本当に自信がある人の10の振る舞いと行動

「あれ?この人本当に自信あるの?」と思った事。
「自分の自信って本当の自信じゃない気がする・・」と思った事。

はありませんか?

「もっと自信をもって!」というのならばまだしも「とりあえず自信のある素振りをしろ!」というように、ことあるごとに自信自信と言ってくる人がいる中でも何か違う・・・

はたまた自分が自信があると思っていたり自信のある素振りをしていて何か違うと感じたことはないでしょうか?

もし、そうならばその感覚は正解かもしれません。

なぜなら本当の自信というのは、決して素振りでも自信を持てよ!とアドバイスをするような人ではないのですから。

「じゃあ、どういう人が自信がある人なの!?」

と疑問に思われるかもしれません。

そこでここでは、本当に自信がある人がやっている行動を10個紹介していきたいと思います。この記事を見ればあなたは本当に自信がある人というのはどういう振る舞いをしているのか?その行動がわかると思います。

そのままやってみるだけでもあなたも本当の自信が手に入るかもしれません。

余裕があり落ち着いている

余裕があり落ち着いている

本当に自信がある人は、日常から精神的に余裕をもっているため落ち着いています。そして、落ち着いている人は感情ではなく理性的に選択をするのです。

本当に自信がある人は自分の感情をコントロールできるので、パニックになる確率も低いし、一瞬余裕がなくなってもすぐに取り戻すことができるようになります。

もちろん、彼らもあなたと同じ人間です。

感情的な痛み(辛さ・苦しさ)を感じる事はありますが、本当に自信を持っていない人は受け止める事ができず何も行動をおこしませんが、自信のある人は受け止めて行動に移すことができるのです。

彼らは過去自分自身が何らかのことを乗り越えて最善の行動をしてきたからこそ、今回はどう対処をしようかを落ち着いて余裕をもって考え行動をおこせるのです。

本当の自信をもっている今の彼らさえもともとは余裕があったわけではありません・・・しかし、沢山の余裕がない体験をしてきたからこそ今それができるようになっているのです。

簡単に気分を害さない。

簡単に気分を害さない。

余裕があり落ち着いているということは・・・本当の自信をもっている彼らは精神的に安定していて感情的になることは少ない。

ということは、誰かの攻撃や迷惑的な行動に対して・・
簡単に気分を害するようなことはありません。

彼らは本当の自信を手に入れるまでに、気分を害してイライラしても、相手に対して攻撃的になったとしても、武勇伝を語ってマウントをとろうとしても何の問題も解決しないし目標を達成できないことを知っています。

それどころか・・・

逆に否定や批判をするような人が自分に自信がないからこそしているのだということを理解しているので、そういった人に寄り添うくらいの余裕がある人もいますしただ距離をとるような人もいます。

しかし彼らは知っているのです。

自分の気分は自分で選んでいたほうがずっと自分の人生をよりよくしやすいということを。

権威との接点がある

権威との接点がある

どの業界でも、どの会社でも、どのチームの中でも権威となる人がいて権威のある人には知識と経験があります。

そして、知識や彼らの経験を知ることは自身の源になる。

ということを本当に自信のある人はわかっているのです・・・ハッキリ言って知識は力です。知識を知っているのか知らないかだけで人生の絶望から脱出することだってできるし、可能性やチャンスだって見つけることができるのです。

そのため、本当に自信のある彼らは権威との接点を持っています。

実際に人と接点を持っている場合もあれば、書籍などから彼らの情報に触れ素直に学ぶ事によって自信の支えとなる情報を仕入れているのです。

他人を応援し祝っている

他人を応援し祝っている

本当に自信のある人達は、嫉妬が力に変わる事を知っていて自分よりも自信をつけていく人達を応援するほうが自分の自信につながることを知っています。

そのため、彼らは誰かの成功を応援し彼らが失敗をしたとしても乗り越えることを応援しています。

それは本当に自信のある彼ら自身が失敗から学び成長をし成功を手に入れて心から喜んだ経験があるからです・・・

そしてその過程で誰かに励まされ応援された経験があるからです。

だから、彼らは誰かの為、自分のために他人を応援する習慣をもっていて皆で勝とうとするのです。それとは逆に嫉妬をし妬みバカにしても自分の自信が失われるだけだということを彼らはなんとなくわかっているのでしょう。

