新婚なのに喧嘩ばかり?!喧嘩を減らすための7つのヒント

永遠の愛を誓って、これから楽しい新婚生活♪素敵な家庭を築きたいな・・!

なんて夢みたいなキラキラ生活を想像していたけれど、実際ふたを開ければ旦那や妻と喧嘩ばかりで疲れてしまいますよね。

「私たちこんなに喧嘩ばかりして・・この先やっていけるのかな・・?!」

「結婚したばかりの新婚だと言うのに、こんなに喧嘩ばっかりじゃ1年ももたず離婚かも?!」

なんて不安な気持ちもこみあげてくると思います。

実は無駄な喧嘩をしないためには、

小さなことからゴールを決めて話し合い、そのゴールに向かうためにはお互いどう行動していくのか?

ということを繰り返し繰り返し行っていくことが必要となっています。

いったいどういうことなのか、さっそく新婚の夫婦に多い喧嘩内容を紹介しながらその問題に沿って詳しく説明していきますね。

新婚だけど喧嘩ばかりしてしまう夫婦は、いったいどんなことで喧嘩してるの?

新婚だけど喧嘩ばかりしてしまう夫婦はいったいどんなことで喧嘩しているのでしょうか?

実際に60名の方にアンケートをとってみたところ下記のような結果となりました。

アンケート調査の結果、共同生活(家事や仕事のこと)について喧嘩している新婚夫婦が過半数を上回っていました。

確かに、お互いに育った環境が違うので、いざ共同生活をしようとした時に

「あれ?これは〇〇するのが普通じゃない?!」

「△△しないなんておかしい!」

といった習慣などの違いがわかってきますので、それに関して喧嘩してしまうのはうなずけますね。

あとは

  • 夫婦以外の人間関係(友人、会社の上司・同僚、義両親など)
  • プラン(どこに行くか?どう分担するか?)について
  • 休日の過ごし方
  • 妊活について
  • お金に関すること
  • 性生活について

こういった内容で喧嘩してしまっていますね・・

もちろん、喧嘩の内容や質によっては喧嘩するとことが時には必要となってきますが、無駄な喧嘩やただお互い消耗するだけの喧嘩はなるべく避けたいですよね。

そこで各種喧嘩の内容について、どうとらえていけば喧嘩が減らしていけるのかについて一つずつ解説していきます。

新婚だけど喧嘩ばかりしてしまう夫婦に送る7つのヒント

1.共同生活の喧嘩

新婚,喧嘩ばかり

共働きでも片方が働いていたとしても、どちらにしてもそれぞれの行有無に関して直接的・間接的に協力をすることが理想です。

2016年のピュ―リサーチ(人々の問題意識や意見、傾向に関する情報を調査するアメリカの研究期間)の調査によると、既婚成人の56%が、家事を分かち合う事が結婚生活を良くするために非常に重要であると述べています。

というのも、これらの責任の大部分が一方のパートナーの重い荷となるとイライラが増え欲求不満の爆発となる可能性があるからです。

まずは、できる限り快適に二人で分担できるような話し合いができるようになるのがベストですね。

クローゼットを開けたら開けっ放し、お皿を洗ったらシンクが水でベタベタ、洗濯物の干し方が適当で上手く乾かないなど生活習慣の違いで私がいつもイライラしていました(ga8080ga/男性/30代/結婚歴7年)

旦那がとにかくマイペースで家事を頼んでも全然やってくれないこと。共働きなので家事を分担したかったから。(0607ihmr/女性/30代/結婚歴10年)

2.夫婦以外の人間関係に関する喧嘩

夫婦になると、夫婦関係以外との人間関係との境界線が大きく変わることになるので友人や両親との関係性も大きく変わる可能性が出てきます。

  • 詮索好きな両親
  • 家族以外の大切な友人

などなど二人の関係以外との人間関係も非常に重要です。

科学的に言えば両親との関係はそれほど重要ではありません。

しかし、友好な人間関係をもっているのならば互いにシェアしたほうが人生はより豊かになります。

「結婚したし、夫や妻に悪いから友人と遊ぶのはやめよう」

と思われる方もいるかもしれませんが、友好的な人間関係はストレスに大きく影響しますので、人間関係を断ち切るなどの制限をすることはオススメしません。

家族に関しては適度な距離のとりかたを選んだ方がいいですが、互いに歩み寄りながら決めていきましょう。

人の話を聞くのが嫌いだと言って私の話を聞いてくれない、もしくは興味ないの一言で話を終わらせる日々なのに、会社の女の愚痴は毎日仕事中もLINEでも聞いていて、さらにその理由が大事だからとのことでけんかになった。(kk.1993/女性/40代/結婚歴15年)

