無料E-bookプレゼント中

忍耐力あるなと感じた人10選|忍耐力の強さの最大の短所はコレだ!

打たれ弱い人もいれば打たれ強い人もいる・・
忍耐力が強い人もいれば同じように忍耐力がない人もいる。

今のこの社会を生きていく上では忍耐力はないよりもあったほうがいい。

というように言われています。

確かに忍耐力がないよりもあったほうがいい場合もあります。

ただ、これだけは言えるのは、

辛く苦しい日常を繰り返し生きる事に対する忍耐。

はできるだけ避けたいですよね。

なので一見忍耐力と言っても自分の人生を苦しめかねないような忍耐はそれほど必要ではないかもしれません。

できるならばあなたの人生をよりよくするための忍耐力をつけたいものです。

そこでここでは忍耐力が強いと思われがちな方々の実際のエピソードを紹介し、その上で忍耐力の強い人というのは一体どういう人なのか?そして、忍耐力というものは一体何なのか?どうすれば身に着けることができるのか?について解説をしてきます。

1.どんな状況でも前を向く強さ

私の主人はすごく忍耐強い人です。どんなに辛いことがあっても絶対に前をむきます。

自分の両親が癌で続けて亡くなったときも、自分ひとりで耐え抜くほどの強い精神力でした。凄く辛いはずなのに、仕事も最低限度しか休まず、働き続けていました。

今もどんなに辛い仕事も、過激な労働も、弱音一つ吐かないでやり通します。途中で投げ出すことはまずありません。

普通だったら愚痴が出たり、逃げ出したくなると思います。
自分にいいように解釈して理由をつけて逃げ道をみつけます。

このように忍耐強い人はどんな状況でも決してくじけることなく、自分の信念を貫く強さがあると思います。そして途中で諦めたり投げ出したりせず、しっかり最後までやりきる責任感もある人だと思います。

2.正しい対応をする店員

私が飲食店でご飯を食べていたときのことです。

食事をしているとなんだか騒がしいなと思って回りを見渡すと、40~50才くらいのおじさんが店員と揉めているのを見ました。

詳しい内容まではわかりませんでしたが、どうやら料理に異物が入っていたため、揉めているようでした。

ただ店員は謝罪とともに「代わりの料理をお持ちいたします」と言っているにもかかわらず、おじさんは文句を行っているようでした。

どうやらおじさんはお客様は神様だの意味は履き違えて覚えているような人のようでした。

おじさんの文句の矛先は異物が入っていたことからだんだんと対応している店員に移っているようでした。

はたから見ていると謝罪を繰り返すこと自体に怒っているようで、かなり理不尽でかわいそうな気分になったのを覚えています。
さすがに周りの客もざわざわしだしてきた頃に、真摯に対応してきた店員が「対応にご不満があるのであれば責任者をお呼びしますがいかが致しますか?」と、すばらしい対応をしたことで、さすがに大事にするのをびびったおじさんは文句を言うのをやめました。

自分であれば腹が立って暴言を言ってしまいそうな状況でもきちんと対応した店員さんの忍耐力はすごいなと思いました。

3.無で接する

一年前に会社の仕事場の人からいじめというか嫌がらせをされていました。

とにかく連絡事項は伝えない、仕事を押し付ける、避ける、目を合わせない、陰口と様々でした。

ただ、そんな状況でも私は同じレベルになりたくないと思い仕事は仕事と割り切って頭した。案外やられてもやり返さないところは忍耐力あるとおもいました。

精神的大人で自分をしっかり持っている人はどんな状況でも強いなと思っています。学生時代、部活でバレーボールをして先輩達に鍛えられていたせいでしょうか。

感情を持ってしまうとイライラしてなんで私だけと弱音が出てしまうとおもうので、ただただ無ですごしていました。そうしていたらその人を相手にするだけ馬鹿ばしいと感じることができました。

4.育児のイライラに必死に耐えているとき。

育児のイライラに必死に耐えている自分に対して、忍耐力強いなーと思います。

育児は、子供のお世話や泣き声、グズグズに耐えなければいけません。
子供のペースに合わせて生活していると本当にイライラします。

でもイライラを必死に耐えなくては、いけません。そんな自分に対して、忍耐力が強いなーと感じます。

忍耐力が強い人って我慢強い人だと思います。
いろんなことを我慢して忍耐力がつくのかなーと思います。

私も育児でたくさんのことや、イライラを我慢して、忍耐力がつきました。育児は、本当に忍耐力がつきます。イライラに毎日耐えて忍耐力をつけたのだと思います。忍耐力が強いのは疲れます。

でも子供がかわいいから頑張れます。

5.偉い

私の主人は、私の両親と一緒に同居をしています。

私自身、親とはあまり仲は良くないためよく喧嘩をして主人には迷惑をかけています。
そんなある日、喧嘩の最中に両親が主人のことを悪く言ったことがあります。

思いやりがない、気が利かない、だらしないなど悪口を言い始めました。

その時、主人は二階にあるリビングで寝ていました。

なので、聞こえて無かったかヒヤヒヤしていましたが両親の声が大きく聞こえていたのです。そこで私は責められると思ったのですが、両親を悪く言うこともなく逆に謝られました。

その後も、主人は普通に両親に話しかけていたのでその光景を見た時は主人のことを尊敬してしまいました。普通なら、萎縮したり腹が立ってもおかしくないのに忍耐力あるなーと感心しました。

