仕事で自信がない人が無意識でやってる5つの思考と行動

仕事に自信がない理由は沢山あります。

最初から自信がないのか?それとも何らかのミスをして自信がなくなったのか?同僚よりもできなくて自信がないのか?私はあなたがどんな理由で自信がないのかわかりません。

しかし、どんな理由で自信がないのかわかりませんがこれだけは言えるのは仕事において自信は成果や結果や評価につながるということです。

しかし、自信がないと不安を感じ脅されているかのように仕事をして自らのパフォーマンスを低下させミスや失敗が多くなり成果も出ずに評価もされません。

だからこそ仕事の自信はもったほうがいいのは確かです。

そこでこの記事では、米国で有名なビジネス誌であるForbesで監修されている専門家や博士が推奨している仕事で自信がない人でも自信を持てるようになる方法を紹介していきます。

是非ただ読むだけではなく実践をしてみてください。

なぜ、仕事で自信を持つことが成果に直結するのか?

なぜ、仕事で自信を持つことが成果に直結するのか?

仕事で自信を持っている人と自信を持っていない人。

はたして、どちらが成果を出せるのか?会社に認められるのか?それは言うまでもありません。完全に自信がある人のほうが評価や成果に直結するのです。

それはなぜか?というと多少強引でも自信に満ち満ちている人と自信が全然なさそうな人とでは、印象が明らかに違うからです。

単純に「これできるか?」と言われた時に「いや、、、僕には。」という人と「やります!」という人とでは当然ですが後者のほうが印象がいいですよね。

また、わかりやすい例でいうと格闘技などはいい例です。

試合でどちらも同じダメージの選手で判定で勝者が決まるとしましょう。その時、一方はもう駄目だというくらい表情をしている選手でもう一方はガッツポーズを取り堂々としている選手。

果たして審判はどちらのほうに勝っていると判断するでしょうか?

もう言うまでもありませんよね。あきらかに自信があるような態度をとっている選手のほうが判定で勝つ可能性があるのです。このように、仕事でも自信があるほうがあらゆる面で有利なのは間違いありません。

しかし・・・

ここで勘違いしてはいけないのが、自信のあるフリ(自信過剰)にならない事です。自信過剰になると自分の能力を超えたチャレンジやプロジェクトに取り掛かる時に完了できなくなってしまうのです。

それで自信喪失をするパターンもあります。

これはテキサス大学オースティン校のキャサリンブルックス博士も断言していることです。

そのため適切な仕事に対する自信を持つことが大事でありバランスのよい自信は、周囲の人はそういう人と一緒に働きたいと思い可能性を見出すことができるのです。

仕事で自信がなくなり怖くなる人の5つの特徴

仕事で自信がなくなり怖くなる人の5つの特徴

では、何をすれば仕事で自信を持つことができるのでしょうか?その前にまずあなたが知らなくてはいけないのが仕事で自信がなくなって怖くなる原因です。

※引用:amazon Tame Your TerribleOfficeTyrant

海外で職場環境の専門家でありTame Your TerribleOfficeTyrantの著者であるLynnTaylorは「仕事で自信を失う最も一般的な理由は、上司との関係が悪いから」と言っています。

否定的な人間関係も恐怖や不安を与えるとも言われているのですがそういう環境であったりそういう環境を作りだしてしまっているのも一つの原因だと言えるでしょう。

具体的には以下の5つは注意が必要です。

完璧主義

The confidence mythの著者のヘレン・レーナーは、基準が高い従業員が高いノルマを設定し圧力をかけて達成できないと落胆するということがよくあると言います。

人それぞれ違う長所と短所を持っている中で全ての事がノルマ通りに達成出来ることはありません。

しかし、にも関わらず自ら完璧な目標をもったり、完璧にしないとダメだという上司を気にしすぎる必要はありません。

ここを気にしすぎると完璧にできない自分に悩み、落胆をし落ち込むことになり自信喪失になってしまいます。もし、運よく出来るようになったとしても、また次の完璧を描いて自信を失うの繰り返しになってしまいます。

パワハラ職場

もし、あなたが今やっている職場の上司がパワハラである場合はあなたの自信は失われてしまう可能性が高くなります。

上司も人間ですから全てをつまづかずにタスクを完了させる方法を完璧に指示ができるわけではありません。パワハラ上司になれば強制や強要によってあなたの恐怖を煽り始めてしまいます。

