[NLP用語]セルフイメージとは?書き換えて高めると人生変わる?

セルフイメージとはそのまま直訳で「自己イメージ」。つまり、自分自身に対してどのようなイメージをもっているのか?自分の何が価値だと思っているのか?という意味です。

コロンビア大学医学博士の形成外科医として世界的に有名なドクターモルツ博士が提唱した概念です。

ドクターモルツ博士によるとセルフイメージは自分自身の人生に大きく影響を及ぼすと言っています。

セルフイメージが低い人は

(頭の中で唱える)俺は稼ぐ!(心の中の声)どうせ自分には無理。
(頭の中で唱える)俺はモテる!(心の中の声)自分には不釣り合い。
(頭の中で唱える)こんな人と結婚したい(心の中の声)私みたいな女は。

どれだけ目標を掲げてもやる気を出しても、潜在的に持っているセルフイメージによって葛藤がうまれて躓いてしまうのです。

つまり・・セルフイメージを高めれば人生が変わる。

というのがモルツ博士の主張です。

セルフイメージを高めることができれば、「どうせ自分は何をやってもダメだ」という思考から抜け出すことができるので実力が発揮できるようになり前向きに取り組むことができるのです。

そんな人生を左右することができると言われる

セルフイメージはどのように構築されるのか?
どのようにセルフイメージを書き換える事ができるのか?
セルフイメージを高めるためにできることは?

という疑問にこの記事では答えていこうと思います。もしかしたら、この記事があなたにとって人生を変えるキッカケになるかもしれませんので是非最後までご覧になってください。

セルフイメージとは?

今のあなたのセルフイメージはどのように形作られるのか?

セルフイメージというのは、先ほども解説したように「自分自身にどのようなイメージをもっているのか?」というものです。

例えば、「自分には何の才能もない。」と思い込んでいる人もいれば、「自分には何らかの他の人よりも優れた能力がある」と思い込んでいる人もいるわけです。

そして「何の才能もない」と思っている人は、自分よりちょっと成長速度が速い人を見て自分には才能がないと思い諦めていくでしょう。

しかし「他のり優れた能力がきっとある。」と思い込んでいる人は、成長速度の速い人を見て「自分はちょっとのんびり進むだけだな。だからコツコツやればいい。」というように行動を続けることができるはずです。

これがどれだけその後の結果に影響をおこすのか?

おわかりかなと思います。

しかし、「自分にはきっと能力がある」と思って行動ができればいいのですが、頭でそうやって考えようとしても心の中では「才能がない」と思っている。

これがセルフイメージの難しい点です。

どれだけ頭の中では「自分には能力がある」「この人にふさわしいのは私だ!」と呪文のように唱えていても「どうせ無理だろう。」と思ってしまうのです。

なぜこれがおこるのか?

というとセルフイメージは無意識である潜在意識で植え付けられているのでなかなかできないのです。

下記の図を見てもらえばわかるように、

セルフイメージは頭の中で認識できる顕在意識10%で知覚できるものではなく、知覚できない90%の潜在意識でうまれるもの。

完全に脳の奥底に刷り込まれているのでコントロールしようとしてもなかなかコントロールすることができないのです。

セルフイメージが低い事によっておこる影響

しかし、このセルフイメージそのものが重大な問題があるということをほとんどの人は考えていません。

例えば、なぜか自然と毎回ちょっと落ちた時に

「いつも俺は運がなくて何をやってもダメだから・・・」
「どうせ私なんていつもそうだから・・」

というようなセリフが頭の中に出てくるわけですから・・これは正に潜在意識にプログラミングされているわけです。

しかし、気づいてもいないわけです。

じゃあ、このセルフイメージが低い事によってどのような影響があるのか?

例えば、恋愛を例にすると、好きな男性ができたとして男性もあなたのことが「いいな。」と思っていたとしましょう。

でも、女性は「この人と付き合いたい!」と思いながらもセルフイメージが「どうせ私なんて・・」と思っているので、誘うこともできないし常に待ちの姿勢になります。

なので男性がガッツリとごり押しじゃないと基本的に付き合えないわけです。

デートなどできたとしても「私なんて」と潜在的に思っているので過剰に何かをしようとしてしまう・・・ちょっと「それしなくていいよ。」と言われたら「あなたのような素敵な人にたいして私なんて・・」と言葉がでてきてしまうのです。

そして自分には無理だと失望し手諦めていくのです。

逆にセルフイメージが高くなると自然体で関わることができるし断られても「何が嫌だったのかな?」と聞けるようになるしどうやったら結果に結びつくのか?という視点を持ち続けることができるのです。

どうですか?

