なぜ?妻に関心がない夫が引き起こす問題と原因とは?

「うちの夫、、、私(妻)に関心がないんですがそれってなぜ?」
「僕(夫)ある日突然妻に関心がなくなったんですけど・・なぜなのでしょうか?」

一般論では妻が夫に関心が亡くなるというのはよく聞く話ですが、逆に夫が妻に関心がない、というのは珍しいように思うかもしれません。

特にこの記事を読んでいる妻の方ならそう思うでしょう。
夫の方が読んでいるのならば自分自身に疑問を抱くかもしれません。

しかし、その理由はシンプルに妻以外の何かに気を取られてしまう状況にいる可能性が高いです。

妻が夫に関心がないのとはちょっと質が違います。

そこでここでは、夫が妻に関心をいだかなくなった理由だけでなく、そこから引き起こされる問題についても解説をしていきたいと思います。

妻に関心がなくなると夫はどうなるのか?

旦那,妻に関心

付き合ったばかりと同じく、結婚した最初は楽しいと思っている人が多いです。

しかし、結婚式で誓った永遠の愛はだんだんと関心がなくなっていきます。

結婚生活の関係性は保つことのほうが大変なのです。

そして9割以上の夫婦は互いに感謝し合い・信頼し合うことを忘れて、どんどんバラバラになっていくのです。

  • 子供が産まれてから・・
  • 子供が大きくなるほど・・
  • 転職の必要に迫られると・・
  • マイホームをかうと・・

などなど、環境はコロコロ変わるわけです。

特に女性は子供が産まれると体も心も別人のようになりますよね。

外見も変わるし優先順位も変わる・・・そしてやることも変わっていくのです。

よく恋愛感情は3年で冷めると言われています。

しかし、この結婚してからの変化というのは「男から見たら実体験」のないもので他人事のようなものなのです。

子供を産むわけでもないし環境が変わるわけではありません。

旦那が関心を失うのを一言で言うのならば「変化」なのです。

そして、その変化を夫が興味をもっていないから、他人事になって関心が薄れていった場合が多いのです。

  • 自分への優先順位が下がっている
  • メンタルの不安定さによる自己効力感の低下
  • 身体的な変化に対して女性として見れなくなった
  • 子育てにフォーカスする事で母親として見るようになった
  • 二人の時間をとることができない。

などなど、変化に対して協力しあう関係ができていない夫婦であるほど夫は関心を失う傾向が高くなるのです。

共に何かを乗り越えた関係でないとこれはなかなか乗り越えることはできないものです。

夫があなたに関心がなくなるとどうなる?

旦那,妻に関心

性格に言えば、あなたの旦那さんがあなた自身に恋愛感情のように興味や関心を持っている必要はありません。

しかし、あなた自身とのコミュニケ―ションをとらず報告も連絡も相談もない中では・・・

当然ですがあなた自身に大きな影響がおこりえます。

  • 自己肯定感が低下し
  • ストレスがたまりやすくなり
  • 否定・批判的になり
  • どんどん関係が悪化し
  • 浮気をしやすくなったり
  • 金遣いが荒くなったり
  • 過食・拒食気味になったり

してしまうのです。

そのためまずは旦那さんが妻への興味を失った理由をしって当てはまりそうなものに対して対処をしていきましょう。

夫が妻への興味を失う8つの理由

旦那,妻に関心

あなたの旦那さんが妻であるあなたに関心を失うのには、ある程度の兆候があってその問題を特定して取り組むことによって、彼らの失われた関心を復活させることは不可能ではありません。

夫婦関係は赤ちゃんを育てるように日々の習慣です。

子供を育てるようにコツコツと関係を育んでいけるような環境を作っていきましょう。

あなたの幸せの責任を勝手に負っている

「僕はあなたを幸せにします!」とか言いますが、本人出ない限り本人を幸せにすることはできません。

しかし、それでもやはり「幸せにしたい」と思うのが男でもあります。

でも、そうは思っていてもあなたが幸せでなさそうな状態を常に見ていて職場では求められたりすると。

そちらを優先し始めたほうが旦那さんの自尊心は保たれるはずです。

だからこそ、あなたが幸せな状態でいることは旦那さんにとっての幸せでもあるのです。

あなたが見られる側であることを忘れている

これは結構多いかもしれません。人は年をとります・・そして女性はライフスタイルが代わり責任も代わりストレスも感じやすくなります。

そして、それはあなたの外見でさえも変えてしまうかもしれません。

自分のお世話をしている暇がなくなりますから・・下手すれば一日中パジャマで生活しているかもしれません。

もし、旦那さんが見栄えを気にするような方ならばそんな見た目の変化を見て女性として見れなくなっている可能性もあります。

コミュニケーションが成り立っていない

一日の間に会話が減った。愚痴しかいわず旦那さんの話を聴かない・・・仕事で何があったのか?いいことはあったか?一緒にどこにいくのか?などなどをシェアしないと当然ですが何を考えているのかもわからなくなり関係は離れていくものです。

