夫婦喧嘩で離婚の危機!謝っても許してくれない現象がおこる5つの理由

「どれだけ謝っても旦那(妻)が許してくれないんです。ひどくないですか?こんなに謝ってるのに!きっと私は恨まれているんですよ。」

という人かなりいます。

旦那や妻が怒っているから謝る。
自分が悪いことをしたから謝る。
傷つけたから謝る。

などなど、夫婦でなんらかの喧嘩があったから夫婦関係をよくしたいと思っているから謝る・・でも、謝っても謝っても全然許してくれない。

確かに、喧嘩は長引かない方がいいですよね。

空気も悪くなるしストレスになってメンタルもやられて人生終わったみたいに考えてしまいます。だから、もしあなたが謝っても許してくれないのならば、そのパートナーとか離れたほうがいいかもしれません。

そもそも、謝って許してもらおうとすること自体意味がないですから。

「え?こんなに必死に謝ってるのに意味がないってヒドイ。」

と思うかもしれません。でも、例えばですよ。

あなたの友人があなたの財布の中にある10万円を盗んだのに気づいて10万円は返さず謝るだけをしていたらですよ。「いやいや、その前に10万返せよ!」ってツッコミいれませんか?10万円返されても友人付き合いはできないですよね?

もし、あなたが夫婦喧嘩で謝っても許してもらえないならばこれと同じ感覚で取り組むべきです。

許してもらうためには5つのやるべき事があるのです。

これがわかれば謝っても許してくれない理由がわかるだけでなく、許してもらうためには何をすべきか?がわかるはずです。

そして、もしこれでも許してもらえないのならば「相手にとってそれほど大きなものか。」「夫婦関係そのものがもう終わってるか?」「あなたをコントロールしたいだけの相手なのか?」の3つしかありません。


また、この理由の中では夫婦関係を構築する上で、あなたの人生をより充実したものにするためのノウハウもお教えしますので、是非最後までお付き合いください。

どうせ誰かと関わるならば謝ってばかりでいると自信なくしちゃいますよね。

それならば笑って許してもらえる関係を作りたいですよね。

今回の記事が一人でも多くの夫婦喧嘩によって謝っても許してもらえず負のスパイラルから抜け出せない人を救うキッカケになれば嬉しいです。

それではまいりましょう!!

自分のどの行動で怒ってるか理解してない

パートナーが怒っているから・・即座に謝る人がいます。

しかし、これはそもそも自分のどの行動・言葉が相手を怒らせているのか理解できていないと言っているようなものです。

そもそも怒っているから謝る。

のはそもそも違うのです。

だから、まずあなたが最初にするべきなのは、あなたのどのような行動や言葉が相手を怒らせてしまったのか?を知る事です。

ここを知らずに謝っても「とりあえず謝ればいいと思っている。」という状態になってしまいます。

だから

「〇〇な行動が怒らせた要因。」
「〇〇という言葉が怒らせた要因。」

この〇〇に当てはまる言葉や行動は何か?
をまずは知らないと何も始まらないのです。

ここがわかっていないのにイキナリ謝っても意味がありません。逆にこれがないのに謝れと言ってくるような人は関わるべきではありません。

そのため、まずは知る事。

そのために聞いて一体何が怒りの根源にあるのかを知りましょう。その場を収めるためだけの謝罪は今すぐやめましょう。

とりあえず謝るをすると、もしあなたが一切悪くないような場合に謝ることになるのであなたをコントロールしたいと思っているパートナーは大喜びであなたをイジメてくるかもしれません。

まずはワケを知る。そこからいきましょう。

パートナーの気持ちや状況を理解していない。

どんな行動をしたから・・ということを知ってもそれによって一体どんな問題があるのか?どんな気持ちになっているのか?も知りましょう。

これは2つの意味があります。

・パートナーの夫婦関係以外の処で嫌な事があって怒ってる。
・本当にアナタの行動が相手に負担をかけてしまって怒ってる。

このどちらかを知るためです。

そもそもあなたがやった行動はあなたにとってはよかれと思っていた事だった場合。

「〇〇をしたからキレた。」

となってもあなたからすれば理解できない場合もあります。

そうなると「相手の為にやったのになんでこんなにキレられないといけないんだ」とどうしても喧嘩腰になり謝っていても反発心みたいなものが残るのです・・。それによって夫婦の溝や亀裂はより深まるのです。

だから、一体どういう気持ちになったか??
どういった状況だから嫌だったのか?

を知りましょう。

特に男性はこの気持ちの部分が抜けがちです。

ただ単に「ごめんね」というのではなく「ごめんね。不安にさせて・・・」という感情に謝罪する言葉を付け加えるだけで「わかってくれてるんだ。」と奥さんはなるのです。

旦那さんに謝るの場合は状況を考えるといいでしょう。

「あなたが毎日仕事でクレーム処理でストレスをためて帰ってきたら今度は家のクレーム処理だもんね。ごめんね。」

となれば「理解してくれているな。」と感じるのです。

状況や気持ちを理解していないと「なぜ?」がないのでどうしてもとってつけた謝罪になってしまうため、ここも理解するために聞きましょう。

パートナーの損害を低く見積もっている

なぜか多くの夫婦は、自分と相手を一緒だという勘違いをしています。同じ考えや同じ価値観を持つべきだという考え方を無意識にもっているのです。

だから多くの夫婦は価値観の不一致で離婚をしています。


しかし、どんな夫婦もそれぞれ生まれも育ちも遺伝子も違うので当然価値観だって違うわけです。

だからどうしてもパートナーの
怒りの損害を低く見積もりがちです。

家事で手伝ってくれない事に対するイライラの損害は低いとか仕事で毎日接待をしているから楽だとか・・とうやって相手の抱える問題をどうしても甘く見積もってしまいます。

でも、毎日のイライラはループストレスというかなりやっかいなストレスだし行きたくもない接待に言っているのならお酒はおいしくないだろうし・・というちょっと損害を大きく見積もった方がいいです。

じゃないと、相手の怒りを聞く姿勢は持てません。

謝罪も雑になります。

そのため相手の怒りの原因となる行動や気持ちや感情は多少大きく見積もった方がいいです。

極端に言えば「離婚さえありえる」

というくらい重くとらえておくくらいがいいでしょう。

もちろん、喧嘩の内容にもよりますが・・・ちょっと大きめに見積もることによってパートナーの話をより聞こうとするはずです。

自分の何がそれを引き起こしたのか分析しない。

解決策を提示できていない。

 


などの問題を3ヵ月で解決することができるその理由とケーススタディーを紹介した動画の視聴は下記をクリックしてください。しかもそれを、、、・パートナーを変えるために無理に関わることなく
・自分や相手を責めることなく
・自然とパートナーが変わっていく3ヵ月で夫婦の問題を解決しなくなることをお約束するとしたら…そしてその問題を乗り越えることによって、互いに認め合い尊重しあい協力し合い感謝をしあえるような夫婦関係になることもできるとしたらどうでしょうか?

あなたは今すぐその秘密を知りたいですか?知りたいのならば下記をクリックして動画を視聴してください。

その秘密の本質に触れることができます。

広告