無料E-bookプレゼント中

長期的には信頼できない!?「口がうまいだけ」と本当の口のうまさの違いとは?

一見、モテたり人たらしであったり、、
いい人っぽかったりして一見好感はもてるけど・・

関われば関わるほど
「あれ?この人なんかおかしい!?」
となっていって

後になった
「実はただ口がうまいだけだった!」
というパターンの人は世の中にはいます。

中には口だけ!口がうまいよねぇ!と言われてあなたからすればそんな気がなくて
この記事を読んでいるかもしれませんが。

では、一体どんなことを言う人が口がうまいのか?

について今日は考えていこうと思います。

と言っても、実例がないとわかりにくいのでまずは口がうまい!と言われるような人ってどんな事をいいがちなのか?の実例をまずは知っていきましょう。

1.いつも可愛くしているよね。

友達の彼は見た目はかっこいい方ですが超が付くほどのイケメンではないのにかなりモテる人だったので正直、この人のどこがそんなにいいんだろうとずっと思っていました。

友達数人で飲み会をした時にその友達の彼と話す機会があり自分の彼女の友達と分かりながらさりげなくいつも可愛くしているよね、洋服おしゃれだね、髪の毛サラサラだよね、など急に自分容姿を褒めてきたのでびっくりしました。

その時は笑ってごまかしましたが後から考えてみると確かに容姿を褒められて優しくされれば女性は悪い気はしない、意識してしまうと思いこの人がモテるのは口が上手く女性をいい気持ちにさせることができるからだったんだとわかりました。

優しくされて見た目を褒められれば悪い気はしませんが単なる軽い男に見えてしまったので私は女性の見た目ばかりを褒める男は好きではありませんが口が上手いとモテるということはわかりました。

2.足元だけで分かった

店員さんに足元だけで分かったと言われたことがああります。

いつも通っている洋服屋さんにいったときに、棚があったので足元しか見えていなかったようなのですが、足元で君だと思ったと言われたときに、この人接客が上手だなと、口がうまいなと思いました。

足元だけで分かったとか、覚えてくれている証拠だし、どんな雰囲気の洋服を着たり靴を履いているのかが分かっているということなのですごく驚きました。

口がうまい分買いたいと思ってしまうし、その人から似合っていると言われた洋服は本当に似合っているのではと思ってしまうようになってしまうのですごいと感心しました。

きっと他のお客さんにも言っていることだと分かっているけど、なぜか嬉しくなってしまったので、すごいと思います。

3.俺のことを信用してないし、好きじゃにだろう

仕事で新しいスタッフとの関係や、店長を育てろと言われて悩んでいた中で放たれた一言でした。

その方は会社の社長でしたが、直接スタッフや店長の事には触れず社長への信頼度や頼りがいを試された一言でした。

元来どのスタッフにも個々に合った言葉を伝える事に長けている社長でしたが、私にはずるい一言だと感じました。その場ですぐ答えを求められ、信頼してますよと答えましたが本当は信頼していませんでした。

先に書いたように個々に合った言葉で鼓舞するのが上手でしたが、私には逆に言葉が軽く感じていました。スタッフや店長に興味の無い私には響かない言葉でしたが、同時に俺を信頼してみろと言われた時に口がうまいなと感じました。社長を尊敬はしていましたが、どの言葉が本当か読めない方で信じたら自分が駄目になりそうで、そういう言葉は信じていませんでした。

スタッフ・店長を育てろという点においては的確な指示だった為、軽薄さが残念でした。

4.私も好きなんです。

新入社員の研修にて、隣に座った同期入社の女性が放った言葉です。「私も好きなんです。」この台詞を研修の3日間で何回聞いたことでしょう。

特に男性上司に使うのでした。上司に質問され、この言葉を発する時に上目遣いの抜群の笑顔で媚を売るかのようにです。気をよくした上司たちは、自分の部署に置きたくなるのは当然で、あとから聞いた話によると、研修に携わった上司全員がこの女性を自分の部下にしたいと申し出たそうです。

実際、関わると常にこの台詞を耳にするので、本当に好きなのかと私は疑ってなりませんでした。食べ物、色、テレビ、ファッション、スポーツ、芸能とあらゆることに関して「私も好きなんです。」と言うので、口が上手いなと思いました。他人に合わせてばかりのこの人は私は好きなタイプじゃありません。

5.『君だから』

以前バーで知り合った男性は口が上手いなぁと言える人種でしょう。

たまたまバーで飲んでいるときに来た男性客で、隣に座ったことをきっかけに会話が弾み、結構長く話しをしました。

親密になるにつれて、『君だからいうんだけど』『君になら話せる』といったように、あなただけには自分の本音を話せるといった言動をしてくる人でした。

その男性がちょっと席を外した時に、バーの店長に『今の人って誰にでもああいうこというの?』と聞いたら店長が苦笑いしたので『あぁそうなんだな』とわかりました。

男性慣れしていない女性なら、好きになってしまうようなセリフを普通に使うような男性は「口がうまいなぁ」と思います。

私は口だけの男性は好きではないのでそれ以上は関わり合いにはなりませんでしたが、アレに引っかかる女性は多いと感じました。

6.君、可愛いね。

その人は男性なのですが、いつも色んな女性に「君、可愛いね。」と言った内容のことを言います。

例えば「今日、その髪型可愛いね。」とか「いつもおしゃれで可愛いね。」とか「笑顔がいつも可愛いね。」とか。それをわざとらしくなく、ふとした瞬間にさりげなく言うのです。

