自分のやりたいことがわからないあなたが今すべき5つの事

「自分のやりたいことがわからないです・・・」

好きな事で生きる!やりたいことをやるべきだ!などなど言っている人がいますよね。世の成功者と言われる人達やインフルエンサーとかも、その成功の秘訣を聞くと

「やりたいことをやったから」

と言っていますから、なんとかやりたいことはないか?と探している人も多いでしょう。

「どこかにやりたいことがあるはずだ!」

と。

しかし、実際探してみてどうでしょうか?見つかりましたか?たぶんほとんどの人が見つからないしわからないはずです。

その代表的な例が好きなことをやろうとするです。

何が悪いの?と思われるかもしれませんが、これは優先順位として最も低い探し方で大体やってみても後にやりたいことじゃなかった!となる可能性が高いです。

それよりも大事な事があるのです。

そこでここでは、カウンセラー&コーチとして3000名以を導いてきた中でわかった、自分のやりたいことがわからないあなたにやりたいことを見つけるための方法とそのポイントについて紹介をしていこうと思います。

自分のやりたいことがわからないのは普通

自分のやりたいことがわからないのは普通

よく、天職とかありのままの自分という言葉を言う人いて「誰にも本当にやりたい事がある。」という人がいますが、そもそも自分のやりたい事がわからないのは当たり前の事です。

なぜなら、やりたい事というのはあらゆる経験をしそれらを比較する事によってわかってくるものだからです。

極端に言えばですよ。

赤ちゃんがオギャーと産まれた時、はたまたハイハイをして歩き始めた時に「俺は海賊王になりたい!」とわかっている!なんてことは多分ないですよね。

よく、こういったセミナーとかに参加して「昔からこれをやりたかったから自分のしたいことをしよう!」と言ってやってみたけどすぐに挫折して「やりたい事じゃなかったです。」という人結構います。

つまり・・自分のやりたい事は簡単に見つかるものではないのです。それはなぜなのか?

それは、ほとんどの人にとってはやりたい事を見つけたと感じたのが、ある程度経験を積み重ね結果を出してからだからなのです。

そう実践を通じて始めてやりたい事。

だと認識するのです。つまり、「これがやりたいことだ!」と最初に思ってもそれが必ずしもやりたいことかどうか確信するのは、実践して数か月・・・下手をすれ数年先の話になるのです。

そんな中で
「自分のやりたいことが見つからない。」
というのは普通の話だから焦る必要は全くないんです。

しかし、こう思いますよね。
「でも、そうなるともしかしたら見つからない可能性があるってことだよね。」
と。

確かに。

そこでここではあなたが本当にやりたいことってどういうものなの?というポイントを紹介しましょう。

本当にやりたい事の5つのポイント

本当にやりたい事の5つのポイント

自分の得意・強みを活かせる

まず、本当にやりたいことを見つけるために必要なのが自分自身の得意や強みに対する理解です。

どれだけあなたが「やりたい!」と思ったとしてもですよ。

それが、実力にならず身につかなかったとしたらどうしますか?
そして、同じスタート地点であなたを圧倒する実力をもってたらどうしますか?

たぶんほとんどの人がやりたいと思っていたはずのことが「やりたくない」に変わるはずです。

つまり、どれだけやりたいと思っている事と出会ったとしても、それがあなたの強みを活かせず得意にもならないものであるのならば・・・他の人の何十倍もの努力を必要して普通レベルでできるのならばやらないほうがいいです。

やればやるほど・・自信を喪失してしまいます。

そのため、自分自身の強みや得意な部分をまずは見つけるか、自分の強みや得意を活かせることをやることが大事です。

強みや得意を活かすからこそ、やればやるほど強みが磨かれて自分に自信を積み重ねることができるのです。

そして何より、結果に直結します。

どれだけやりたい事でも強みや得意を活かせないことは趣味で終わってしまいかねないのでまずは強みや得意であることがすごい大事です。

人に求められている

そして、やりたい事があったとしてもそれが誰にも求められていないものであるのならば・・一人で孤独に取り組むことになります。

決して仕事もできませんし誰かと共有することもできません。
研究職で一人でやって対価もいらないのならばいいでしょう。

しかし、やりたいことをやり続ける事を考えたら・・
それをいかに求めている人がいるのか?