6.上司から怒られても気にも留めていなかったこと

会社の同僚がミスをしてしまって上司から怒られていたのですが、全く気にもとめてなくてすごく普通だったのでこの人忍耐力強いなと感心してしまいました。

さすがにあれだけ怒られたらすごく気分が下がってしまいそうなくらい怒られていたのですが、全くいつも通りだったのでこの人はすごいと思ってしまいました。

忍耐力が強い人は、怒られたりしても引きずらずに立ち向かうことができる人だと思いました。

何事もポジティブに考えて行動できる人はすごく素晴らしいことだと思うし、忍耐力があってすごくいいなと思います。忍耐力が強いとストレスもたまりにくいだろうなと思うのですごく羨ましいです。その人を見習おうと思った出来事だったので、その人のことを尊敬した体験でした。

7.こんなに文句言われても切れない人

私の3年先輩の男性社員は営業の鏡のような人なのです。

もう、前職も含めて、営業経験が20年くらいになるそうなのですが、未だに現場でバリバリ働く営業社員なのです。

わが社の商品はある部品を扱っている商社なのですが、とにかく納期遅れや、不良品の返品などでクレームも多く、多くの社員がそんな対応に嫌気がさして退職する人も多いのですが、この先輩社員は別なのです。

先日も、長年付き合いのあるお客様なのですが、いわゆるクレーマーと呼ばれる位、いちゃもんを付けたがる人なのです。

そんな先方の社長が、どんなに怒ってクレームを付けてきても動じる事無く、理路整然と返答する姿を見ると、この人って忍耐力強いなぁって思うのです。

自分にはまねができませんね。

8.一人で4世帯分の世話に追われながらも堪え忍ぶ日々です。

今がまさに忍耐の時。お嫁に行ってるはずの娘3人が、それぞれの事情で自宅にいます。

長女は仕事の通い安さから、結婚していながら家を出て行きません。そして3女は旦那が単身赴任のため、一時的に住みついています。

4女は、離婚して現在就活中です。それだけではなく、ほぼ皆同時期に子供ができ、まるで家に3つ子がいる状況です。

私は仕事をしているのに、家に帰ると戦争です。

子供達を一人お風呂に入れれば、この子も、この子もと、よこしてくるし、ご飯も自分だけ食べているなんてできません。娘達も知ってか知らずか、「今日はご飯何にするの?」と聞いて、私が作るのを待っています。こんな状態がいつまで続くのかと思いながらも、自分の子を追い出すこともできず、堪え忍ぶ日々です。

9.継続は力なり

就職して一度も職を変えたことがない人です。

自分は、職を何度も変えたため、一度も職を変えたことがない人を尊敬します。

自分に向いていないのではないかとか、もっと条件が良いところに移りたいなど考える人はいると思います。

仕事が出張ばかりや、転勤が多い会社だと、家庭崩壊になるので辞める人が出てきます。
また、経営者が変わった時など、辞める人も出てきます。

給料が高いわけでもない、退職金もないのに、会社に居座る人は会社愛があるのかなぁと思います。

私は、好きなことをした方がストレスが溜まらず、努力を惜しまなくなるので、嫌な会社なら辞めます。
人生一度きりしかないのに、会社を変えずに継続できるのは忍耐力がある証拠です。

10.何度怒られても立ち上がって辞めない人。

この人は忍耐力が強いなと感じるのは、折れても折れても立ち直る人です。

私はどちらかというとポッキっと折れてしまうと元に戻るまで時間がかかったり、引きずってしまうのですが、忍耐強い人はすぐに切り替えて行動に移しているイメージです。

私の周りにも、仕事の関係で毎日のように叱られ、怒鳴られ、凄く泣いている子がいました。毎日のように怒鳴られていたので相当メンタルにはきていたとおもいますし、泣きながら帰っていたのも見ていたので大丈夫かな?と思っていたのですが、翌日にはすごく顔がすっきりしていて、はきはきと喋っていて引きずっていないので本当にすごいなと私は思っていました。

切り替えが早いのと、持ち前の明るさや自分に対する自信がすごく強いのかなと私は感じていました。

忍耐力の最大の短所

よく、今が忍耐力が必要な時期だ!とか忍耐力は大事だ!

というように何かに耐え忍ぶことが大事だという価値観を持っている人って結構多いですよね。

耐え忍んだ先に光がある。

みたいな感じでしょうか?

しかし、必ずしもそうなのかどうかは・・・わかりません。

耐え忍べば何かが見えるのならばいいのですが、耐え忍んで耐え忍んでいくことによって、心と体の疲労によって何も考えられなくなりただ日々を耐え忍びながら生きてしまう可能性もあるのです。

精神的な疲労はIQを下げるのは既に心理学の研究では定説ですが、そんな中で忍耐!忍耐とストレスをためればためるほど・・・よくわかりもしない未来のためにただただ耐え忍ぶ。

みたいなことになりかねません。

忍耐力の最大の短所はここです。

耐え忍ぶことで

身体
精神

のバランスを壊してしまう事。

だからこそ、自分が掲げている目標やゴールが明確な場合
自分にとって今やっていることが自分に適切なのかどうかを確認する場合

以外ではそれほど忍耐力は持たない方がいいかもしれません。

忍耐力がある人は過剰になりすぎると「自分が精神的にストレスを感じている」ことにも鈍感になってしまう傾向があるので注意してくださいね。

じゃないと後に大きな精神的な病気にかかる可能性もあるので、しっかりと自分のメンタルチェックはかかさないように意識してください。