それを彼らは教育だと思っていのですが、残念ながらハラスメントは恐怖心を煽り自信を失わされるだけになってしまいます。

そのあため・・このような職場環境にいるのならばスルーをするか仕事をやめるか?はたまた対策ができるようになりましょう。

職場での孤立

あなたが職場で孤立していると感じていて、それで自信がないと思うのならば・・その最大の理由はあなたが持っているスキルをうまく活用せずに仕事をしているからです。

人は誰しも強みや能力を持ってます。

しかし、それを活用できていないということはあなたのパフォーマンスが低下しているということです。そのため孤独感を感じやすくなったりもしかしたらあなたが孤立しているのはそのためなのかもしれません。

失敗への恐れ

誰もがこれまでにしたことのない体験をするとき。失敗をするかもしれない。失敗をしてしまったら?と大なり小なり恐怖や不安感を感じます。

こういった恐れは会議で発言に恐怖を感じる、失敗した時に怒られるのではないかというような恐怖ですが、この恐れがパフォーマンスを低下させ学びや成長の実感を薄めさせる効果があると言われています。

もちろん、成功をする・成果を出すことは大事かもしれませんが失敗を恐れる事が何か新しい試みをうまくいかせてくれることはないのです。これは特に日本人に多い思考です。

非協力的・批判的な職場

もし、あなたの職場が非協力的で自分の楽ばかりを考え誰かを陥れ愚痴や文句しかないようならば・・あなたの仕事に対する自信は持てなくなる可能性があります。

何をやっても何をしても毎日のように否定や批判をされ、自慢話・武勇伝を聞かされれば誰だって自信を失います。本人たちでさえも自信を失いかねないのでそういう職場の場合は考えた方がいいかもしれません。

 

仕事で自信がない人が自信を身に着ける方法9選

仕事で自信がない人が自信を身に着ける方法9選

では具体的に仕事で自信を手に入れるためにできることを9個ご紹介をしていきます。基本的に上から順番にやってもらえれば自然と仕事で自信を手に入れることができるでしょう。

あなたの仕事に集中しよう!

まず、あなたの仕事に集中できるようになる環境を作れるのならば作ってください。先ほども言ったように・・もし、あなたの仕事を邪魔する職場であるのならばそれはある程度の対策や対処法は知っておいた方がいいです。

また、他にも睡眠や健康だけでなくデスクの整理整頓までできることは何でもやっておきましょう。

強みを特定し活用する。

ポジティブ心理学では、自信をつけるための一番のポイントは自分自身の強みを明確化して強みを日常から使うようにすることだと言われています。そのため、仕事では自分自身の強みをいかに取り入れられるのか?を考えましょう。

自分の他の人よりも優れている部分を特定したら、その強みをいかに仕事に活かすことができるのかを自問自答してください。強みは他の人よりも楽に出来る事・当たり前にできる事なので仕事に活かし磨き上げましょう。

弱点を把握し対策を考える

強みがあれば誰しも弱点があります・・そして、仕事はたとえ弱みでもやらなければならない場合も多々あります。そのため、仕事で弱みを使わないといけないのならば対策を考えましょう。

減らすか?やらなくするのか?そのために何をすべきか?

克服は普通の人の何十倍の努力が必要になりかねないのであまりオススメしません。しかし、上手に対処するために努力をすることによって自信を高めてくれるはずです。

「できる」為の習慣

ただむやみに「できるできる」と言い聞かせても、同時に頭の中では「できないできない」という思いが出てくるはずです。こういった無理に自信をつけようとするとストレスになってしまいます。
それならば寝る前に「できるとすれば?」「できているならばどう自分にアドバイスする?」という問いを自分に投げかけてみてください。

ロールモデルを作りましょう。

既に仕事が出来ている人や前向きに何かに取り組んでいる人がいるのならば、その人の参考にしたい部分の「思考・行動・やり方・姿勢」などをモデリング(マネ)しましょう。

仕事で成果を出す人や影響力のある人達のマネをすることによってあなたは最短で成果を出すことができ、マネをすることによって自然と自信のある行動ができるようになるでしょう。