はたまた、

求められるようにするのか?

がとても大切です。人生を充実させるためにはやりたいことが求められているものであるほどやりたいことを精一杯できるようになるのです。

どれだけやりたい事になったとしても・・その時それが誰にも求められていないのであれば生活費にもならないしやりたいことでもっとチャレンジするだけの投資もできません。
そのため「求められているのかどうか?」は非常に重要なファクターです。

意義を感じる

求められているだけでは足りません。それだけあれば確かにお金に困ることはないし承認欲求も満たせるでしょう。

しかし、それをクリアしたら大事なのが

・誰かの役に立っている
・社会の役に立っている
・誰かに貢献をしている

という実感です。

つまり、そのやりたいことをやることによって誰かの生活を便利にしたり快適にしたり喜びを与えたりできるという実感があるほうが意義を感じますよね。

この意義があるとやり続ける動機になるし凹んだとしてもうまくいかないときでも「この人たちのために」という気持ちが自然と出てくるのです。

自分の為だけに頑張れるほど人は強くはありません。

最初は自己中で構わないのですが、ある程度いったら「意義」を見つける段階にはいるので最初から誰の役にも立たなさそうなことをするのではなく誰かの役に立てるようなものを選びましょう。

逆に最初はやりたいことでもなかった・・・でも色んな人の笑顔を見ていたらやりたいことに変わっていた。

なんてこともありますよ。

 

問題解決力がある

あなたがどれだけ自分はこれをやりたいんだ!というものが見つかったとしても、これら3つの事をクリアする事を見つけたとしても・・・

あなた自身に

・問題を解決する能力
・乗り越える能力
・続ける能力

を身につけないとどれだけやりたいことであったとしても、それを続けることは難しくなります。

そのため、やりたい事をやり続けやり遂げられるように。

身近な問題を解決し自己成長ができるようになっておいたほうがいいです。

やりたいことがあれば、どんな問題も解決できる!と思っている人が多いですが、実際のところそう簡単にはいきません。

自分が抱えている問題の1つや2つもクリアできていないと、そもそもやりたいと思った事が目の前に現れても「できない」となってしまう方が多くて結局のところやりたいことがないという状態になってしまいます。

そのため、これはある意味最も重要だと言えます。

しかし、やりたいことを見つけるポイントなのであえて低めにしておきました。

自分の好きな事である。

多くの人が、やりたいことをやろうと思った時に考えるのがコレですね。

「好きな事ならば続けられる!」というもの。

しかし、好きな事と言った時ほとんどの人は

・興味のあるもの(好きそうなもの)
・ちょっとやって好きだった事
・趣味レベルでやって好きな事

のどれかです。

実際にこれらを本気でやり続ける事ができるのか?と言われるとすごい難しいのです。

普段ストレスのたまる生活をしていてその息抜きとしてやっていたものを本格的にやろうとすると好きでなくなる。

というパターンは結構あります。

確かに好きは大事です。

しかし、それよりも得意であり誰かに求められているほうがずっとやりたいことに変わる可能性が高いのです。

そのためあえて一番下にしました。

でも、それでもないよりはあったほうがいいのでいれているので好きな部分・好きな事が一部はいっているものを選ぶといいでしょう。

気負わず全力で今を生きよう!

気負わず全力で今を生きよう!

・・・つまり、やりたいことを見つけるためには「好き」よりも得意のほうを優先しその上で自己満にならないために、求められそれが誰かのために意義のあるものを探すことです。

好きよりもこっちの方が大事です。

好きだけで続けられるほどやりたいことは簡単ではありませんから・・とにかく自分のストレートな願望に従ってこれらの要素をいかに満たすのかを考える方が結果的にやりたいことに近づけるはずです。

私は今、あなたの性別も年齢も職業もわかりません・・・中にはやりたいことを見つけるために四苦八苦している方もいると思います。

やりたいことをやろう!

