無料E-bookプレゼント中

意識高い人と意識高い系の人の違いとは?|本当に意識を高くするための秘訣

よく、「あの人意識高い系の人だよね!」「意識高いですねぇ~」というような人っていますよね。

そんな意識高い人を好きな人・嫌いな人。

色々いますけど、そもそも意識高い人というのはどういう人でしょうか?

この記事を読んでいるあなたが意識高いといわれた側の人か意識高いっぽい人が身近にいるのかはわかりませんが、少なからず意識高い人のほうがいいみたいに思われがちです。

確かに意識は低いよりも高い方がいい。

かもしれません。

しかし、本当にそうなのか?

は人それぞれの尺度で決めてもらえばいいし、このサイトでは自分自身の望む人生をエンジョイしながら創っていく事を推奨しているのもあって、そのための意識の高さならば全然いいかなぁと思います。

別に無理に意識が高くなくてもいい。

とは思いますけどね。

そこでここでは、意識高いといわれるような人はこんな人!という声の代表的なものだけを厳選してお届けしていき意識を高く持つための秘訣みたいなものを解説していきます。

是非参考にしてみてください。

1.必要以上の仕事を見つけてやりだす。

アルバイト先で張り切って必要以上の仕事を自分で見つけてきてやりだす。

仕事は仕事でもバイト、パートで正社員みたいに張り切られたら、他の気楽な気持ちで働いている人たちまで重たい現場になりかねないです。

そういう人は自分の物差しで測ることだけでなくて、社会全体を見たり仲間達がどんな雰囲気で仕事しているかを気にかける。

同じ気持ちでは働いていけないと思う人は、最低限やるべきことをしっかりやること、疲れない程度に力抜いてマイペースを崩さないこと、自分のことを第一に考え他方が良さそうです。

意識高い人の近くに行くと、自分の思い通りにいかないと気が済まないのか、話していても堅苦し話に終始するよう感じます。

2.毎日5時に起きて仕事の前に勉強

かなり多忙な仕事をしている友人と話をしていた時に、友人が仕事に関係することや興味のあることなどを毎日5時に起きて仕事の前に勉強していると聞いた時は、かなり意識高いなと感じました。

仕事が忙しく残業も多いのに、仕事において自分にプラスになるだけではなく、自分の生活にもプラスになることを勉強しているそうで、知識や視野を広げたいと言っていました。

口だけの似非意識高い系の人は言うだけで行動が伴っていない人が多いのですが、友人は実際にそれを行動にしていて、かつ、勉強してそれで終わりではなく、資格をとったり、それを活かしたりしているので、成長や身に着いたことを私からも見ることができているので、本当に意識高い人なんだなと思います。

3.SNSで「価値観が変わった!」

SNSにすぐ「価値観が変わった」と呟いているのを見ると、この人意識が高いなぁと感じます。

私の知人で、高校の時の同級生です。高校を卒業して一度は製造業に就職したのですが、セミナーや勉強会に参加して資格を取得し、現在はIT関係の会社でホームページを作る企画の仕事をしているそうです。

確かにセミナーに出たり美術館に行ったりして良い刺激を受けることはあるでしょうが、頻繁に価値観が変わることって無いと思います。

そもそも、自分自身の価値観って普段はブロックされていて堅固なものです。それをすぐ変えられるということは、普段から意識が高くアンテナを張っているからなのかなと思いました。

他に意識が高いと思うのは、やはりセミナーなどによく行っていることでしょうか。ひたすら自己啓発に励んでいるところを見ると、彼は意識が高いと思います。

4.2か国語を話す同僚

私の職場の同僚で、この人意識高い系?と思った人がいます。
それは、英語と韓国語が出来る人です。

私の仕事は、医療系の事務員なのですが、外国の方が病院に訪れることもあります。

時々何を話しているか、さっぱりわからないこともあります。

そんな時に、頼れる賢い同僚の出番です。

皆、彼を呼んできては通訳してとねだります。

もちろん、ドクターの所に行ってしまえば、医師の人はみな英語はできるので良いのですが、まず受付の時点で何を言っているかわからないとどうしようもないのです。

意識低い私は、オロオロするばかり。

そんな時にスッと現れて、ペラペラと2カ国語お使いこなす彼は、本当に意識高い系でかっこいいなと思います。

5.オシャレな弁当を作ってくる同僚

この人意識高い系?と思った人、それは毎日おしゃれなお弁当を作ってくる同僚です。

しかも、話を聞くと、オーガニックのお野菜にこだわっていたり、ハーブの飲み物飲んでいたり、おうちカフェみたいなことしていたりと、とにかくおしゃれなのです。

それから、身につけている洋服も安物ではなく、ちょっとしたブランドのもの。

特徴としては、バカ高いものではなく、無理をしない程度のセンスの良いものなのです。

もちろん習い事もしていて、英会話をしているようです。

女性が憧れる感じの女性で、意識が高いんだなと思いました。

意識の低い人はそもそも、「何でもいい」と言うように、自分の事にかまわないですよね。

私も女性として見習って行きたいと思いました。

6.目標を設定し成し遂げるために努力をする人

常に目標を設定し、それを成し遂げるために努力している人が身近にいます。その人と深く話し合ったときに「人生に対する意識が高い」と感じました。

「10年後に私はこうなりたい」という目標を掲げそれまでに必要なことは何か、だったら5年後にはここまでいく必要がある、3年後は、1年後は、と逆算していけば自分が今やらなきゃいけない事が見えてくるよ、ぼーっとしてる暇はないんだよ。

