無料E-bookプレゼント中

ネガティブな思考のメリットを最大限生かし本当の改善・克服する3ステップ

よく、ネガティブなことはダメだ!
みたいな事をいいますよね。

確かに。

あれやこれやできない理由をのべたり・・・
誰かのせいや何かのせいにしてしまったり・・
不安ばかりを述べてしまったり・・

して落ち続けてしまう。

そうなっている状態ではどうしても周囲は最初は心配はしてくれるかもしれませんが、だらだらと続いてしまうと

「ネガティブなことばっかり言うな!」
「メンヘラだな。」
「いつまで愚痴愚痴言ってるんだ!」

みたいに言われてもしかたないかもしれません。

そして何よりも・・・あなた自身が苦しいかもしれません。

しかし、このブログでも話しているようにネガティブな思考そのものが悪いと思われがちですが、必ずしも悪いわけではなく上手に使いこなせばメリットだらけの思考でもあります。

そんな中で無理にネガティブな思考をやめよう!

としてもちょっと無理があります。

我慢するほどどうしても後にぶり返しがきてしまうし、我慢をすることでより不快な感情は無意識的にあらわになってしまいます。

そこでここでは、無理に我慢してネガティブ思考をやめるのではなく

ネガティブ思考のメリットを最大限生かして改善や克服をするための方法をステップバイステップで解説をしていきます。

よくあるネガティブ思考をやめてポジティブになるための方法と一緒に試してみてください。

1.人間ならネガティブは当たり前

僕ら人間は誰だってネガティブになります。

何か嫌な出来事がおこったり嫌な人がいたりするとどうしてもいいことが考えられなくなったり・・・
たとえ何もしなくても心の状態というのは常に安定することが難しい生き物です。

それほど僕らは安定しない生き物です。

それと同じように問題を探したり危険を感じたり・・・
不安に思ったりするのはごく自然のことなのです

まずはこれを理解しておいてください。

どれだけポジティブだったとしても、
不快な感情とネガティブな思考の人がいるような場にいれば誰だってネガティブになりやすくはなるものです。

だからネガティブがダメ。

とやめようと思ってやめられるわけがないのです。

逆にポジティブが必ずしも良いとも言えませんしね。

なぜなら、非常に危険な状況なのに

「ネガティブなことなんて考えずノリと勢いでいこうぜ!!」となんて無視をしていたら・・・

とんでもないことにもなりかねません。

だからまずはネガティブな思考そのものは当たり前なんだ。

ということは覚えておきましょう。

ネガティブになっちゃダメ!

って頭で唱えたって止められるものではありませんし、脳の働き的に言えば逆に余計にネガティブになってしまいかねません。

なるのは当たり前!

なった時にそれをどう処理するのかを考えた方がいいです。

それどころかネガティブ思考にだってメリットはあるのです。

2.ネガティブ思考の3つのメリット

では、一体ネガティブ思考の何がメリットなのでしょうか?

ポジティブはたしかに見えない未来に向かって行動を起こす上ではたしかに大切なことかもしれません。

しかし・・・本当の問題から目をそらす傾向もあるのも事実です。

ネガティブはそれと違って問題や課題に目を向ける思考です。
ネガティブな思考には以下の3つのメリットも含まれています。

2-1.リスクヘッジ

ネガティブな思考は物事のリスクに目を向ける脳です。

つまり、「うまくいかない部分」「失敗したらどうなるかという部分」に目がいく思考ですね。

これはつまり自分に降りかかるリスクを見る力です。
この思考がないとリスクを無視して行動をおこして落とし穴に落ちる羽目になります。

リスクを把握するためにもこのネガティブ思考はときとして必要になります。

2-2.一歩立ち止まる力

ポジティブな思考が強すぎる人は、立ち止まらずに突き進んでいる時に興奮を覚えたりしがちですが、立ち止まらないといけない時もあります。

方向性が決まっていてリスクも理解した上での決断ならすぐにしたほうがいいです。

しかし、方向性も定まらずリスクも想像以上の決断をする際、うまくいかないパターンが続いている時などは一度立ち止まることも大切なことです。

ネガティブ思考は「ちょっと待てよ!」と一歩立ち止まる。
ということをさせてくれるためにも大切な思考です。

2-3.塾考する力

ネガティブな思考は物事を塾考する上では非常に効果的な思考です。

塾考をする過程では、「ああでもない」「こうでもない」「これをやったらこんなコトがおこるかも。」「じゃあこれは!?」ということをあらゆる角度で考えていくわけですから、ネガティブ的な思考はかなり使うはずです。

物事をあえて否定的な目でみる力というのは何かを本気で考える上では切ることはできません。

・・・と一見ネガティブ思考はよくないものだと考えがちですがこの思考法そのものは僕達が生きていく上では必要な能力でもあるのです。

しかし、現実はネガティブはよくない。

みたいに言われているのはなぜでしょう?