このメッセージに焦りを感じているかもしれませんが落ち着いてください。

無理に気負う必要などないのです。

なぜなら、本当にこれがやりたかったんだ!ということを気づけるのは出会った瞬間でない可能性のほうが高いし、もしその気になったとしても1年後には変わってるなんてことありえますから。

だから、結局のところ私達は
「今この瞬間を精一杯生きる事。」
のほうが大事なんです。

ここまでお話してわかるようにやりたいことを見つけるためには

  1. 積み重ねてどんどんやりたい事に変わってくパターン
  2. 運命的な出会いをするパターン
  3. ピンとくるけどイマイチ確信もてないパターン
  4. 見つからないけど充実してるパターン
  5. 見つけられずなんの成長もしてないパターン

があるはずです。

ここであなたが避けるべきは、⑤のパターンであってここさえ避けられればどのパターンがきてもやりたい事が見つけられるはずです。

①の可能性もあがるし、②・③がきても取り組むことができるはずです。

しかし⑤になっちゃえば、どのパターンが訪れてもやれない理由を探したりちょっとやっては諦めたりして結局何のチャンスも掴めないだけです。

だからこそ、最低でも

  • 自分の得意・強みを見つける
  • 人に求められてるものは何だろう?と観察する
  • 今やってる事の意義を考える
  • 今抱えている問題を解決する
  • 今やってる事の好きなところを探す

これは意識的に継続的に続けていきましょう。そうすればいつか何らかのキッカケで本当にやりたいことに巡り合えるチャンスがくるはずです。

これは今からでも取り組んでください。

自分で決めて取り組んでいけばだんだんやりたいことの形がどんどん見えてくるはずです。

そして自己肯定感や自信がついてきてもっと大きな可能性にチャレンジもできますから、継続的に続けていってください。諦めずに毎日を自分の人生のよりよい人生のために1日すこしでもいいので力を注ぎましょう!それでは!!

 

 

自信を喪失した絶望している方必見
~本当の自信の高め方~

何をやっても自信をもてませんか?あなたが人生をもっといい方向に進めるために「自信を手に入れる事」が重要だと思っているならそれは正解です。私は、NLPトレーナー・コーチ・カウンセラーとして活動する中であらゆる方の相談にのってきました。

その経験上。自信には喪失する自信と喪失しない自信の2つがあることがわかったのです。

そして自信を喪失する人ほど

・誰かに評価されたり結果を出す
・根拠のない自信をもとうとする
・誰かと比べないようにする

ということをしているのです。

これらの行動をする自身の持ち方を私は「外的自信」と呼んでいます。

そして、これらの自信はもたないほうがいいと言います。

セミナーなどでこの話をすると

「私の身近な人はそうやって言われるんですが・・」
「根拠なんてなくてもいいから自信あるふりをしろ!」。
「結果を出せばいいコツコツ実績積んでいけば・・」

ということを信じてる人がいます。

確かに一般的な自信や自己肯定感を上げる方法ではこれらの方法が多いので「本当かよ!」という気持ちはわかります。

なので、なぜ内的自信が重要なのか?

これまでの方法ではほぼ確実に自信を喪失ことになると断言できるのか?ではどうして、たった1日で失うことのない自信を手に入れる事ができたのか?をメルマガでお届けします。

コンテンツは販売する予定なのですが、無料コンテンツをこうかいしていきます。(まもなく終了)

もしあなたが自己肯定感を高め自信を身にまとい、あらゆる障害や問題を解決し自分の思い通りの人生を描きつくっていくことができるようになるはずです。

そのため興味があるならば下記のフォームにメールアドレスを入力して登録してください。すぐにオンラインセミナーの予約が可能です。登録されたら予約ページに移動します

すぐにプレゼントの電子書籍と診断テストをお送りします。

※真の自信を手に入れるためのメール講座もお届けしていきますが、いつでも解除することができます。

 

 

 

広告