【再発防止】旦那の浮気を許すための8つの条件

夫婦のレシピ
レピ子
旦那の浮気を許すのはいいけどただ許すのは嫌だ!・・でもどんな条件をつければいいんだろう?

と悩んでいませんか?

確かに浮気をしたのならば二度と同じようなことのないように条件は付けた方がいいです。

夫婦のレシピ
レピ子
そうなんだ!じゃあキツイお仕置きをしよう!

確かにそれもありです。

ですが、、そんなものはあなたがまじで許せなくなった時に裁判で戦ってコテンパンにしてやればいいだけです。

それよりも、どんなお仕置きをしてやろうか?!と考える前に大事なことは

  • 旦那が自発的に浮気しようがない関係を作る事
  • より快適な夫婦関係を築くこと

この2つです。

そんな中で「罰を与えよう!」としても関係に溝や亀裂がただうまれるだけなのでおすすめしません。

だってどうせ罰が与えるのならば「よりよい関係」になるようにした後の方がダメージが強烈になるんだからそっちの方がいいですよね(爆)

とはいってもそもそも浮気は心の殺人とさえ言われているぐらいなので、精神的に許すことって難しいものです。

なので、ここでは現実的に「もう二度とおこさない事を条件」にすることによって許すためには何をすればいいのか?について解説していきます。

旦那さんの浮気を許す人の割合は?

旦那さんに浮気された経験をもつ主婦の方にアンケートをとったところ下記のようなアンケート結果となりました。

旦那,浮気,許す,条件

  • 許せないから別れた・・34.8%
  • 許した・・30.4%
  • 許せないけど結婚生活は続けている・・30.4%
  • 許したいけど許せない気持ちがある・・4.3%

浮気を許すことって気持ち的にとても難しいのはすごくわかるので、『許せないから別れた』が一番おおいのは納得の結果かなと思います。

夫婦のレシピ
yui
ちなみに私も旦那に浮気されたのですが「許した」というより浮気事件があったことに感謝をしています。これはちょっと変わったパターンかもしれません(苦笑)

旦那さんの浮気を許す人の理由と再犯率

旦那,浮気,許す,条件

このブログの監修をしているメンタルトレーナーのアリコは浮気された方のセッションを100組以上しています。

アリコによれば、実際に浮気された方をセッションしていると「経済的な理由」で離婚ができない、それ以前に浮気をする前から旦那さんをお金としてしか見ていない・・それによって浮気に至ったケースもかなり多いとのこと。

つまり、旦那さんに対して『お金を稼ぐ道具』として見ている側面がとても多いのです。

夫婦のレシピ
yui
浮気をされて許す理由も「経済的な理由」なので、あるいみ旦那さんの存在に対して一貫していますよね。

もちろん、中には「浮気をしても互いの関係に対する信頼は失われたわけではないから離婚しない。」という人もいました。

ただセッションした方は圧倒的に経済的な理由が多く、またランサーズでの浮気された経験をもつ主婦の方の声も「経済的な理由」がとても多かったです。

ランサーズの浮気された主婦の方の浮気を許した理由

 

easyryugakumm
(30代/結婚歴7年)
子供が3人もいるために経済的に離婚できない

 

etonoha
(40代/結婚歴10年)
子供がこれから生まれてきて私もすぐ働けないから、お金。

アンケートでも経済的な問題があるから婚姻関係を続けるしかないという声が多かったです。

旦那さんの浮気を許すための条件を作ろう

夫婦関係,修復

実は、浮気を許したケースで旦那さんが再度浮気をする確率はどれくらいなのかというと、一度も浮気をしたことがない人に比べて3倍高くなると言われています。

夫婦のレシピ
レピ子
え・・!?まじ・・?!また浮気なんて無理だんだけど!!

そんな方は「許すための条件となる契約」を旦那さんと結んだ方がいいです。

Wired forLoveの著者であるDr.Stan Tatkinは、浮気を許すための条件に互いに合意ができるかどうかが重要としています。

「絶対に浮気をしない!」とどれだけ言ったとしても思っていたとしても・・そして、たとえ今浮気をしていなかったとしても100%絶対に浮気が存在しない!ということはありえません。

だからこそ、条件に互いに合意するような契約を結ぶことをおすすめします。

では、どのような条件を作ればいいのか?そのために参考になる海外の夫婦セラピーなどで使われているいくつかの条件を紹介していきましょう。

よりよい関係を築くためにシェアをする

浮気に対する最善の対策は、決して相手に罰を与える事ではなく「良好な関係を構築する事」です。

私たち人間のニーズが肉体的にも精神的にも満たされているのなら、他の異性を探すことに興味が薄まります。

そのため、あなたがあなたのパートナーを満たしているのか?を調べましょう。

そして、あなたの満たされないニーズも知って互いに幸せでえあると感じるために必要な状況を互いにシェアをしてください。

共に新しいことに挑戦する

共に何か新しいことを一緒に行うようにしましょう。

私達は変化がなくなると飽きが来て他の方法を使ってニーズを満たそうとします。

ある意味で浮気は最も手っ取り早い刺激的なニーズを満たす方法です。

家庭は慣れるとルーティーン化してしまい味気ないものになってしまいます。

そのため、共に本を読んだり旅行に行ったりバンジージャンプなどをしたり新しいものに共に触れてください。

信頼関係を構築しながら刺激的なニーズを満たすことによって浮気のニーズを減らしましょう。

理解しあう時間を作る

言われてみると当たり前のように聞こえるかもしれません。

しかし、多くの夫婦やカップルは長く一緒にいるほど相手をわかっていると思いがちですが、実際の研究によるとほとんどの夫婦やカップルは恋愛当初で40%だったのが、10年経過するとたったの20%しかわからなくなるというデータが出ています。

