夫婦仲が改善しない理由~夫婦円満を脅かす3つの選択肢~

円満夫婦になりたいなぁ!
夫婦円満の秘訣を知りたいなぁ!
新婚当初のような夫婦に戻りたいなぁ!

と思っているあなた。

そう思っているのならば、きっとあなたは今の夫婦関係になんらかの違和感を感じていたり問題を抱えているかもしれません。

より強くなんとかしたい!

と思うほど焦ってしまいますよね。

そういう時ほどついつい誤った選択をしがちです。

たとえば、

1.夫婦仲を悪化させる人に相談する
2.カウンセラーやコーチに相談する
3.小手先のテクニックを実践する

もちろん、これが100%間違ってる!

というつもりはありません。

しかし、9割以上これらの選択肢を誤って選んでしまっていてより夫婦関係を悪化させてしまっているのです。

もしかしたら・・

既にこの選択肢を選らんでいるかもしれません。

でも大丈夫です。

この記事を読むことによって誤った使い方をせずに夫婦円満になる方向にもっていくことができます。

夫婦仲を悪化させる人に相談する

「そんな人私の周りにはいない。」
と思うかもしれません。

確かにあなたの身の回りにはあなたの味方担ってくれる人が多いでしょう。

しかし、「あなたの味方」である人のほうがあなたの夫婦関係を悪化させる人である可能性が高いです。

特に”敵味方思考”の人は悪化させます。

このタイプの人は、あなたが夫婦の悩みを相談したとき

きっと、

「わかるぅ~!酷いよねぇ。あなたは悪くない!相手が悪い!」

というようにあなたの味方になってくれるでしょう。

それは別にいいです。

しかし、同時にあなたのパートナーのせいにしています。

つまり、

・あなたは正義
・相手は悪


というようにしてしまっているのです。

実際その人はあなたの事を思ってはくれています。

「そんな酷い旦那(妻)とは別れた方がいいよ。」
「そんなことするなんておかしいじゃん!」
「常識を知らないだけよ!」
「本当に男ってそうだよね!」
「本当にあなたは頑張ってるよね!」


と。

あなた側の意見しか聞かない中での相談なので仕方ないのですが、素人の場合は大体そうなります。

あなたの気持ちは楽になるでしょう。

自分は間違ってない!正しい!

と思えますからね。

しかし・・・・夫婦仲はより悪くなるだけです。

なぜなら、これはあなたが正しくて旦那(妻)が悪いという思い込みを強化しているだけなので、対立は激しくなるだけです。

・余計にイライラしたり
・憎しみが増したり
・旦那(妻)と争ったり
・相手の間違いを指摘し
・皆そう言っていると責め立てる


と余計に夫婦仲が悪くなるのです。

これは

・弁護士
・探偵


なども一緒です。

別にこれらを使うことが悪いとは言いませんが、注意が必要なのは彼らは「あなたの味方」であると同時に「旦那(妻)の敵」という形を作ってしまうのです。

「もう、夫婦仲が悪くなって争い続けたい!」

とおっしゃるのならばそれもいいです。

しかし、夫婦仲を改善したいと思っているのならば、この選択肢は非常に危険です。

【注意】占い師やスピリチュアルも注意
占い師やスピリチュアル系の人達も注意が必要です。「あなたのここが悪いのよ!」「あなたはそういう宿命なのよ!」というような人達もいるし、逆に「あなたが悪くない」という方向に持っていく人もいます。どちらにしてもこれはどちらかが悪い思考になってしまいます。

