本気度チェック!旦那の心の浮気を見破る4つの方法

夫婦のレシピ
レピ子
ただ単に遊びの浮気ならまだいいけど・・本気だったら?
夫婦のレシピ
レピ子
浮気は許せないけど本気ならもっと許せない!どうやって見破ればいい?

旦那さんが浮気をしているのはわかってる・・

それだけでも辛いかもしれませんが、それが本気ならば考えなければいけない事がもっと増えますよね。

では、その本気かどうかを判断するためによく考えられがちなのが

体の浮気か?心の浮気か?です。

とは言っても、体の浮気ならばわかりやすいかもしれませんが心の浮気は目に見えな見えないので非常にわかりにくいです。

ですが、高い確率であなたの旦那さんの浮気は・・・体の浮気です!

なぜなら、2020年の終わりに実施されたRelishRelationship Reportによると、回答者は

  • 23%が本気の心の浮気
  • 21%が肉体的
  • 55%が一時の心の浮気

このような浮気の経験しているそうです。

このことから、浮気の本気度を測る「心の浮気」であると旦那さんが思っていたとしても、大体は「体の浮気」と変わらないということがわかります。

だから安心してください!というのも変な話ですが、と、はいってもあなたの旦那さんの浮気が実際どうなのかは知りたいところですよね。

そこでこの記事では

  1. 本気度の高い心の浮気とは何か?
  2. そして男の浮気というのはどういったものなのか?
  3. 意外な旦那さんの浮気の本気度を計測する方法

この3つについてシェアをしていきます。ぜひ参考にしてください。

浮気の本気度が高い「心の浮気」とは?

浮気,本気度

一般的な浮気の定義は、他の異性に心を移す事と解説されていて「気」という漢字が使われてるように具体的な行動がどうのうゆうのではなく気持ちが重視されてる言葉です。

そうなると他の人をちょっといいと思った程度で浮気なのか?欲情したことが浮気になるのか?と言われたらこれは人それぞれ基準があるわけです。

だからわかりやすいように浮気とは大体が体の浮気(セックス・キスをする・手をつなぐ)というのが一般的な浮気と定義されています。しかし、そんな中で浮気の本来の意味。

・心が浮ついて移り変わりやすいこと
・他の異性に心を移すこと

が心の浮気の意味になっている場合が多いです。

よく、心の浮気は体の浮気よりも罪が重い!許せない!と言われています。しかし、一般的な浮気の基準が違っていて色んな種類があるように実は心の浮気にもパターンがあるのです。

男と女の心の浮気の違い

浮気,本気度

基本的に男女の浮気は違うものだという事はよく言われていますね。心理学や生物学・脳科学的にそもそも浮気そのものの動機が違うのです。

先ほどの浮気の2つの意味に当てはめてその違いについて説明しましょう。

男の心の浮気は「移り変わる浮気」

生物学的に言うと男性は「沢山の遺伝子を残す」という本能を持っています。その理由はシンプルで女性のように自分のお腹から出てくるわけではにので、どうしても自分の子供だということがわからないからです。

そのため、遺伝子を確実に残すためには「数を増やす事」が必要になってくるわけです。

しかし、脳科学的に男性の脳は1番と1番以外のものに全く違う脳を使う性質があるとも言われています。なので男性の浮気というのは、本命とそうでないものを別に考える傾向があるのです。

つまり結婚している旦那さんの浮気というのは・・

結婚したあなたが圧倒的1番
それ以外の女性は別物。

として捉えているのです。

しかし、これを女性視点から見ると「コロコロ移り変わる浮気」と見えるわけです。しかし、それは別物なのです。

では、女性にとっての浮気とは何かというと・・

女性の心の浮気は「心を移す」

男と違い女性は、子供を産んだら1年間は全く遺伝子を残す活動はできません。そのため女性は「優秀な遺伝子」を選定をするようにできています。

そのため、女性にとっての浮気というのは
「よりよい遺伝子の男が現れた」
というわけですから完全に乗り換えるのです。

男性は同時並行・女性は乗り換えという感じです。

そのため、女性にとっての浮気というのは”心を移す事”だと捉えがちなのです。そのため、基本的に女性から見たときにそれが体の浮気であろうが心の浮気であろうが「心の浮気」だと捉えてしまう人が多いんですね。

男と女の心の浮気の違いからわかる旦那の心の浮気

浮気,本気度

心理学や脳科学・生物学的に見ても男性の浮気は基本的には「本命以外に種をまこうとする本能的行動」です。

この浮気に対する認識の違いが男女の浮気の受け取り方の違いになります。

だから

  • 男性は女性の浮気を許す確率が女性よりも高い
  • 女性は男性の浮気を許せない確率が男性よりも高い

というデータがでるのです。

そのため、あなたにとって旦那さんの浮気が心の浮気だ!と感じたとしても必ずしもそうではない可能性があることは覚えておきましょう。

「心の浮気は危険だ!」「心の浮気はダメだ!」

とは言いますが、そもそも男性の見方と女性の見方の違いそのものが勘違いを生み出す可能性があるので・・アナタから見たら「心の浮気だ!」と決めつけるのはもしかしたら早いかもしれないのです。

僕はこれまで色んな浮気の相談にのってきたのですが、男性の浮気が本気に変わるのは、もともとは本気ではなかったというパターンが多いのです。

しかし、下記の図のように

 

 

旦那さんのほうの話や、相談者の過去の夫婦関係を聞いていくと夫婦関係そのものが浮気相手との関係の方が圧倒的によかった。という場合が多いのです。

つまり

  • 現在の夫婦関係に圧倒的な不満を抱えている
  • 浮気相手との関係がこれまでにないほどの喜びを得ている

のどちらかによって浮気相手が本気に変わったというのがほとんどだったりするのです。

では、一体何で旦那さんの本気度を測るのがわかりやすいのか?

