無料E-bookプレゼント中

あなたの傾聴ナンチャッテの可能性大?!本当の相手の心を開く傾聴とは?

傾聴というスキルはその漢字からくるイメージの通り

それは相手の話をきちんと聞き
その人の言っていることを積極的にしっかりと聞く

というような意味を持ち、

ビジネスにおいても
人間関係においても

あらゆる場面でとても重要になってくると思います。

相手の話をきちんと聞くことで、相手からいい印象を持たれるでしょうし、コミュニケーションがしやすくなり、相手との関係性をよりよくできる

そんな素敵なスキルなのですが、

この、
傾聴は人の話をきちんと聞くこと
その人の言ってる事を積極的にをしっかり聞くこと

という解釈は実は半分正解で、半分不正解なんです。

そして、知っているのでしょうか?

実は大半の方がやってる「傾聴」方法が実は不正解のやり方だという事を・・

だからなんです。
「なんかコミュニケーションがうまくいってる気がしない」感を感じるのは。

「相手の話、しっかり聞いてるのになぁ、何が原因なんだ?」

それは、あなたが間違った傾聴の仕方をしているからなんですね。

だから、相手の心を開き、深いレベルでの関係性の構築や、ビジネスでの商談成功率も上げられない。

そう、どんなにテクニックを磨いても、相槌のボキャブラリーを増やしても
切り返しを変えてみたりしても

結局、あなたの頭の中にいる主人公があなた自身なまま限りここを打破することはできないのです。では一体どういった傾聴をすればいいのでしょうか?早速解説していきましょう。

ちまたで行われている傾聴の方法

傾聴とは、先ほど説明した通り「相手の話に耳を傾け聴くこと。」

相手の話をきちんと聞くこと
その人の言ってる事を積極的にしっかり聞くこと。

というように言われています。

ですので、大半の方が相手が話し出したら、それを熱心に

「ふんふん、そうなんですね~」
「ということは、こうですか?」

といって感じで、熱心に相手の話をしっかりと聞き、相槌をうったりしていると思います。

そして
時には質問したり
時には切り返ししてみたり
時にはアドバイスしてみたり・・

していると思うのですが、

が、しかし・・

これは一歩間違えると無意識的にすべて「相手の話に耳を傾ける」のではなく「自分の知りたい事にしか耳を傾けない」という状態になっている場合があります。

「いーや!私は相手のために傾聴してます!」

という人もいるかもしれませんが、無意識的に悪気なく誰もがやってしまいがちな過ちでもあります。

例えば、

ふんふんってきちんと聞く
熱心に話を聞く

そこであなたが聞いている事が「自分が聞きたい情報」しか耳に入っておらず「相手が本当に伝えたい情報」が抜け落ちているのならばそれは傾聴ではないのです。

これはつまり・・
「相手が主人公の傾聴」
ではなく
「自分が主人公になる傾聴」
になってしまってるんですね。

本来、傾聴は「相手が言わんとしていることを理解するスキル」「相手が聞いてもらっていると強く感じるスキル」なので、その主人公は相手でないとおかしいですよね。

にもかかわらず傾聴をただ単に

うんうんと相槌を打つ。
質問をする。

というように勘違いしてしまうと「自分が好意的に思われるためにやっている」「自分の聞きたいことを聞くため」にやってる状態になってしまっているので、下手すりゃ「自己満聞き上手」になってしまいます。

傾聴ではなく傾聴というスキルを使った自己主張でしかなくなります。

真の傾聴とはいったい何なのか?と真の傾聴の方法

ではどうすれば、自己満聞き上手にならないのでしょうか?

