妊娠中に旦那が浮気をする確率と理由…そして対策法5つ

「よく妊娠中に旦那さんが浮気するとか言うけど大丈夫かな?」
「友達の妊娠中に友達の旦那が浮気してたことがわかって…なぜ男性は妊娠中に浮気するのさ?」

これまで浮気をするとは思っていなくて付き合って結婚した方でも、妊娠中に浮気をする旦那さんは浮気するというような事が言われていますね。

確かに妊娠中の浮気は確率があがりはします。

でも、それをただの性欲!と決めつけるのは早いかもしれません。

それに、意外と妊娠中の態度によって浮気を防ぐこともできたりするのも事実です。

そこでここでは、

  1. 妊娠中の浮気の確率
  2. 妊娠中に旦那さんが浮気をする理由
  3. 妊娠中の浮気を防止するための方法

この3つについて解説をしていきましょう。

日本ではあまり触れられていない情報も含まれているのでかなり役立つはずです。

妊娠中の浮気の確率は?

 

 

心理学者のロバート・ロドリゲス(What’s Your Pregnant Man Thinking?の著者)によると、妊娠している妻をもつ旦那さんの10%が浮気をするとされています。

他の研究でも妊娠をキッカケに浮気をする確率が跳ね上がると言われていますし、実際に、このサイト独自のアンケート調査でも旦那さんに浮気をされた女性の〇〇%が妊娠中に浮気が発覚したというデータが出ているんです。

ただ、これは判明した数での計算となるので実際にはもっと多い事が予測できます。

こうやって見てみると

夫婦のレシピ
レピ子
あんたが子供を産んだら死んでしまうくらい大変なのになんで浮気なんかしてるんだよ!これだから男は!

と思ってしまうかもしれません。

確かにその気持ちはよくわかります。

しかし・・・

妊娠中に浮気をする潜在的な理由は?

妊娠中,旦那,浮気

そもそも男性は女性の立場になることはできません。

どれだけ知識をいれても体感がなければ、人は本当の意味で大変さも凄さも喜びもわかりはしないわけです。

夫婦のレシピ
レピ子
でも、こっちが大変な妊娠中に浮気しなくても・・・!

と思うでしょう。

確かに先ほどの数字を見ると妊娠そのものが浮気と密接に関係しているのも確かだと思います。

では、その理由とはなんでしょうか?

それは「準備なく突然の役割の変化」に要因があると言われているのです。

例えば、これまでは当たり前だったものがなくなり新しい事が増える、などの「自覚なく環境が変化をしていくのについていけない」ということが起こってきます。

具体的には

  • 女性は妊娠中に性欲低下をするため性的な関係がなくなる。
  • ホルモンバランスの変化により身体的な魅力が低下する。
  • 子供を守るために旦那さんに大しての警戒心が少し高まる
  • 見た目の変化や体調の変化による遠慮がおこる
  • 潜在的にあなたとの心理的な距離を感じやすくなる

などなど、ホルモンバランスなども安定している旦那さんからすれば奥さんが「別人」のように感じてしまうのです。

ノエル・ビターマンは、第一子の出産は旦那さんにとってほとんどの場合は「禁欲の期間」につながること強く言っており、そのため肉体的な接触が減り、キスも減ってしまいます。

それによって感情的なつながりも失われることにつながり浮気する可能性が高まるとされているのです。

しかし、実際は性的関係をもつこともキスやボディータッチをすることも可能な時期は存在するし、アプローチ次第で性的欲求を感じることもできます。

そうやって考えると本当の原因は「互いの知識不足」にあるかもしれません。

妊娠中に旦那が浮気しないようにやっておきたい対策法5つ

 

ではいったい旦那が妊娠中に浮気しないようにするためにはどうしたらいいのでしょうか?