これは人は変化をするという事と理解していると思い込んでいることからうまれています。

なので「今日あった事」「考えた事」「感じた事」をシェアする時間をとることはとても大切なことなのです。

嫉妬・束縛をしない

嫉妬は気持ちの話なのでまだいいですが、嫉妬の気持ちを持つと相手の浮気を疑いの目を向けてしまいます。

束縛になると相手をしばりつけてしまいます。

そうなると相手は委縮をし警戒をし、さらに疑いによって浮気のイメージを強めてしまいます。

恐怖や脅威によって旦那さんを動そうとすると余計に関係は悪くなってしまいます。

それならば逆に「一緒にいたいと思える」ほうの時間を増やしましょう。

快の縛りを使って不快の縛りはやめましょう。

夫婦関係の目的を作る

  • 共に新しい場所に旅をする
  • 一緒にお店をやる
  • オイシイ野菜を育てる
  • 最高の夫婦を作る

このように、なんでもいいので共に共通の目的を持ってください。

ただ、できる限り互いが求めているもので共通の目標や目的を作ることが望ましいです。

そして互いにその目的・目標に向かって貢献します。

夫婦は協力関係です。

そのために一方が犠牲をしいて、もう一方が何もしないと、何もしない方は自己肯定感が下がってしまいます。

そのため、互いが互いのために働きかけられるものを作ってください。

恐れとか罪悪感を抱えるよりもずっと対立を防いでくれるはずです。

浮気する機会をゼロに近づける

これはできる限り旦那さんのほうから発案させてあげてください。

「確率が限りなくゼロ」になるまで浮気する機会をなくすのがポイントです。

例えばスマホを2台持って仕事用とプライベート用に分ける。

プライベート用は家に置いておいて仕事用のアプリは仕事のみにしてWifi環境でしか使えなくする。

ここでのポイントはあなたが監視するためじゃなく、旦那さんがしなくてもいい状態を作る事です。

他にも仕事終わりに連絡するなどありますが旦那さんにいくつか案を出してもらってよりよい案をつくっていきましょう。

ただ、100%できない状況は無理ですから完璧を求めないように。

ユーモアをとりいれる

セックスについて、自分の空想、欲望など。自分の思いや気持ちを相手にブツけるのではなく率直に話しましょう。

喧嘩をするのではなくオープンにあらゆることを話します。

そしてユーモアを取り入れて一緒に笑いましょう。

共に笑い合える夫婦であるほど自分の気持ちにオープンで知人や友人を共有し、タスクも共有していてユーモアにあふれているから仲がよくなります。

あなたの体験を話してください。
一緒に映画を見てみてください。
ちょっと恥ずかしい事をシェアしてください。

そういった日常が互いに興味を復活させることにつながりキズナを深めてくれるはずです。

最後には必ず笑い合う!という条件は非常に重要です。

罰を作る

次浮気をしたらどうするか?どうなるのか?も決めておきましょう。こ

こはあなたのさじ加減だと思いますが、よりよい関係を築いていきたいと思っているのならば、

夫婦関係がよりよくなり

でも旦那さんが避けたいと思っている

あなたも安心できる

罰ゲームを設定していきましょう。

例えばカウンセリングに行く。とか副業をして月に一回旅行に連れていくとかですね。

もし、あなたが一度しか許さないと決めたのならば「離婚をする」でもいいでしょう。

そもそも現代では一人の人と一生涯を共にする。

という価値観では対応できない社会になっているので離婚も1つの選択だと思いますし、逆にリスクが見える化しているほうが互いに努力ができるの「もし、次やったら」は考慮にいれるべきです。

「何をしても別れない。」

これは互いに互いの関係に一切コミットできない関係になって共依存になりかねません。

さいごに

旦那の浮気を許すための条件に付いてお話してきましたが感情的に考えたら「そんな罰を与えなくていいの?」と思われるかもしれません。

もちろん罰を与えたいのならば与えればいいです。

でも、そんなことをして旦那さんの居心地を悪くしてしまえば、もしかしたら・・・「そんな縛るくらいならばもう離婚する!」と言われるかもしれないしどれだけ縛っても窮屈になって浮気を繰り返すこともありえます。

浮気の再発防止は・・旦那さん自ら浮気しにくくなる選択を選ぶことですから。

あなたがどうこういって縛っても再発するものはしますので。

そして何よりもあなたの旦那さんへの信頼はどんどん低下するだけです・・それならば互いの信頼関係を深めていく選択をしたほうが絶対にいいです。

だから、是非、「良好な関係を築くための」行動を条件にしてください。

そして・・・あなた自身もこの条件を満たせるようにしましょう!!