本当に口が上手いなっていつも思っていました。

その人自身はとても真面目な方なのですが、いつも元気で明るく周りの人と接しています。

私も少しだけ関わった事があるのですが、早速「瞳が澄んでいて可愛いね。」と言われ、とても恥ずかしい気持ちになりました。しかし気さくに絡んでくれるため、一緒にいてとても心地よかったです

。その点では、とても良い部分だと思い好きだと思ったのですが、あまりにも口が上手いので、若干軽く見えるためそこは嫌いな一面だなって思いました。

7.いつも綺麗ですね

以前いつも会うたびに私を褒めてくる人は口がうまいなと思いました。

その人は普段は口数も少ないしあまり目立つタイプではない人でしたが、すれ違う度に何故かこちらをおだててきました。

実際話してみると常にはお世辞的な言葉を言ってくるわけではないし、私以外の人にも言われたら嬉しい言葉をかけていたのでただの八方美人だなと思いました。

ですが褒められて嫌な気分になる人はあまりいないと思います。
こちらもあまり悪い気分はしないし、むしろ本音でないとしても嬉しいのでそこは好きでした。

しかし実際その人が本当はどう思っているかは永遠にわからないという点、何か裏があるのではとついこちらが疑ってしまう点があまり好きではありません。

8.職場の新人君。若いのに、真似したいくらいうまい!そして人格的にも優れている。

口がうまい、とおもう人には、2つのタイプがあるように思います。

一つは「言いくるめられた」感が残り、人を不愉快にさせるタイプ、もう一つは人の持ち味を見わけ、扱える上手さに惚れ惚れしてしまうようなタイプです。

私の場合、職場で後者の人と関わり、いつも感心していました。若いのに、人をうまく振り分けて使ったり、電話の対応能力も秀でていました。

しかし、、なかなか理論選だけでは務まらない職場なので、いつも評価がいまいちなのです。心の中で応援し続けています。品のない言葉や怒号も飛び交う職場でもあるのですが、彼はどんな電話でも、冷静に受け答えしています。

「僕は先日、ちゃんと報告は入れてあります。そちらの課長ともお話ししていますが、はいはい、と素っ気ない返答だけで電話を切られてしまいました。これって、僕の責任になるのでしょうか。」

と、きちんと理論立てて、相手に説明をすることができます。

また、他の人では言いにくい

「お断り」

内容も、彼は

「ごめんなさいね。今、キャパが不足しているんです。その代わり・・」

と、物腰の柔らかさと絶妙な言葉の選び方で対応しきります。

例えば、

「それなら、うちのほうに是非とも、沢山お金落として行ってください!」

と、元々の依頼内容にプラスアルファを勝ち取る物言いも思わず唸ってしまうほどです。
口下手な私は、いつも彼の言い方を頭で繰り返してゲットしたくなります。

9.ごめんなさい、おばあちゃんに会いたくて

以前働いていた会社は年末が繁忙期なのでバタバタするのですが、そんな時にクリスマスイブに休みたいと言ってきた女性がいました。その理由が、

「昔からクリスマスは家族でしているし、どうしてもおばあちゃんに会いたくて」

というもので、口がうまいなぁと思いました。

彼女は容姿自体は普通なのですが、おっとりとしたイメージがあり、甘え上手な女性です。

関わってみると、結局おねだり上手な女性なので言いくるめられそうになるんですよね。

そのため、こちらの仕事が増えてしまいます。それでいて評価されるのは彼女なので、面倒だと思いました。

私は口がうまい人はその状況にもよりますが、悪意があったり自分を優位に立たせようとしている人が多いのであまり好きではありません。

10.もてる男は口がうまい

口がうまい人は嫌味の無い褒め方を知っていると思います。

知人でモテる男性がいるのですが、彼はその典型で、女性と話している時サラッと嫌味のない範囲で女性を褒めます。

本当に思っているのか口だけなのかはわかりませんが女性の持ち物や衣類を褒めることはよくありますし、少し仲良くなった人は外見や中身を褒めます。

例えば

「○○さんのそういう性格、本当に良いと思う!」

「○○さん、××ができるなんてすごいよね」

などです。

そしてその結果、彼にとって有利な好都合な方向に流れが進むことがよくあります。

そのことで女性たちも彼に好印象を持つ場合が多いので、口がうまいと得だなといつも思います。褒められて嫌な気分にはならないので、友人の一人としては好きです。

口がうまいだけの人から脱出する方法

さて、ここでは口だけ!ととらえられる口がうまいだけの人が非常に多かったのがわかるはずです。

口がうまいだけの人はどうしても

・ポジティブな事しか話せないパターン
・目に見える範囲の事しかいい事をいわないパターン

が非常に多いのがわかるはずです。

ネガティブだと認識している部分をポジティブにできないからポジティブな面しか言わなかったり、逆にプロセスを見ずに目に見えやすい見た目とか結果しか褒められなかったりします。

最初はそれしか情報がないのでいいでしょう。

しかし、親密になるほどに

表面的な部分
ポジティブな側面

しか見ていない人の言葉にはどうしても嘘だと感じてしまいがちです。

相手は

「褒めとけばなんとかなると思ってるんでしょ?」
「どーせ口で言ってるだけで実は思ってないよね!」

と思われてしまうのです。

だから、ネガティブな事をプラスに転換できたり目に見えない、プロセスや努力や頑張りや相手の感情に対して言葉にすることができるようになるだけでも以前よりも伝わりやすくなるはずです。

口がうまいといわれる人の中でも印象が悪くなりがちな人は

口がうまいだけ!=口だけ!

の人です。

それは言葉しか言っていないから。

相手の表面を言葉にしかしていないからです。

そうではなく本当の意味で口がうまい人になってくださいね。