「言わなくてもわかるでしょ!」「言わなくてもわかってほしい!」は無理なのです。

また、仲のいい関係というのは過去の思い出の記憶が一致しているという傾向があります。

それは常に思いで話しをシェアしているからです。

そういったコミュニケーションが成り立っていないとあなたと話を楽しいと思えるようにならないのでただの独り言の言い合いになってしまっている可能性があるでしょう。

感謝の割合

どれだけ褒めるよりどれだけおだてるよりも、自尊心を満たすのは感謝の言葉です。

男は基本的に誰かに感謝することをしない傾向がありますが、まずはあなたから小さな感謝をしていきましょう。

時々より大きな感謝をしましょう。

何に感謝をしているのか?どう助けられているのか?それによって自分はどう感じたのかを感謝していきましょう。

旦那さんが無関心になって離婚した女性は感謝をせず後悔してる人が多いです。

旦那さんが自分に関心がないと思っていたが決して気に欠けなかったり愛してなかったということではなかったのです。

ただ感謝がないならやっても無駄だろうと判断しただけだったのです。

だから夫のやってくれていることや思いやりに感謝をしていきましょう。

しつこくする

男性は女性と向き合う力をつけたほうが夫婦関係はうまくいく傾向が高いのですが、、ほとんどの男性は向き合い続ける力を持っていませんし、あなたにそうさせることはできないのです。

もし、あなたが同じような内容のマイナスな側面の会話を延々と続けているのならば・・面倒くさいと感じるのです。

否定的・批判的な思考をしつこくしていくとどんどん近寄りがたくなっていってあなたへの興味を失ってしまうでしょう。

そうではなく、信頼して頼ることのほうがずっと旦那さんは力になってくれるはずです。

友人や親戚などの前で旦那の愚痴を言う

もし友人との食事の時、親戚との関わりの時に旦那の愚痴を言うのはやめておいたほうがいいでしょう。

ただの愚痴は広がり旦那さんは知らず知らずのうちに察知をするのです。

本人聴いてないから・・と思われるかもしれませんが想像以上の害があります。

その愚痴はあなたの態度に現れ周囲の旦那さんを見る目に変わるのです。

夫婦はそもそもフェアな関係です

旦那さんを自分よりも下に見て下げていると距離は遠くなるし警戒をするのは当然でしょう。

優先順位が変わった

もし、あなたにお子さんが産まれて育てているのならば、、、きっと夫よりも子供の方が優先順位が高くなっているはずです。

実際に産んだ子供ですから血の通ってない旦那よりも大事になってしまいますよね・・子供は分身・旦那は他人なわけですから。

しかし、本来は二人の子供なはず。

つまり優先するべきなのは本来は旦那さんとの関係で、その関係によって共に子供を育てていくのがベストです。

しかし子供を優先してしまう。

人生とはバランスです・・・あなた達夫婦は子供の幸福につながるので、そのためには夫婦関係を築いていくことから考えてそこから子育てを共にしていきましょう。

優先順位はすごい大事です。

この優先順位が子供が一位になった瞬間に、旦那の優先順位が一気に低下してあなたの態度や行動に現れるのです。

ストレスの多いライフスタイル

あなたの緊張はあなたの家庭全般に浸透します。

特に子供に影響があって、その子供の影響は旦那にいきます。

そして・・・それは仕事に影響をおこしたり浮気につながることもあるでしょう。

確かに主婦業は凄い大変です。
365日24時間営業です。

だからこそストレスを感じるわけですが、上手にそのストレスと付き合っていかないと家族全体にストレスを与えてしまう可能性があるので、上手に休みましょう。

誰かにサポートを依頼して夫と二人の時間を使うのもいいでしょう。

あなたの夫が関心を失った時どうします?

さて、もしあなたの夫があなたに関心がなくなっている理由は見えてきましたか?

当てはまるものはありましたか?では、今すぐ何をしていけばいいのでしょうか?

少なからず距離を近づけるために少しずつ当てはまるものから改善をしていってください。

その前にまずはあなた自身が人生を楽しみましょう。

そして、興味のあるものを探して一緒にやってみるのも効果的です。

あなたに関心を抱いてもらうのではなく「互いの関係」に関心をもってもらえるようにしましょう。

恋愛のころとは全く違う関心になるかもしれません。

しかし、夫婦間の関心は恋愛の関心とは違うものであり、ずっと維持していけるように工夫をしあっていくものですから楽しくやっていきましょう!!