カウンセラーやコーチに相談する

そして、よくいる夫婦カウンセラーやコーチなど。

私達も原因を見つけるカウンセリングはやっていますが、先ほどの対立関係を作る人よりは、カウンセラーやコーチに相談をしたほうがよさそうですよね。

確かに、それはそうです。

彼らは、あなたのことを肯定してくれる環境を用意してくれて質問をしてあなたが日常では考えもしない質問をあなたに問うてくれます。

それが気付きになる事も確かにあります。

少なからず旦那(妻)の悪いところは言いませんからね。

しかし、カウンセラーやコーチが

・ただの肯定だけしかしない場合。
・根本的な原因を特定できない場合。
・あなたに感情移入しすぎてしまった場合。

は夫婦関係が改善することはありません。

これはカウンセラーやコーチのスキル次第で決まってしまいますが、ほとんどのカウンセラーやコーチがこの3つのどれかを行ってしまいます。

大事なのは夫婦関係が改善すること。

夫婦仲がよくなることですよね。

だからこそ、これらのカウンセラーやコーチにはお願いをしないほうがいいです。

ただ、誰を選んだとしても敵対関係を作ることはそうはないのでお願いしてみるのは全然ありです。

ただ、

・気持ちが楽になる。
・自己肯定感があがる。

だけですからね。

結局のところ解決につながる原因を見つけない中でカウンセリングをしてもコーチングをしても改善することはありません。

対策としてできることは、

・悩みや問題を明確化すること
・理想の夫婦関係を明確にすること

この2つです。

私たちはここから丁寧にカウンセリングをしているのですが、ここがハッキリとしないとカウンセリングやコーチの質がどうしても低下してしまいます。

ただ肯定されるだけの環境だけでは現状維持をただ続けるだけになるので夫婦仲は悪くはならなくてもよくなることはそうありません。

小手先のテクニックを実践する

よく、ネット上でも
「この方法を使えば夫婦円満になります!」
という情報が転がっていますよね。

もちろん、心理学などを参考にした方法が多いのでこういった方法が効果がないとは言いません。

「どうすればいいの?」
「どうしたらよくなるの?」


という疑問をお持ちのはずですから、そういう状態の方からすればテクニックや方法論は知りたいですよね。

しかし、これ注意が必要です。

なぜか?

夫婦関係の構築は短期的な関わりではないので、小手先であるほど使えば使うほど嘘であることがバレてしまうからです。

例えばですよ。

「感謝をしましょう!」

というのがノウハウとしてあった場合。

それを確かにその通りだ!

と思ったあなたは、

「いつも仕事ご苦労様。ありがとう!」
「いぐもご飯作ってくれてありがとう!」


と伝えたとしましょう。

しかし、それまでの間に相手がやってくれたことに対して文句ばかり言っていたのが突然感謝をしはじめることになります。

するとどうなるか?

「なんか怖い・・・」
「何か裏があるんじゃないか・・」


と警戒されるはずです。

更に言えば、私たち人間は夫婦仲が悪い人達は感情的になりやすい傾向があります。

そのためうまくやりきれないのも事実です。

思ってないのに伝えても嘘臭くなってしまうのです。

夫婦関係はスポーツに近いです。

同じようなパフォーマンスを一定出せないと試合に勝てないように、知識だけでなく「心・体・技」がそろわないといけません。


だからどうせ方法論を学ぶならば、

・相手と自分の状況を考えて
・自分の心の状態を整えて
・簡単にできるところから練習して


試してみることをおすすめします。

日常から何も考えなくてもできるくらいまでに習慣化して行えるようになれれば方法論も続ければ効果はあるなずです。

最後に


私達は何を選択するか?を常に迫られています。

夫婦関係も一緒です。

だからこそ、あなたにピッタリの選択をしてもらうために、この記事ではよくなりがちな夫婦仲を改善するためにとる選択肢。

それぞれの弱点について話しました。

もし、あなたが夫婦関係を破滅に導きたい。

そう思うのならば

・自分は悪くないと言ってくれる人に相談をする。
・相手と対立をせざるおえない専門家に相談する。
・愚痴を言い合える友達をもっと増やす。
・慰めてくれるカウンセラー的な人に相談をする。
・小手先のテクニックで対処療法でごまかす。


ということをやってください。

それがあなたの望んだ関係を作ってくれるはずです。

しかし、あなたがもしそうではなく円満夫婦になるために夫婦仲を改善したいと思っているのならば、注意点を守るかそれ以外の選択を選ぶことをおすすめします。

広告