事をやりましょう。

確かに離婚をして後悔することもあると思います。

しかし、同時に結婚していたからこそ抑え込んでいた欲求・我慢していたこと、つまりやりたくてもやれなかった事を書き出して1つずつやっていってください。

「あぁ、結婚していなかったらやっていたな。」というものをリストアップして1つずつやってその喜びを感じてください。

 

離婚を後悔をしないように・・?

よく、一般的には後悔するように生きることはよくないと思われています。

確かに何年も何十年も後悔を抱えて生きていくのは辛い事ですからないほうがいいのは確かです。

しかし、後悔をすることによって

  • 「もう二度とこんな思いをしないために・・」
  • 「もう二度と相手を傷つけないために・・」

という思いが出てくるのも確かです。

なので、その公開から一体何を学びどういう行動をしていくのか?より自分自身の成長につなげるのかが公開を乗り越える鍵であることは間違いありません。

変えられない過去を変えようとするのではなく、その捉え方を変えられるようになればおsの後悔は意味のあるものになるはずですから是非向き合ってみてください。