産んだばかりの赤ちゃんがいるのに急に飲み会、休日の予定も言わず1日いなくなる、飲み会の日のいびきと酒臭さと、育児への理解のなさから衝突しました。(morimori555/女性/20代/結婚歴2年)

プランについての喧嘩

新婚,喧嘩ばかり

夫婦関係は、

「男が仕事をし女が家事をする」

もはや、このような生きるために結婚をするような価値観ではありません。

現代の家族は

「共に豊かに協力して生きる」

というゴールに向かうプロジェクトだと捉えないと長く良い関係の維持は難しいのです。

そうやって捉えると、これまですべての新婚夫婦の喧嘩の原因は

  • 共にどんな人生を生きていきたいのか?
  • そこにどう向かうのか?

というプランの問題でもあるのです。

いや、プランさえ作らない事に対する問題かもしれません。

そもそも共に向かいたいゴールがなければ、いつまでたってもどこまで言っても夫婦喧嘩は互いを攻め合うためのものになってしまいます。

一方が我慢をし一方が欲望を満たすものになってしまうのです。

そうではなく共に向かいたいゴールを決めてそこに向かうために協力ができる関係を作っていきましょう。

結婚後に結婚式を挙げる予定で、色々とプランを考えてお互いに意見を出していたが、夫がだんだんしんどそうな表情になってきて「そんなに嫌なら結婚式はやめよう!」と泣いてしまった。夫は真剣に考えている時にそういう表情になるのだが、当時は一緒に暮らして間もなかったので、分からなかった。(cakmady33/女性/30代/結婚歴15年)

旅行に行く時など、私は結構ざっくりとしたプランでホテルだけ予約といった感じが多いのですが、相手は、何時何分のフェリー・電車に乗るから何時には家を出て、どのお店に寄る為に何時にはどこにつきたいといった感じでみっちり考えるので、何も考えてくれない等と出かける度に喧嘩します。(minchiku/女性/50代/結婚歴15年)

休日のすごしかたに関しての喧嘩

新婚,喧嘩ばかり

仲の良い夫婦であるほど、休日を共に楽しむようにしています。

しかし、日々の忙しさにかまけて生活をするためだけにパートナーがいるという新婚夫婦は現在の休日の過ごし方もともに楽しめていません。

そういう夫婦の場合、もし、子供がうまれたとしても子供との時間さえ充実しないものとなります。

なので、新婚だからこそ、これからのために共に一緒にいる時間を楽しめるようにしましょう。

休日は、ただ休むのではなくリフレッシュをしたほうが仕事に活力を与えてくれるはずです。

しかし、多くの夫婦は休日をどこにいくべきだ?という圧力をかけがちです。

それでは休日もリフレッシュなんてできませんね・・。

そうではなく共に楽しめるプランを喧嘩をすることなく作れるようになりましょう。

新婚だったのに夫が仕事で忙しく、休日にあまり2人で遊びに行けなかったことで険悪な雰囲気になりました。 休みの日は寝ているか釣りが多く、何のために一緒にいるのかわからなくなってしまいました。 紆余曲折ありましたが、現在の仲は良好で、あまり喧嘩もありません。(るかこ/女性/30代/結婚歴11年)

休日、妻と共に過ごさないと怒られた。今では考えられない事ですが、仕事が休みで友達と遊びに行ったりすると鬼のような形相で怒られた事がありました。(K.Tominaga1/男性/30代/結婚歴5年)

妊活の関しての喧嘩

新婚,喧嘩ばかり

もしかしたら、あなたは子供を産んで夫婦ではなく家族になる時期や方法などを打ち出していないかもしれません。

  • (特に女性は)早めに産みたい
  • 両親のために子供が欲しい
  • 旦那との関係に不安があるから
  • 結婚してからの将来が見えないからまだ子供はいらないかな・・
  • 経済的に不安を抱えているからもうちょっと待ちたい

などなど、「産みたい側」と「まだいいや側」がいるのは、

  1. いつ
  2. どの順番で
  3. 何をクリアすればいいか?