と言っていました。

その人はちゃんと夢を叶え、その後も更なる成長のため日々努力しています。好奇心旺盛でチャレンジ精神にもあふれているので意識が高いな、と思います。

そして周りへの感謝もよく口にしています。生き方も考え方も本当に格好良くてとても尊敬しています。(友人も多いです)

意識が低い人は小さくてもいいから何か目標や夢などを持ち、今よりも少しでも成長したい。
という向上心を持つとその人自身はもちろん、周囲にもなにか影響を与えられると思います。

7.水素水を常に持ち歩いている人

水素水を常に持ち歩きたまに飲んでいるところを見かけていました。
ネットで調べてみるととても体によくて肌にもとてもいいとのことでした。

その瞬間彼女はとても美意識高いなと感じました。彼女は幼稚園からの幼馴染でとても仲がいいです。

今でも結構会っています。

私はその人といると私も美意識を高めたいと言う気持ちになり水素水始めようかなとも思いました。

実際に彼女はとても綺麗です。

メイク直しはしっかりしてて日焼け止めもしっかりぬって暇な時には仕事のこともまとめていて全体的に意識が高いです。

本当に尊敬できる友人です。実際に彼女はモデル体型で肌も透き通っています。仕事もばりばりしていてキャリアウーマン的な感じでカッコいいです

8.自信満々な発言

会社の朝礼で一人3分のスピーチをすることを決められると、若手女性が自分には知識がないから話す内容はどうしたらいいのかと困っていました。

するとすかさず

「どこを担当してるんだい?担当しているところにまつわる話をすればいいんだよ。それか趣味は何だい?身の回りのことを話せばいいんだよ。」

とアドバイスを始めました。

その人は年齢はそこそこ上ですが若手女性の方がこの会社に先に転職しています。

その時全員がお前は一体どの立場だ?と思ったはずですが、あまりの自信満々な発言に若手女性は「は、はい。」と引き下がりました。

会社勤めをしたことがなく講師などをしていた人だからか、常に直立で上の方から発言をし人に教えるように言い切ります。3分のスピーチも無視して自分のスピーチに酔い話し出すと止まりません。

9.エステに行きジムに通っている人

エステに行き初めてさらにジムにも通っているという人を見たときに、美意識が高い系女子だと思いました。痩せるためにジムに通い始めて、その数週間後にエステに痩せるために行きだしたのですごく意識高いと思いました。

意識低い系の自分は、自分も同じことをしようとは思いもしなくて、もっと安くて簡単に痩せる方法はないのかと考えてしまいました。意識が高い人はお金を惜しまないのが第一にすごいと思いました。

意識が高いと思ったのは、まず見た目から美を追求していったところが高いと思った出来事です。

というか、とにかくもう痩せている女子なのに、まだこれからもっと痩せようとしていることが意識が一番高いところだと思いました。

10.SNSで意識高い系をアピール

学生時代には特に意識が高いわけでもなく怠け癖があって楽しいこと優先だった友達が、福祉系への転職を機に意識高い系になりました。

本当に意識が高いわけではなくあくまで意識高い系です。

SNSで、毎朝のランニングを始めましたとウェアとシューズに身を包んだ写真をアップしたり、福祉財団の講習会に出席した、資格の勉強中ですと参考書をアップしたり自己実現、キャリアアップのためにめちゃくちゃ努力している様子をアップするのですが、しばらく経って実際に会うとその活動は飽きてフェイドアウトしています。

ジム通いなども、他の意識低い人に対して
「そんな身体じゃ将来健康価値が下がるよ!」
みたいにけなしてきて同じジムに紹介するのですが、気が付くと本人が先に辞めています。

新しいことや自分のキャリアアップの為にがんばる気持ちがあるのは否定しないのですが、それをSNSで発表したことで目的達成されてしまい続けない彼はまさに意識高い系だと思います。

本当に意識の高い人はどんな人?

さて、いかがでしたでしょうか?ここでは意識が高いと出会った方々のエピソードを紹介してきましたが・・・

この意識が高いといわれる状態の中には、

・意識高い系の人
・本当に意識が高い人

の2種類がいます。

しかし、この意識の高さは一見目に見えてわかるわけではありません。

あくまでここで紹介しているのは
「意識が高いとみられがちな人」
ですからね。

では、どういう人が本当に意識が高い人なのでしょうか?

それは一言で行ってしまえば、意識高い系の人は

“外部にどうにか思われるために意識を高く持とうとしている人”

です。

だから、意識高い系の人は誰かに対しても意識の高さを求めるし、意識低いと意識を高く持て!と強要しますし、意識高いのが嫌われると思うと合わせ来たりします。

ではなくて本当に意識の高い人は

「自分自身のために自分を高めることに喜びを感じている人」

です。

だから、別に誰かに強要することもないし意識低い人からは
何も言わずにスルーしていったりします。

誰かにどう思われるのかではなく

「俺はこうありたい。」

というのを持っているのです。

僕ら人間はどれだけ口で誰かの為・世界の為・社会の為と言おうが、それは自分が生み出したものである。

ということを自覚してるんです。

今の自分では到達できない自分以上の何か(目標や目的)を持っていてそのために自分を超える過程そのものを楽しめる人が本当に意識が高いといえるのではないでしょうか?

そのために頑張れる人は意識が高いことが誰かのためになるものです。

だから、もしあなたが意識高い系ではなく本当に意識が高い自分になりたいと思っているのならば「自分以上に大切な何か?」のために自分を高めてみてください。