それは、あなたと旦那さんとの関係を振り返ることが一番確率の高い計測方法だということです。

旦那さんの浮気の本気度(心の浮気)を計測する方法

浮気,本気度

では、一体何で旦那さんの本気度を測るのがわかりやすいのか?それは、あなたと旦那さんとの関係を振り返ることが一番確率の高い計測方法だということです。

もちろん、それ以外のパターンもあるかもしれませんが最も典型的な旦那さんの本気度を計測するための心の浮気レベルを紹介していきます。

旦那さんの人格を否定・批判

もし、旦那さんの人格を否定したり批判したりするようなコミュニケーションがヒドイ場合、旦那さんは「そもそも自分は何の価値もない人間だ」と思いやすいくなります。そんな中で「あなたのおかげで・・」「あなたの〇〇は本当に凄い」というような人格肯定をされれば当然ですが肯定的に見てくれる人に意識が向きます。

「すごーい!」「素敵~~!」みたい軽い感じのご機嫌取りは瞬間的に燃え上がって冷めるパターンが多いです。そうではなく尊敬されているのならばありえる可能性が高いです。

・喧嘩を否定や批判からはじめ、最終的に否定や批判で終わる。
・子供に対して旦那さんの否定や批判をしている。
・旦那さんの意見や主張を頭ごなしに否定・批判をする
・何かあるごとに人格否定をしている。

優位な立場にたって旦那を軽蔑

旦那のほうがロクでもなくて自分の方がしっかりしている。旦那が下で自分が上というようなコミュニケーションをとり、更に軽蔑をするような態度をとる場合。

「嫌い」というメッセージを伝えているのと同義です。自分のことを嫌いだと思っている人間と共に過ごせるほど人は強くはありません・・・そんな中で「あなたと一緒にいたい」と言われれフェアな関係を作れる女性がいれば、自分が存在している価値を強く感じるものです。

そのため心の浮気の本気度は当然あがります。

しかし、あなたとの関係においてあなたが過剰に上から目線で関わればと共にいる意味を感じられるわけがありません。もし、浮気相手が「下てにたってご機嫌取り」をするような浮気相手の場合は一過性の感情である可能性もあります。

・事あるごとに自分のほうが優れてる・旦那は優れていない話をする
・旦那さんが何かをしたときに冷めた目(軽蔑)で見る(態度をとる)
・友人や子供など周囲の人に旦那が下で自分が上アピールをする
・あんな人になっちゃダメよみたいな事を子供に言っている

 

拒否や無視をする

人間関係でも夫婦関係でも、一人の時間を作ったり互いにとって好きでいられる距離感を保つことは確かに重要です。しかし、存在していないようなものとして会話をしない。

旦那さんが何かを言っても無視をしたり、触られたときに拒否をするなど生理的に拒否をし「ばい菌」のように扱えば・・当然ですが旦那さんは「いてもいなくてもいい存在」であると受け取ります。

そんな中で頼られたり興味をもって話を聞いてくれる女性が現れれば・・・「この子のためにいるんだ。」と思いやすくなり本気度があがっていきます。

・性的に拒否をするキスやボディータッチも拒否をする
・洗濯ものを一緒に洗わない・飲み物などをシェアしない
・旦那さんが話していても無視をする
・旦那さんの存在をいないものとして扱う

受動的攻撃や自己防衛をする

たとえば旦那さんがあなたに対して、痛い所を指摘されたりしたとき。はたまた攻撃しているのではく意見をただ言っている。そういう時に被害者的な立場をとったり過剰に下手に出る。

これは受動的攻撃と言います。

「ちょっと俺はそれ好きじゃないな。」程度しか言われていないのに「ヒドイ!」と被害者妄想。「ごめんなさい!」と下手に出るようなことをすることフェアな関係ではないといういい例です。

これは旦那さんをイジメ側にし自分自身をイジメられてる側。
という状況を作る攻撃になりかねません。

・旦那さんの指摘を「それはあなたが〇〇だから」と相手のせいにする
・説明しているのに、ちょっと怒ってそうならすぐに謝る。
・問題解決を提示せずに謝るだけで何も行動しない。
・気に入らない事があればヒドイとか言って被害者側に回る

 

結論:本気にさせないようにする

さていかがでしたか?ちょっと意外ではありませんでした?本気度を測る方法のそのほとんどが「あなた達夫婦間の関係性」ばかりだと思います。

そもそも男の浮気というのは女性とは質が違います。

男が本気になっていく最大の理由は「あなたが旦那さんの味方側にいない」状態で「浮気相手との共闘」が強くなってしまっているからであるのが最大の理由なのです。

なのであなたが浮気についてどういう結論を出すのかは別にして「別れさせたい!」のであるのならば、本気にさせないように関係構築をするのが一番ベストかなと思います。

結論・・男はやはりバカだったってことです(笑)