なぜ自分が信じられないとミスが増えるのか?たった1つの解決策

「ミスばっかりして自分が信じられないんです・・・」

という方がいます。確かに常にミスミスミス・・とミスばっかりしてしまうとどんどん自分が信じられなくなりますよね。

周囲の人に叱られ、できない奴というラベルをつけられられているかもしれません。あの人もこの人もできるのになぜ自分はこれだけミスが多いんだ。と。

でも、正確に言えばミスをしているから自分を信じられなくなる。

のではなく、自分を信じられていないからミスをするともとれるのです。

ちょっと意味がわかりませんよね。

でも、これはこれまで3000名以上をコーチし200名以上を人材育成してきて気づいた事なのでほぼ間違いありません。

このカラクリがわかってしまえば、あなたのミスも減り以前よりももっと自分を信じられるようになるはずです。

それでは・・・いってみましょう。

ミスをしまくる自信がない人の頭の中

ミスをしまくる自信がない人の頭の中

まず、ミスをしがちで自信がない人の頭の中はそのほとんどの人が「失敗をしないように」「ミスをしないように」ということを考えています。

その上でなんとか自信がないのがダメだから自信あるように見せようとしているパターンが多いです。

しかし、人間の脳みそは面白いもので。

「〇〇をしてはいけない。」

と考えてる時点で頭の中でその行動をしているところを無意識的にイメージしてしまっているのです。そして人の脳というのは「してもいい」「してはいけない」を判断できなおので無意識的にそのイメージに沿った行動をしてしまうのです。

つまり、ミスをしないようにすればするほど無意識的にミスにつながる行動をしてしまっているのです。

「え?嘘!?」

と思うかもしれませんがこれは本当です。

更に、ここで問題なのがそれを自信満々な態度でやってしまっているところです。

自信がある素振りでやっているので周囲にミスを問われても「自信がある素振り」が大事なわけですから最初は「ミスなんてしてません!」という態度になるのですが現実を突き詰めていくとミスをしていたことになってしまう。

そこまでいくと相手から見たら「嘘ついた」とみられしまい・・
自信満々の素振りをする癖にミスをしまくり嘘までつく人間。
というラベルをつけられてしまうのです。

しかし、そもそも先ほども言ったようにミスをしないようにするという思考・見せかけの自信は非常に危険なのです。

では、どうすればいいのでしょうか?

自分がミスをする事を信じられない。

自分がミスをする事を信じられない。

まず、問題なのがあなたを含めて誰だって人はミスだって失敗だってすることがあるということを信じていないことです。

誰だってミスや失敗をする。だから自分もミスや失敗をすることを信じる。

ということができていないんです。

そもそも失敗やミスは誰だってするわけで、大事なのはそのミスを少しずつ減らすために何をすればいいのか?を決めて、ミスをしてもリカバリができるようにする事です。

・何がミスを引き起こしてるか?
・ミスをしたときにどうリカバリするか?

この2つの問いに対して答えて行動をしてテストをすることが大事なのであって「ミスをしないようにただ意識をする」事ではないんです。

これをやるとミスをしない事が次のミスにつながってしまいます。

そうならないためには、いったん冷静になってそのミスにつながる行動をしないためにはどうすればいいのか?代わりに何をすればいいのか?何か追加する行動はないか?を考えて試してみることが大事です。

そしてミスをする前提で考える事も大事です。

最も恐ろしいのが小さなミスをどんどん大きなミスにしないようにすることですよね。そのためにちょっとしたミスをどう取り返せばいいのか?も試していきましょう。

それができれば・・・ミスに対する恐怖はなくなるはずです。

自分がミスをする人間であると信じよう

自分がミスをする人間であると信じよう

そして、もう一つ。

自信をもとうとすると、自信のある態度や素振りをしようとしたり何とか結果を出そうとしたり褒められて自信をつけようとしてしまいますが・・・これは本当に危険です。

出来てもないものに自信なんてもてるわけがないですから・・

そのため、自信がないことは「今は自信がない」としっかりと相手に伝えられるようになってください。

「できます!」「やれます!」

と言ったら相手はそれを信じたい気持ちが出てきますし、それでできなかったら期待を裏切られた気持ちになってしまいますから・・・

そうならないように

「〇〇はできそうですが・・」
「今はまだ〇〇はできない」
「〇〇は絶対の自信はない。」

というようにしっかりと、自分の状態を伝えられるようになりましょう。自分が未だにできないことを素直に認めて頼ることができるのも自信ですよ。

決してできそうもない事を自信満々に「できます!」と言うのは自信でもなんでもなく過信ですから(笑)

だから、自分自身をミスをすることもあるという人間であることをもうちょっと信じましょう。1つのミスが大きな問題を引き起こしそうならばやるべきことはやって手助けしてもらいながら、、小さなところからしっかりと自信を積んでいってください。

ミスをする事を前提に考えて行動をする。

さて、この記事ではミスをしまくって自信がなくなった方や、自信がなくてミスをしまくっている方に対して解決法を紹介しましたが・・・こういう人結構多いです。

でも、それは決しておかしい事ではないし、あなたに能力がないわけでも出来損ないなわけでも無価値な人間なわけでもないのです。

ただ・・・

・ミスに対する姿勢
・自信というものの捉え方

が違っていただけなのです。

なので、今日からでも早速行動と意識を変えていきましょう。最初はなかなか難しいかもしれませんが少しずつでもいいので乗り越えてください。

これ1つ乗り越えてしまえばかなり仕事も恋愛も楽になるはずですから!応援しています!!

なぜ彼らは、わずか1日で喪失した自信を取り戻すことができたのか?

・・・そして、ブレない本当の自信・自己肯定感を手に入れる事ができたのか?そのメソッドを全て無料メール講座で公開します。


何をやっても自信をもてませんか?
あなたが人生をもっといい方向に進めるために「自信を手に入れる事」が重要だと思っているならそれは正解です。私は、NLPトレーナー・コーチ・カウンセラーとして活動する中であらゆる方の相談にのってきました。その経験上。自信には喪失する自信と喪失しない自信の2つがあることがわかったのです。そして自信を喪失する人ほど

・誰かに評価されたり結果を出す
・根拠のない自信をもとうとする
・誰かと比べないようにする

ということをしているのです。

これらの行動をする自身の持ち方を私は「外的自信」と呼んでいます。

そして、これらの自信はもたないほうがいいと言います。

セミナーなどでこの話をすると

「私の身近な人はそうやって言われるんですが・・」
「根拠なんてなくてもいいから自信あるふりをしろ!」。
「結果を出せばいいコツコツ実績積んでいけば・・」

ということを信じてる人がいます。

確かに一般的な自信や自己肯定感を上げる方法ではこれらの方法が多いので「本当かよ!」という気持ちはわかります。

なので、なぜ内的自信が重要なのか?

これまでの方法ではほぼ確実に自信を喪失ことになると断言できるのか?ではどうして、たった1日で失うことのない自信を手に入れる事ができたのか?そのメソッドを全てメール講座でお届けします。

もしあなたが自己肯定感を高め自信を身にまとい、あらゆる障害や問題を解決し自分の思い通りの人生を描きつくっていくことができるようになるはずです。

そのため興味があるならば下記のフォームにメールアドレスを入力して登録してください。

すぐにプレゼントの電子書籍と診断テストをお送りします。

※真の自信を手に入れるためのメール講座もお届けしていきますが、いつでも解除することができます。

 

 

 

 

広告