その対策法は5つです。

  1. 身体の変化に対してよけいな心配をしない
  2. 性行為について医師に尋ねましょう
  3. 二人で赤ちゃんを産むことを再確認する
  4. ココロとカラダの健康を目指す
  5. 妊娠、産後時の浮気の兆候囚われすぎない

身体の変化に対してよけいな心配をしない

調査によると女性は妊娠を機に自分の体の変化にともない自信を失う傾向があり、性的な関係を控えてしまいます。

それによってセックスの回数が減り、感覚を忘れてキスさえもしなくなる可能性があります。

そうなんです、必ずしも男性側が拒否するわけではないのです。

多くの男性は妊娠中でも性的な関係をもちたいと思っていて、逆に性的な関係を結んだ方が子育て意識が高まり、あなたに対して気遣いができるようになるとセラピストのアパルナは言っています。

もちろんセックスでなくても裸で抱き合う・キスをするなどでも大丈夫です。

旦那にどう思われるのか?という不安を抱えず身体的なかかわりをもちましょう。

自信を無くす必要はありません。

性行為について医師に尋ねましょう

特に日本は性に関して隠す傾向が高い国です。

そのため、妊娠中のセックスについて医師に相談をしないため、妊娠中の性生活の知識がわからないままになります。

そのため、結果的に妊娠=禁欲となってしまうのです。

もちろん、それはあなたのお腹にいる命を守ろうとする本能からくるものなので、ネットで調べて知識は知っていても実際のところはどうなの?と思ってしまいます。

だから、安心・安全だと互いに思えるようになるために産婦人科で聞いてみてください。

性行為についてたずねることはとても勇気がいることですし、恥ずかしいと感じることでしょう。

なので「主人が安全なら性行為をしたいと言っているのですが、しても大丈夫でしょうか?」と聞いてみましょう。

二人で赤ちゃんを産むことを再確認する

妊娠をすれば、誰だって赤ちゃんが産まれるんだ!ということは確認できると思われるかもしれません。

お腹が大きくなるにつれて見た目でわかるわけですから、「わかるでしょ?」と言われたらそのとおりです。

しかし、旦那さんは先ほどもいったように妊娠出産に対する実感がありません。

そして赤ちゃんを産むことを望んでいる欲求の大きさも違います。

もしあなたが「めちゃくちゃ産みたい!」と思っているのに対して、旦那さんが「産まれたら産まれただな」と思っているのなら、その欲求の乖離が対立を生み始めるのです。

多くの夫婦が旦那さんの感情を考慮せず子供を産みますが、これが産まれるまでの協力に大きく影響を及ぼします。

そしてその協力が少ないと浮気につながりやすくなるのです。

心で互いに思っていても言葉にすることはすごく大事なことなので、赤ちゃんを産みたい気持ちを確認し、産まれたらどうしたいか?どうなってほしいかなどをシェアしてみてください。

ココロとカラダの健康を目指す

とは言っても、実際に旦那さんと性的関係を持ちたくない!触れてほしくない!」というようになったり、鬱傾向になったりすることもあります。

ホルモンバランスが安定しないので精神や肉体に影響を及ぼしてしまうのです。

ですが、産まなければならないし産みたいから頑張って日々を生きるのですが・・それはそれで精神と肉体を病むことにつながります。

そうならないように、カラダとココロを健康的に保ちましょう。

ココロの健康とは、不安をもたないようにしたり、葛藤を処理したりすることです。

自然に触れて緑をみて癒されてください。

健康的な食事をし、より体にいいことをしましょう。

今後、下記のような症状が出てくるかもしれません。

  • 倦怠感
  • 睡眠不足
  • 性欲減退
  • 授乳疲れ
  • 母乳育児
  • 産後うつ

なので、ストレスをためず体にいいことを徹底してください。

妊娠、産後時の浮気の兆候に囚われすぎない

妊娠をしているかどうかにかかわらず、浮気の兆候な大体同じです。

  • 香水の香りが服に残っている
  • LINEばかり見ている
  • 帰ってくるのが遅くなった

・・こういったことですよね。

でも、浮気を恐れるくらいなら自分を大切にして、その上で旦那さんとのいい関係を作ることに集中しましょう。

それが結果的に浮気防止になるはずです。

最後に:もし、旦那が妊娠中に浮気をしたら…

それはただの性欲でしょ?

と思うかもしれませんが、そもそも恋という感情の本質は性欲であるという結果が科学的に出ています。

そのためアナタから見て恋みたいでも、その本質はただの性欲でしかないのです。

許すか許さないかはあなた次第。

しかし、結局どちらにしても「旦那さんとの強いキズナのある人間関係」を作ることにフォーカスをあてるのが最もベストな解決策であることは間違いありません。

なので、旦那さんと強い絆のある人間関係をつくることに力を注いでいきましょう。