無料E-bookプレゼント中

まずは行動・言葉から変えていこう!自分が嫌いな人がしがちなアクション4選

自分が嫌いな人ってあんまりよくない・・・

みたいに言われがちですが、自分自身の人生の責任をしっかりと自分で負うという意味では全然いいことだし自分の嫌いな部分とかなおせばもっと魅力的なあなたになる事もできるのでそういう意味で自分が嫌いなのは全然いいことです。

しかし、

自分が嫌いで嫌いで仕方ない。

と本気で思って落ち込んだりしていることを繰り返していると・・

その自分が嫌いなエネルギーが伝染をしてしまいかねません。

かくいう僕自身も昔は自分の事が嫌いで嫌いで仕方ありませんでした・・・

では、一体自分が嫌いという感情はどこからやってくるのか?

これがわかれば、どのように自分のことを好きになればいいのか?ということもわかってくるはずです。

そこでここでは数ある自分の事が嫌いな人のエピソードを紹介した上で自己嫌悪になるメカニズムを解説していこうと思います。

1.私なんて・・・と自己否定をする言葉の多い人

自分のこと嫌いなんだーと思う人の特徴は、私なんてという、自分を否定する言葉が多いです。

育児の話をしていると、私なんて全然何もできなくて嫌になります。
というような話をします。そういう言葉を聞くと励ましてあげたくなります。

私にもそういうところがあります。自分のことが嫌になるのって誰でもあると思います。

でも自分の好きなところもありますよね。

だから励まして、自分の事嫌いにならないでほしいと伝えます。

こんなに良いところがあるよと励ましています。人間には、悪いところもあればよいところもあるから、よいところを見てあげたいなーと思い、励ますようにしています。自分の事嫌いでも、私は、あなたのこと好きだよと伝えて励ましています。

2.勝手に自分が傷つく解釈をする。

自分のこと嫌いな人の特徴は自尊心が低くて傷つきやすいと思います。

誘いを、たまたま断っただけなのに、
「本当は行けたはずなのに、私の誘いだから断った」
と勝手に解釈しておこる。

LINEをちょっと既読スルーしただけで、嫌われていると解釈して怒る。

口癖が、「私なんてもうどうせ結婚できないし、友達みんなからハブられているし」とか、自虐ネタが多い。フォローして、励ましても言い返される。こっちが何を言っても満たされない。それなのに、毎日のように、弱音、愚痴が止まらない。

自分のことを嫌いな人は、傷つきやすいから腫れ物を触るような接し方をしないといけないし、気を使いすぎて疲れる。うかつに冗談も言えない。自信満々なのもどうかと思うけど、自信ない人と一緒にいるとこっちも元気がなくなってくる。

3.反応が薄く言葉に冷たい。

自分のことが嫌いだなという人は大体すぐわかります。

というのもそういう人の特徴としては他の人と自分への態度がかなりかわるからです。
中には嫌いなのを隠すのが上手い人もいますがほとんどの人は表情や態度が普通とは違います。

私とその人が一対一で話すときがわかりやすいです。ちょっと怒ってるかなと思うくらい顔が怖くなり、こちらが話しても反応が薄いです。また言葉も冷たいことが多いのでそれ以上は会話がなくなります。

そういう人とはこちらが嫌われるとわかれば距離をとりますが、どうしても話さなくては行けなかったり二人きりになってしまった場合はかなり居心地が悪いです。誰でもいいから第三者をいれないと息がとても詰まってしまうほど空気が重くなります。

4.どうせ私なんか・・・というネガティブな言葉

会社にパートのアラフィフの独身女性がいます。髪は長くボサボサ、服はヨレヨレ。見るからに幸が薄い感じがします。表情も暗い。人生諦めた感じの人です。

唯一の趣味が貯金という寂しい女性。

会社で飲み会があった時、その女性も参加していました。
その場はすごく盛り上がって、みんな楽しそう。

しかし、その彼女は隅っこにぽつんと下を向いて座っていました。

たまたま私は隣に座っていたので、「楽しんでますか」と話しかけたら「どうせ私なんかといてもつまらないでしょう、いない方が盛り上がるでしょう」というネガティヴな言葉ばかり。その時、自分のことが心底嫌いなんだな。と思いました。

ネガティヴな人と一緒にいると気持ちが暗くなっていきます。

行動・言葉を変えれば本当に変わる?

さて、ここでは自分の事が嫌いな人がしがちな行動や言葉を紹介してきましたが、自分が嫌いだから〇〇をする。

というのも確かですが、これって周囲にも
「この人自分の事嫌いなんだろうなぁ」
と伝わるんですよね。

だから、自分を嫌いになるのをやめましょう!!

と言っても無理ですよね。

じゃあ、どうすればいいのか?

好きなところを探すとかもいいですが、それらも効果はどうしても難しかったりしてしまいますよね。
これまでの思考の癖や感覚の癖はそうはなおりません。

そこで最も簡単なのが、、、

「自分が嫌いだから、、自分が嫌いな行動や言葉をする」

という考え方を真逆にしてみて「自分が嫌いな行動や言葉」をやめる。

ところからスタートしてみてはいかがでしょうか?

そしてできるならば

「自分の事が好きになる行動や言葉」

をやってみるのもオススメです。

このように、行動や言葉を変えるところからやってみると少しずつでも変わっていく可能性があるので自分の事を好きになるためにちょっとでもやってみてください。少しでも変わればラッキーですよ!!