あなたにも似たような経験はないですか?つまり、セルフイメージというのはあなたの選択が変わり行動が変わり結果も大きく変わってくるほど人生に大きなインパクトがあるものなのです。

セルフイメージを書き換える方法

では、どのようにセルフイメージを書き換えて高めることができるのでしょうか?

そのためには、まず今のあなたのセルフイメージがどのように形成をされてきたのかを知り過去に植えついたセルフイメージを新しいセルフイメージに変える必要があります。

今のあなたのセルフイメージはどのように形成されたのか?を知る

まず、セルフイメージを書き換えるためには今のセルフイメージを漠然でもいいので知る必要があります。

では、今のあなたのセルフイメージはどのように形成されたのでしょうか?
それは単純に過去の失敗体験や他者のマイナス評価です。

幼少の頃のトラウマなどもあるでしょう。

例えば僕は昔、親に

「私の子だから勉強はできない。」
「我が家系は特に才能がない。」


と言われ続け勉強を強いられ点数が悪ければ怒られていたのもあって勉強が嫌いになり・・・勉強もスポーツもできないと思い込み「自分は無価値な人間だ。」という思いが自然と湧いてくるようになりました。

そのおかげで鬱になり引きこもりになりました。

しかし、思いっきり環境を変えてほんの小さな小さな成功体験をしてセルフイメージを少しずつ高めていくことができたのです。

小さな目標をクリアしていきセルフイメージを壊す

その頃の僕はセルフイメージを強く認識していて、その上で小さな成功体験をする事によってこれまでの無価値というセルフイメージに疑問を抱いたのが最初のキッカケでした。

このように、

・これまでのセルフイメージを認識する事。
・小さな事でもいいのでセルフイメージを壊す事。

をすることだけでもセルフイメージは書き換えられます。そのため、すぐにできる事として小さな小さなちょっと頑張れば達成できるセルフイメージを変えられる自己満足の小目標を設定することです。

・毎日朝起きたら5分だけ筋トレをする。
・1ページだけ本を読む。
・自分の気持ちを日記にアウトプットする

といったものでもいいです。

毎日必ずやらなければならないという意識でやると「できなかった」事に目がいくので、気軽にやってできた数を数えるのがポイントです。

すると段々これまでの根付いていたセルフイメージがはがれやすくなります。

そこで少しずつ目標値をあげていきながら

プラスの側面に目を向ける

というのをやるといいでしょう。

セルフイメージを高める上で大事なのは、自分自身も他人も大切に感じられる事にフォーカスをむけたほうがいいです。

セルフイメージが低い状態は「ダメな部分」「できなかった事」に目がいきがちです。

それが更にセルフイメージを低下させます。

そこで、「できた部分」「感謝できる部分」「成長した部分」に目を向けるために寝る前でもいいのでメモをとったりして強く認識しましょう。

これを習慣化できると

・自分は成果を出せるかも
・受け入れてもらえるかも
・感謝されているかも

という視点が出てきます。

そして、これを続けていくと心から自然に誰かに対しての感謝の気持ちが芽生えてくるのです。この小さな作業をしていくとよく自己啓発やスピリチュアルなどで言われているアファーメーション(宣言)の効果が出てきます。

そのため、誰かに「自分にならばできる!」と肯定的な宣言をしてもいいです。

しかし、セルフイメージが低い状態ではこのアファーメーションはしないほうがいいです。なぜならば潜在的には「できない・無理」と思っている中で「できる!」と宣言すると心理的な葛藤を生み出し後に苦しむ事になります。