決断をします。

決断をします。

多くの人が失敗をしミスをし自信がつかないままの最大の要因は優柔不断です。いつから始めるか?何を断つのか?何をまずするのか?を決めないままで現状維持を続けていると自信はどんどん失われていってしまいます。

何も進まないわけですから・・・それを知っている彼らは選択する事の重要性を理解し決断をします。

決めて何かを断つのです。

内容によっては熟考することもありますが彼らは必ず何かを決断するのです。本当に自信のある人達はどっちつかずのような選択をとるのではなく選択をするために何らかの決断をします。

自分の強みにフォーカスを当てる

自分の強みにフォーカスを当てる

本当に自分に自信を持っている人というのは、自分の強みと弱みを理解していて弱みに関しては素直に認めている場合が多いです。

「ここダメだよね!」と言われたら「確かに。」

というように答えられて誰かに頼ることができます。

そして自分の強みに徹底的にフォーカスをしていてそこに自信を持っているのです。そのため、もしあなたが本当の自信を手に入れたいのならばその第一歩は自分の強みを特定することです。

そして、強みを磨いていくことによって強みのデメリット・弱点を知り弱い部分を素直に受け入れることができるようになるのです。しかし、それは強みにフォーカスしないと受け入れることができないのです。

自分の弱みを認めず強みにたいして謙虚ではなく、弱みを認め強みを伸ばし続けるものこそが本当の自信を持っている人なのです。

主体的に動きます。

主体的に動きます。

本当の自信を持っている人達は、主体的に動くようにしています。やらなければいけないことでも、仕方なくやらなければいけないことでも・・・それをやると決めたら主体的に動きます。

これは自信があるから主体的に動いている。というわけではありません。そうではなく主体的に動いていると自信が後からついてくるのです。

なぜなら彼らは、受動的に何かを選び行動をすると「誰か?環境?社会のせい」にしてしまい自分の自信を失ってしまうことを無意識的に理解しているからなのです。

しかし、本当の自信を持っている人は主体的に選んで動くということは最も本当の意味での自信を身にまとう最高のツールだと知っているのです。

もし、あなたが本当の自信をつけたいと思っているのならば・・・・ここからはじめましょう!

オープンな姿勢をとっている

オープンな姿勢をとっている

自信がないと体が硬直し自分の身を守ろうと委縮したような姿勢や態度になります。それは相手に対して「あなたが危険な人かもしれないので近寄らないでください」と言っているように相手に印象付けてしまいます。

しかし、開いた姿勢や態度だと「あなたのことを受け入れてくれるのでいつでもきてください。歓迎しますよ!」という印象を与えることができます。

そして、自信を持っている人はそういう態度を自然ととります。

それは彼らが防御していても相手が安心しない事。
自分が安心感を感じられることがない事を知ってるからです。

良い姿勢をとりましょう!良い態度をとりましょう!ということはマナーのように言われていますけど、そんなことのためではなく自分のためにオープンな態度をとってください。

ポイントは以下のとおりです。

  • 相手とのアイコンタクトをとります。
  • 腕を組むのをやめて離しましょう
  • 相槌をしましょう。
  • 相手の話に耳を傾けましょう。

あらゆる価値観を受け入れる謙虚な姿勢

あらゆる価値観を受け入れる謙虚な姿勢

世の中にはいろんな価値観があり、その価値観にとって同じものを見ても見方も違えば感じ方も受け取り方も違います。

本当に自信がある人はその違いを受け入れています。

しかし、自信がない人であるほど「自分と同じ価値観にしようと相手に強制しようとしたり違う価値観であることに落ち込んだりします。」

これは本当に自分に自信を持っている人は自分が他人と違う部分があることを自分を特徴づける個性だと思っていて、そして違う視点で物事を見ている人も許容してそこから何かを学ぶ姿勢があるからです。