小さな成功に目を向けましょう。

自信がなくなる人ほど大きな結果や成果を出している人と比較をしてしまいがちです。すぐに成果や結果に目を向けてしまうと自信は失いやすくなります。

そのため、誰かと比較をするのではなく過去の自分と比較をしましょう。そのための一番の方法は「やる事リスト」を作成しタスクをこなすことです。

その積み重ねが自信につながります。自分自身でやれば出来るタスクをリスト化をし、タスクをこなしていくほどにそれが自信と繋がるでしょう。

他人を励ましましょう。

誰かに励まされたり勇気をもらう事によって自信を得られる部分も多いです。しかし、その励ましはあなたがまずやらないともらうことはできません。

そのため、まずはあなたから相手の強みを教えてあげたり自分にできる範囲で相手を助けたりして彼らを味方につけましょう。

たった1人でもいいです。愚痴を言い合うような仲間を作るのではなく互いに前向きに成長する仲間を見つけてください。

リスクをとって挑戦しましょう。

不可能だと思った事を成し遂げる事は自信を一気に高めるための効果的な方法です。しかし、自信がない時ほど不可能だと思えるチャレンジは難しいという思いが出てきます。

そのため、小さくタスクをある程度達成してからでいいので多少のリスクのあるチャレンジをしてみる事をオススメします。

特に仕事上でのチャレンジは物理的リスクはありません。

会社側がリスクを背負ってくれているので遠慮なく自分にできるチャレンジをしてみましょう。小さな成長を繰り返したあなたの本気が伝わればある交渉である程度のチャレンジはさせてくれるはずです。

上司や同僚の行動の反応を観察してください。

そもそも仕事の自信というのは、最終的には客観的な評価によって形作られるものです。

そのため、最初は自分自身にフォーカスをあてないといけませんが最終的には上司や同僚の評価を得られるようにしたほうが自信はつきやすくなります。

どれだけ実力があれどそれを評価されなければもったいないです。では、どうすれば評価をされるのでしょうか?

そのためには・・・上司や同僚などの行動を読んでみる。

ここから始めるのがいいでしょう。そして、上司や同僚の反応をポジティブにいかに変えればいいのか?または何を求めているのか?を考えて行動に移してください。

ベイビーステップで進んでいこう

さて、いかがでしたか?この記事では仕事で自信がなくなるとどうなるのか?自信がなくなる原因と自信をつける方法までステップバイステップだ解説をしてきました。

見てもらえばわかると思いますが、もしあなたが仕事で自信をつけたいと思っているのならば・・・

焦らず一歩ずつゆっくりと成長してください。

一気に自信をもとうとすると、自信過剰状態になってちょっとしたミスや失敗で自信を一気に失ってしまいかねません。

そうではなくしっかりと自信をはぐくむ。

これを重要視してください。あなたが自己肯定感を高め自信をつけていくための習慣は下記にありますのでもっと深く学びたい。科学的かつ実践的な自信のつけ方について知りたいのならば下記をご覧になってください。

 

自信を喪失した絶望している方必見
~本当の自信の高め方~

何をやっても自信をもてませんか?あなたが人生をもっといい方向に進めるために「自信を手に入れる事」が重要だと思っているならそれは正解です。私は、NLPトレーナー・コーチ・カウンセラーとして活動する中であらゆる方の相談にのってきました。

その経験上。自信には喪失する自信と喪失しない自信の2つがあることがわかったのです。

そして自信を喪失する人ほど

・誰かに評価されたり結果を出す
・根拠のない自信をもとうとする
・誰かと比べないようにする

ということをしているのです。

これらの行動をする自身の持ち方を私は「外的自信」と呼んでいます。

そして、これらの自信はもたないほうがいいと言います。

セミナーなどでこの話をすると

「私の身近な人はそうやって言われるんですが・・」
「根拠なんてなくてもいいから自信あるふりをしろ!」。
「結果を出せばいいコツコツ実績積んでいけば・・」

ということを信じてる人がいます。

確かに一般的な自信や自己肯定感を上げる方法ではこれらの方法が多いので「本当かよ!」という気持ちはわかります。

なので、なぜ内的自信が重要なのか?

これまでの方法ではほぼ確実に自信を喪失ことになると断言できるのか?ではどうして、たった1日で失うことのない自信を手に入れる事ができたのか?をメルマガでお届けします。

コンテンツは販売する予定なのですが、無料コンテンツをこうかいしていきます。(まもなく終了)

もしあなたが自己肯定感を高め自信を身にまとい、あらゆる障害や問題を解決し自分の思い通りの人生を描きつくっていくことができるようになるはずです。

そのため興味があるならば下記のフォームにメールアドレスを入力して登録してください。すぐにオンラインセミナーの予約が可能です。登録されたら予約ページに移動します

すぐにプレゼントの電子書籍と診断テストをお送りします。

※真の自信を手に入れるためのメール講座もお届けしていきますが、いつでも解除することができます。

 

 

 

広告