それは、あなた自身も周囲もその思考でよりよい人生を作れる気がせず
気分をあげていくことも難しいからなのではないでしょうか。

考えはうまくいかない方向ばかりになり
心の状態も不快感の方が大きくなる。

何をやってもダメ
どうしようもない・・
もうダメだ・・・

こういう状態が続いて仕舞えばたしかにネガティブ思考の恩恵はうけることができません。

では、一体どのようにネガティブ思考を生かしていけばいいのか?についてステップバイステップで解説をしていきましょう。

3.ネガティブ思考を改善・克服する3ステップ

それでは、ネガティブ思考のメリットを活用していけばいいのか?

ネガティブ思考をやめずに改善や克服をするためのステップを紹介していきます。

3-1.まずは心の状態を整える

ネガティブ思考そのものには実はそれほどデメリットはありません。

なぜなら、ネガティブ思考がなぜよくないように言われているのかというと、ネガティブ思考をすることによって不快な感情を感じてしまうからです。

このブログでも話しているように
不快な感情は脳や身体機能のパフォーマンスを低下させます。

つまり、ネガティブ思考と不快な感情がセットになるとネガティブなスパイラルに陥ってしまうのです。

だから、まずは自分の心の状態を快適な状態にする必要があります。

ここら辺に関しては、メンタルトレーニングの記事でいくつかワークを紹介しているのでぜひご覧になってください。ネガティブな思考に入る前にまずはこれらのワークをやって心の状態を整えていきましょう。

3-2.望むゴールを設定する。

心の状態がある程度安定している状態、心地よいこころの状態になったら
ネガティブな思考をいつもしているテーマについて望むゴールを決めておきましょう。

目標や目的ですね。

「何があれば心から喜べるのか?」
「何がおこれば自分は快くなるのか?」
「自分は何を望んでいるのか?」

を徹底的に考えていきましょう。

逆にネガティブな思考を最大限生かし「こんな人生は嫌だ!」という未来を思い描くのもいいです。逆にすれば望む未来になりますから・・・

このように自分が求めているものや避けているものを明らかにしていきましょう。ただ、ここで注意が必要なのは不快な感情が強くなったらまた繰り返すハメになるので、一度やめて一度心の状態をもう一度整えていってください。

3-3.本当の問題は何か?をみつける

望む未来、望まない未来をある程度イメージできたら次は本当の問題は何か?を見つける作業をしていきます。

ここでポイントなのが、あれがダメだこれがダメだ!と漠然と考えるのではなく本当の問題は何か?を探る姿勢です。

そして、

誰かや何か?

を問題にしてもいいのですが、最終的には誰かやなにかではなく「自分の何がこの現実を作っていくのか」「望む人生を妨害しているのか」を考えて生きましょう。

ポイントはあなたの一部分の何か?

を探すことです。

ネガティブ思考をすることで不快になるスパイラルに陥る人の特徴として、自分のせいにしたり誰かのせいにしてしまいがちな部分がありますが、それは他責や自責になって落ち込んでしまうだけになります。

ではなく、自分の一部をかえることによって望む未来に向かう道を探すのです。

本当の問題は「自分が誰にも嫌われたくないという気持ちだった!」
本当の問題は「自分がもっと自分の意見を言えなかったからだ。」
本当の問題は「物事を短絡的に考えがちな思考だった。」

というようなものが見えてきたらあとは簡単です。
本当の問題は誰かや何かにはありません。

それに誰かや何かを変えられることはできません。

だからって自分のせいにしてしまえば自分を責め始め落ち込むだけです。そうではなく、自分の一部分の思考や物事の受け取り方、物事をみる視点を変えるのです。

そして、解決するために行動をしてください。

何かが変わればあなたはネガティブなことが起こった時でも今度はそれをよりよい未来を作るためのツールとして使うことができるようになるはずです。

大事なのはポジティブな結果を忘れないこと

僕達人間はどうしたって嫌なことがあったり不安にもなればネガティブな事をどうしても考えてしまいます。

世の中にはいいことも悪いことも当然のようにあります。
何かを手にしようとすればリスクもあるのも当然です。

そんな中ではどうしてもネガティブなことを考えてしまうものです。

でも、大事なことはそのネガティブをポジティブな未来のために使うことです。

 

先ほども言いましたがネガティブな思考というのは

リスクを抑え問題を見つけ出す思考です。

 

だからこそ!あなたの望むポジティブな未来のために、そのネガティブな思考からうまれるものを一度でいいから自分の力でなんとかしてクリアにしてみてください。これを一度でもできるようになればネガティブな自分だっていいんだ!

よりよい人生を創るために必要なんだ!とおもえるようになるはずです。