がわかっていない場合が多いです。

家族療法士のスペンサー・ノーセイ氏によると

「夫婦間の大きな決断をするときにはタイムラインをきめないといけない」

と言います。

子供を産むということはライフスタイルをのものを大きく変える事につながりますからね。

そのため、互いに望んで育てるためにも妊活の問題もしっかり議論をしましょう。

夫のほうが子供が欲しいと言っていたのに、妊活に積極的ではなかったからです。 夫が夜勤のため時間が合わず、タイミングをとるために起こしてと言っても起こしてくれなかったりしました。(es0530/女性/30代/結婚歴10年)

お金の喧嘩

新婚,喧嘩ばかり

「お金が最も重要ではない・・」これは確かですが「お金がなければ家族と過ごすこともできない」これも真実です。

夫婦になればお財布は半分こになりますのでお金の話は必須になります。

新婚夫婦だと家を買うとかもあるかもしれません・・。

とくに日本ではお金の話はするべきではないという考えがありますが、この思想がお金の話をしにくくさせているのかもしれませんね・・。

確かに議論は難しくなります、でも二人のお金を1つにしてそのお金について透明性があることは非常に重要なのです。

数字をしっかり会話することができなければ共に生活を豊かにするための計画も、守るための計画もすることはできません。

家族は1つの会社と同じです。

共にその使い道を話せないのであれば倒産するかのごとく夫婦も終わりをむかえてしまうかもしれませんよ。

夫は独身時代に貯金をそんなにしておらず、結婚してから真面目に貯金をやり始めました。なので、お金に関する価値観が違い、結婚式の準備ではお金のことで揉めました。(オガテツ/女性/30代/結婚歴3年)

勝手に夫の会社で貯めているはずの財形をおろされていました。 二人で家を買うために貯めよう、と話していたのに気がついたら50万円ほど夫が勝手に使っていました。(mayuttonn/女性/20代/結婚歴2ヶ月)

性生活の喧嘩

新婚,喧嘩ばかり

夫婦関係になると性生活のことはついて回る問題です。

  • 性生活がないとオカシイ
  • 性生活がなくても構わない

このどちらの価値観もありますよね。

しかし、長期的に性生活を漫喫することはカンタンではありません。

実際、多くの夫婦が結婚1年目に性生活の問題がおこり、それに対してカウンセリングセラピストのカート・スミスは

「性的なニーズを満たすことができず身体的・感情的な距離を生み出している」

と言っています。

あなたが性生活に問題を抱えているのならば、これはかなり一般的であるため心配する必要はありません。

性生活を拒否する人はわざわざ向き合って相手を傷つけて対立をするよりも、性的な関係を拒否することが簡単であると判断しています。

だからあなたが傷つくことを恐れずに問題と向き合えるのかが解決の鍵になってくるはずです。

私は性欲が強い方ですが妻はあまり好きではない方です。ですので、一週間に何回するかについて少し話し合いがなされました。結局妻のいう2回ということで決まりました。(たかし/男性/20代/結婚歴3年)

それでも喧嘩はするでしょう。

しかし、このままただただ喧嘩をしていても

  • 責めるか?責められるか?
  • どちらが悪くて、どちらが正しいのか?

から抜け出せないままですよね・・。

これでは夫婦関係は一向に進化していかず、むしろ悪い方向へ進むばかりです。

そうならないためにも、先ほど紹介した7つのヒントを参考に実践していってください。

とは言ってもいきなりは難しいですよね・・。

なので、まずは小さなところからスタートしてみてください。

  • どこに出かけるのか?
  • どうやって楽しむのか?

というところからでも共にゴールを決めてプランをねって実行をしていきましょう。

最初からうまくいくことはないかもしれませんが、これから先にくるありとあらゆる問題を共に乗り越えるためにも、じっくりゆっくり互いの関係を育んでいってみてください。

これを繰り返していって、小さなプロジェクトを乗り越えられる夫婦になっていってくださいね。

応援しています。