モラハラ夫をしつけて良好な関係を構築する2種類の方法

もしかしたらあなたは、夫からモラルハラスメントをうけていて最近それにやっと気付いたかもしれません。

これまで夫の人格否定や暴言を素直に聞き
「私が悪いから・・私がダメだから・・」
と自分を責め続ける辛い日々を送ってきたでしょう。

でも、友人やネットを見て
「もしかしたら、うちの夫ってモラハラ?」
とやっと気付いて悪いのは自分じゃなかったと
気付いたかもしれません。

そして今、あなたはそのモラハラ夫にいかに仕返しをしようか?と考える日々を送っているのか?

それとも、モラハラをやめさせようと試行錯誤するほどモラハラが酷くったりDVになったりして辛い日々を送っているのか?

はわかりません。

でも、今日でそんな日々も終わりです。

この記事では、3カ月でモラハラを解決してきた私達が「モラハラ夫をあなたに従順にしつけるための方法」を丁寧に説明していきます。

是非、誰も邪魔のされない空間でコーヒーでも飲みながらリラックスして最後までご欄になってください。

モラルハラスメントをしつける?

この記事では、モラハラ夫をしつけるというテーマです。

そのため話を分かりやすくするために犬で考えてみると非常にわかりやすいです。

モラルハラスメントは主に

・暴言を言われ
・人格否定をされ
・ 束縛や監視をされ
・NOと言えず
・弱みを握られ
・ただただ言うこときく人形になる。

などですが、正に犬で言うと

・噛み癖
・待てができない
・吠え癖

ようなものです。

そして、しつけが必要な犬というのは大体の場合、幼少の何らかの出来音によって人間に対して警戒心が強くなる傾向が高いです。

つまり、モラハラ夫も幼少の頃に両親などから誤ったしつけをされてしまった可能性が高いのです。

・・・これはどういうことか?

モラハラ行動はなくすことができるということです。

あなたがしつけをおこなうことで旦那さんのモラハラ行動をなくして良好な関係を築くことは可能なのです。

この記事では、犬のしつけを例にしてモラハラを消滅させる最も本質的なお話をしていこうと思います。

これをよめばどうしたら夫のモラルハラスメントがなくなるのか?がわかり希望を見出すことができるはずです。

モラハラ夫をしつける2種類の方法

そもそも人間に関わらず動物というのは、2つの行動原理によって動きます。

犬もそうです。

それが、

・飴:快を求め
・鞭:不快を避ける

のです。

誰だってそうですよね。

一度得た快楽はまた得たいと思うし、不快だと感じたことはなんとか避けようとしますよね。

つまり、モラハラ夫をモラルハラスメントをしないようにしつけたいのならばこの2つが必要になるわけです。

ではモラハラをやめさせるためにはどちらがいいのでしょうか?

・・・・・・・・

・・・・・

・・・

答えは「快」だと思いますよね?

確かにモラハラ夫をしつけるのに快は必須

ではあります。

自分が夫にモラルハラスメントをされている事に気付いた方は、先ほど2つに分かれると言いました。

・仕返しタイプ
・現状維持タイプ

です。

現状維持タイプは、気付いても変えられない事に憤りを感じるかもしれません。

しかし、逆に仕返しタイプになると、、、「やられたらやり返せ!」と言われるように、不快である痛みを与えることでモラハラ夫をしつけようとします。

しかし・・・

この鞭タイプ、当然ですが対立に勝つ事が最低条件になります。

そして勝利をしても当然・・・

”夫婦関係は一切良くはなりません”

亀裂や溝はただただ広がるだけになります。

そりゃそうです。

結局やられたことをやり返しているだけで、相手の自己肯定感は下がるし自分の意思で変わっているわけではないのでストレスもたまります。

いつかあなたに爆発するか?

ため続けたストレスがギャンブルや犯罪につながる可能性さえあります。

仕事や他の人間関係にも影響を及ぼしかねません。

結局、モラハラをする側とされる側が変わっただけでしかないのです。

だから、基本的には「快」を目指すべきなのです。

快でしつけができれば、信頼関係をもとに関係が築かれるので喜んであなたを手助けしてくれるようになります。

でも・・・

ここで残念なニュースがあります。

「不快」も必要

であるということです。

これはなぜか?

というと私たち人間は、今すぐ行動をおこすためには「不快を避ける」が最も効果的だと心理学的に証明されているように・・

快ではすぐには人は行動をおこしません。

そのため、特に最初の一歩に関しては不快も必要である。

もっと具体的に言うと、
”今のままだとやばい!”
と思ってもらう事です。

しかし…注意が必要なのは、

「これまで私がどれだけ辛い思いをしてきたのかわかってるの!?」

というように仕返しをして不快感を与えようとするのは非常に危険です。

”あなたが攻撃をしている”

というように捉えられないようにしましょう。

対立をしないようにするのがポイントです。

頑張って「快」を与えよう!

とはいっても、アメ(快)でしつけるために、あなたは無理に自分を頑張らせる必要はありません。

これまでのように、

・耐え忍び
・我慢をする
・犠牲になり

なる必要はありません。

無理をして経済的に厳しいのに相手が欲しいと思っているものをあげればいい!というものでもありません。

旦那さんのいうことをきく必要もありません。

旦那さんの意見に合わせる必要もありません。

これらは、全てモラルハラスメントをされる側の判断と行動ですし、いらないプライドを育てるだけになります。

本当の意味での幸福な夫婦関係

を築く事はできません。

そうではないのです。

ではどうすればいいのでしょうか?