それには主人公である「相手」に出てきてもらわなければなりません。

どういう事か、それを含めて具体的に説明をすると、傾聴というのは、基本的に「相手が、⾃分を受け⽌めてもらえた」と感じて初めて自分(あなた)が傾聴をできていると⾔える状態になるのです。

そのためには、当然“ただ聞く”だけではダメで相⼿の意⾒を受け容れながらも聞いていく
という事が⼤事になってくる

というわけです。

そのように考えた場合、この“受け容れる聞き⽅”さえもできてない⼈がかなりいるのです。

ではここからはさらに具体的な例も交えて説明していきましょう。

例えば・・あなたにお⼦さんがいたとして、そのお⼦さんが
「学校から帰る途中で寄り道して、変わった⾃動販売機を⾒つけた」
と⾔ったとしましょう。

それを聞いたから傾聴オッケー!ではないのです。
まぁ、確かに聴いたと⾔えば聴いたんですけど(笑)

その後に

  1. 「寄り道しちゃだめでしょ!」
  2. 「それおかしくない?」
  3. 「寄り道しないって約束したじゃない!!」
  4. 「寄り道する暇があるなら帰って勉強しなきゃ!」
  5. 「どこにあったの?」

というようにアドバイスをしたり、質問をした瞬間に・・

「傾聴」の定義で⾔えば聞いていないことになるのです。

「え︖」って思いましたか?

まぁ、ちょっと考えてみれば、1〜3は否定から⼊っているから「違うよね」ってことはわかると思いますし、4はアドバイスをしているので傾聴とは⾔えないのはなんとなーくわかるはずです。

でも、5まで︖と思った⽅もいるかもしれません。

そうなんです。
「どこにあったの︖」
でさえも傾聴ではないのかもしれないのです。

なぜなら、この時点で、あなたは相⼿の話したい事を遮ってしまっている可能性があるから
です。

特に1〜2は⾃分が⾔いたい事をただ⾔っているだけでなく否定から⼊っているので NG ですよね(苦笑)

3は、あなたが勝⼿に約束を取り付けたり、無理⽮理強制的に約束をしたかどうかによって変わってきますし、

4は余計なアドバイスをしてしまっているという可能性もあるわけです。

1〜2はやっても特に意味はないどころか逆効果になるのはわかるんですが、3と4に関しては、「内容によってはすべきじゃないのかな?」と思うかもしれません。

まぁ、やってはダメとは⾔ってませんよ。

その前に・・・

聞くことができてるのか︖
をここでは問うているのです。

そして、それができてこそ傾聴をしていると⾔えるのです。

しっかりと相⼿の話を⼼から受け⽌めて、聞いていますよという合図なくして
いきなり否定したり責めたりアドバイスしても…

相⼿は聞いてもらったとは感じる事はできませんから・・

なので、あなたの話も聞こうとしないのです。

だから、相⼿の話を聞いていますよ。
という合図が必要になるのです。

あなたもそうじゃないですか?

あなた自身は気づいていないかもしれませんが、相手にどれだけ⾔ってもストレスが貯まってしまい、どんどんイライラだけが蓄積されてしまった事はありませんか?

「そんな事が⾔いたいわけじゃない!」

と思った事はないでしょうか?

じゃあですよ。

それならば、まずは相⼿が話しやすくなるように
微笑みながら相⼿の表情を観察しながら

「はい」「うん」「えぇ」「そうなんだ」

とか

「ほうかほか」「んだんだ」

とか(笑)

と、相槌をうったり頷きながら、はたまた相⼿が⾔った⾔葉をリピートしてオウム返ししたりしながら相⼿に意識を向けて聞いていく。

これこそが真の「傾聴」であり方法なのです。

おわりに

いかがでしたでしょうか?あなたが今までやってた事が実は「傾聴」もどきで「自己満聞き上手」だったことにショックを受けたり、今までやってきたことを否定されたような気持になって怒りを感じたりしているのかもしれません。

が、しかし、少なくとも
そもそもあなたは「傾聴」を心掛け、自分なりにしていたわけです。

その気持ちは、あなたの心のポジティブな部分からでてきたんじゃないでしょうか?

もっと人と深くつながりたい
もっと相手を理解したい
相手に心を開いてほしい

もしくは、

人の話をきちんと聞けるようになってビジネスで成功したい!
もっとお客さんを増やしたい!

そんな感じかもしれないですね。

その気持ちから「傾聴」というスキルを取得しよう!というところに行きつき実践をしていた。その気持ちを大事にしてください。

そうやって思い、実践していた事にすでに十分に価値があります。

そこからさらに、今話したことを意識していけば、十分に傾聴スキルを磨いていけるはずです。

応援していますよ。