セルフイメージをより低下させます。
誰かと比較して自分はダメだとなるのがオチです。

ではなくて過去の自分と小さな成長をしてきた自分を比較できるようになると自然とセルフイメージを書き換えることができるのです。

「あの頃の自分は何をやるにしてもできないと思っていた。でも、今の自分は以前よりもできると思えるものが増えてきたな。」

これがセルフイメージを書き換える事につながるのです。

セルフイメージを高める際の注意事項

さて、ここまで読んでいるあなたはセルフイメージを高めようとしているはずです。

しかし、このセルフイメージというものを書き換えて高めていこうとする際には以下の3つの項目に注意していないと高めるどころか逆に低下させることになるかもしれません。

そのため、以下の3つの項目には気をつけてください。

環境も買えた方が効果的

あなたの現在のセルフイメージは、あなた自身が作り出した部分も確かにありますが・・周囲の環境によって植え付けられた部分があるのも事実です。

身近な人が「あなたは何をやってもダメ」と言われ続ければ、「そうだろうな」と思うのが普通だし、周囲が「どうせ何をやってもダメだし」という人ばかりならば「俺もダメだと思う」となるのも仕方ないです。

そのため・・もしあなたがセルフイメージを書き換えにくい環境であるのならば、接する人や接する環境を変えたほうがいいです。

・愚痴ばかりの環境
・文句しか出てこない環境
・自分の人生を諦めている環境
・現状維持しか考えていない環境
・ネガティブな側面しか見ない環境

には入らない方がいいです。

僕たち人間はそう強くはないので良い影響をうけられるコミュニティーに属しましょう。そのためセルフイメージを本気で高めたいと思っているのならば、周囲の環境を把握して距離の取り方を考えましょう。

ポイントは自分が尊敬する人や憧れの有名人。
漫画や映画のキャラクターでもいいです。

彼らがどのような環境にいるのか?彼らがどのようなセルフイメージをもっているのか?を考慮にいれて環境を整えましょう。

現状のままでセルフイメージを変えるのは簡単ではありませんので、厳しめに環境チェックをしていきましょうね。

ダメな自分も認めた上でセルフイメージを高める

よく、自己啓発などでは自信がある素振りをすれば自信が手に入るというように、セルフイメージも高いものを設定しそう思い込めばいいみたいにする人がいます。

しかし、それは根拠のないセルフイメージになります。

「俺は凄い!なんだってできる!」というセルフイメージも悪くはないかもしれませんが、全てのことが完璧にできる人というのは傲慢にもほどがあります。

世の中には上には上がいるわけなのでそういう人と出会った時。

あなたは自分自身に嘘をつくことになり、自らセルフイメージを低下させることになってしまいます。

そうならないために・・ダメな部分も認める。
過去のダメだった自分自身も認める。

ことをしましょう。

「俺は完璧!なんだってできる!」みたいなアピールをしてもセルフイメージが低い人に対して今度はあなたが彼らのセルフイメージを低下させてしまうだけです。

そのため、実のないセルフイメージはもたないでください。

ダメな部分もある・・その分だけいい部分があってそこに対して高いセルフイメージをもてるようになりましょう。

中身のないセルフイメージの高さは害でしかありません。

トラウマや恐怖心が強い場合はカウンセラーやセラピストに。

そして、、、もしあなたがトラウマや恐怖心が強くてそれをなんとかするためにセルフイメージを高めたいと思っているのならば注意が必要です。

・長年積み重ねてきた低いセルフイメージ
・トラウマとなる体験からくるセルフイメージ

をあなたが抱えている場合は、自分ひとりでやるとどうしても時間がかかってしまいます。ただでさえトラウマは、どうしても先行して恐怖や不安が押し寄せセルフイメージを変えためのタスクさえこなせなくなる可能性もあります。

その場合はカウンセラーやセラピスト・コーチを頼りましょう。

自分ひとりでなんとかしようとするんじゃなくて、難易度が高そうならばカウンセラーやセラピスト・メンタルトレーナーを頼ってください。

無理をしてセルフイメージを高めるのではなく自然体で高めていくのがポイントです。

最後に

さて、いかがでしたか?ここではセルフイメージについて、そして自分でもできるセルフイメージを書き換える方法について解説をしてきました。

僕たちの人生は誰かが代わりに変えてくれることはありません。
誰かは変えようとしてはいますけどそんなの待ってはいられません。

だから、まずはあなたから変わる事が大事です。

目標を達成するのはあなただし問題を解決するのはあなた以外にないのです。

その時セルフイメージの問題にぶつかる事は確かにあるでしょう。その時セルフイメージを書き換える技術は慣れてしまえば時代の変化に合わせて自分を変えるスキルとしても使えるので覚えておいて損はないはずです。

是非活用してください。