良好な”関係性”につながる”快”を…

簡単に言えばこういうことになります。

例えばですよ。

あなたの旦那さんが

「ここに埃が残ってるじゃん。ちゃんと掃除しないと意味ないだろ!」

と姑みたいな感じで言ってきたとしましょう。

さて、ここでいう事をきいて埃がないくらいに掃除をするとこれまで通りになりますよね。

だからと言って、逆に

「は?こんな小さな埃程度でちっさい男!マジありえん!」

と不快を与えれば対立がうまれます。

では、「快」を与えるとはどういうことなのか?

一番簡単なのが”気持ち”を快にすることです。

心の状態を整えるのです。

これを行うとどうなるのか?

伝え方が自然と変わるのです。

「でも、私はあまり気にならないタイプだけどすごいね!こんな小さな埃見つけるなんて!私は気にもならないからこれからこういう細かいこと気付いてやってくれると本当に助かる!ありがとう!」

とかは快になりますよね。

更に

「ただ、その言い方はあなたにとっても私にとってもストレスになるでしょ?あまりに言われすぎると私、、逆に汚したくなってしまうからやめてくれると助かるな。」

とか付け加えられますね。

このように、しっかりと「快」が含まれたメッセージを伝えいい関係を築く道筋を提示していますよね。

そして、今のままだとヤバい。

も伝えられています。

もちろん最初からこれはハードルは高いかもしれません。

しかし、より良い関係を築いていけるように快を上手に与えれば自然と旦那さんも快で返してくれるようになる確率がかなりあがるのです。

まずはあなたが幸せである状態を作る

あなたが旦那さんの怒りによって恐怖を感じたり不安になるように、私たち人間の感情は「伝染」するものです。

冒頭でお話したように、モラルハラスメントをする側の根っこの感情は人間不信からくる不安や恐怖です。

それが怒りに現れているだけ。

だから、あなたがその根っこの感情に引っ張られて「恐怖や不安」を感じてしまっているのです。

では、どうすればモラハラをなくせるのか?
モラハラのない良好な関係を築けるのか?

それは「信頼関係を築くこと」

意外にありません。

そのためには・・

”まずはあなたがご機嫌で過ごす事”

が大事なのです。

まずはここから始めましょう!

それだけで、夫婦関係が改善した人達は沢山いらっしゃいました。

気分や機嫌がよければ・・・

その感情は伝染するものです。

そして、まわりまわってあなたに返ってくるので今日から少しずつでも自分のご機嫌を自分でとれるようになってください。

とはいっても、、、

あなたが旦那さんを憎しみ恨み仕返しをしたい気持ちが強いのならばもちろん不快で動かすのも1つの手ではあります。

あなたはモラハラされる事もありません。

一見、簡単に思えます。

でも・・・その先に幸福はないかもしれません。

たとえ離婚をしたとしても、なぜかまた同じような関係を築いてしまいます。

それでも恨みを晴らしたい!

のならばそれもいいでしょう。

しかし、それで自分が幸せな夫婦関係を築くことができるのか?日々幸せを感じられているのか?はよーく考えてくださいね。

旦那さんと無理に関わらなくてもモラルハラスメントは解消することができる!

さて、この記事ではモラハラ夫を変える方法について最もコアなことについてお話してきました。

・犬のしつけも
・部下のしつけも
・モラハラ夫のしつけも

基本は一緒です。

痛みを与えるようなしつけ方では対立は消えることはありません。

快の力で信頼関係を築く。

これが基本になります。

そして、これは旦那さんを変えようとしないので、無理に旦那さんと関わったり話し合ったりしなくてもモラハラを解消することができる私達のアプローチなのです。

・伝染させる感情
・伝染させる行動
・伝染させる言葉

で相手を変えるのです。

さて、あなたはどちらを選びますか?

もちろん、今は恨みの気持ちが強いのでそっちを歩むのならばそれも一つの手です。

いつか行き詰る時が来るので、その時にこの記事を思い出してくれれば嬉しく思います。

しかし、できるならば快で動かしたい。

できるならば居心地のよい頼りあえ協力し合える夫婦関係を築いていきたいと思っているのならば…是非「快」でしつける方法を試してください。

もう不快(痛み)を受け入れる必要はありません。

我慢をして耐える必要はないのです。

そんなものはスルーをしてまずはあなたの心の状態を整えて幸せである状態を少しでも日常からもてるようにしてみてください。

争いのない夫婦関係を是非目指してみてください。

そして、

共存し協力しあえる関係を是非目指してください。

モラルハラスメントの根本原因教えます。

もし、あなたが快の力で旦那さんに影響を与えてモラルハラスメントを解消したいと思うのならば、、、

自分の心の状態を整える前に
まず最初にすべきことがあります。

それが・・・

モラハラの根本原因を知る

です。

そもそも原因があるから結果があるように、モラハラ関係にはそれを引き起こす原因があります。

その原因を知らないと、

たぶんあなたはこの記事を読んでも実行しきる事ができないかもしれません。

なぜか、

無意識的に反応をしてしまうからです。

たとえば、実際に今日。

旦那さんにあなたが暴言を吐かれたら・・どれだけ自分のご機嫌をとろうとしても、本能レベルで

・責められている
・自分が悪いんだ
・攻撃をしないと

と反応をしてしまうでしょう。

意思の力では止めることができないのです。

頭の中で痛みを与えれば痛みが返ってくるのがわかっていても止められないのです。

そこにはあなたが認識できない無意識の領域に原因があるのです。

それは一体何なのか?

について解説した動画を無料で視聴できるようにしてあるので是非、そちらをご覧になってください。

参考になるはずです。

広告