そのため、本当に自信を持っている人達というのは他者に対して謙虚な姿勢を持っているように感じるのです。

学び成長をすることをやめない。

学び成長をすることをやめない。

先ほども言いましたが、知識は自身の源になります・・・無知は「わからない」という状態は恐怖の感情を生み出し、疑いを強めるのですが、彼らは「わからない」のならば「わかろう」とするのです。

そのため、彼らは学び続けます。

書籍で、人間関係で、誰かの話で、自分の経験を通じて彼らは学び成長をするのです。だからこそ謙虚にも見えるかもしれません。

学習をするほど他者をよりよく理解することにつながり自分を理解することにつながり人生をよりよくするために何をすればいいのか?ということに役立つことを彼らは知っているのです。

そして、学ぶことに判断に迷うことも減りよりベストな選択ができるようになりより自信を育むことができるようになるのです。

自信を手に入れる前に…

さていかがでしたか?この記事では本当の意味での自信を持っている人達の特徴をまとめたものを紹介をしました。

見てもらえばわかるように本当の自信をもつと人間として好かれることも多くなるし恋愛でもモテるようになるし結果も出しやすくなります。

しかしですよ。

本当の自信を手に入れるためには、これをマネしてもあまり意味がなくて結果を出しても自信のある素振りをしても効果は薄いです。

じゃあ、どうすればこれほどの自信が手に入れることができるのだろうか?

それは自己肯定感を高めた上で自信を手に入れるために目標や問題を解決することです。そこら辺に関しては下記のメール講座に登録してもらえればその方法をお教えしますので興味があれば登録してください。

自信を喪失した絶望している方必見
~本当の自信の高め方~

何をやっても自信をもてませんか?あなたが人生をもっといい方向に進めるために「自信を手に入れる事」が重要だと思っているならそれは正解です。私は、NLPトレーナー・コーチ・カウンセラーとして活動する中であらゆる方の相談にのってきました。

その経験上。自信には喪失する自信と喪失しない自信の2つがあることがわかったのです。

そして自信を喪失する人ほど

・誰かに評価されたり結果を出す
・根拠のない自信をもとうとする
・誰かと比べないようにする

ということをしているのです。

これらの行動をする自身の持ち方を私は「外的自信」と呼んでいます。

そして、これらの自信はもたないほうがいいと言います。

セミナーなどでこの話をすると

「私の身近な人はそうやって言われるんですが・・」
「根拠なんてなくてもいいから自信あるふりをしろ!」。
「結果を出せばいいコツコツ実績積んでいけば・・」

ということを信じてる人がいます。

確かに一般的な自信や自己肯定感を上げる方法ではこれらの方法が多いので「本当かよ!」という気持ちはわかります。

なので、なぜ内的自信が重要なのか?

これまでの方法ではほぼ確実に自信を喪失ことになると断言できるのか?ではどうして、たった1日で失うことのない自信を手に入れる事ができたのか?をメルマガでお届けします。

コンテンツは販売する予定なのですが、無料コンテンツをこうかいしていきます。(まもなく終了)

もしあなたが自己肯定感を高め自信を身にまとい、あらゆる障害や問題を解決し自分の思い通りの人生を描きつくっていくことができるようになるはずです。

そのため興味があるならば下記のフォームにメールアドレスを入力して登録してください。すぐにオンラインセミナーの予約が可能です。登録されたら予約ページに移動します

すぐにプレゼントの電子書籍と診断テストをお送りします。

※真の自信を手に入れるためのメール講座もお届けしていきますが、いつでも解除することができます。

 

 

 

広告